FC2ブログ
~捨てる瞑想~

ご訪問ありがとうございます!
真理を探究する人はもちろんのこと健やかさ、愛、豊かさなど
現実生活での幸せを求める人にこそ実践していただきたいのが瞑想です。
ここでは金井メソッドのご紹介や精神世界にまつわる話などを綴っています。
ぜひ!一人でも多くの方に瞑想を知っていただきたいと願っています。


金井メソッド「 宇宙の現れとしての本当の自分 」を覆い隠しているものから
離れ余計なものを捨てていく瞑想です。

「本当の自分」で生きることができれば人は本来の能力を発揮でき
苦しみから解放され、現象面での幸せや心の平和を見い出すことができます。


巷では、物を捨てるための解説書や、お片づけ本が大ブームになっていますね。
物を捨てたり片付けたりで人生が変わると説いています。
これなどは、本当の自分でない自分で生きていることを漠然と感じ取り
自分の中の何か余計なものを捨てたいという気持ちの現れです。

どうせなら瞑想で 「 宇宙の現れとしての本当の自分 」 以外の
余計なものを捨ててみませんか?
きっと世界が変わっていくことを実感できるはずです。

私が瞑想をするきっかけになったのは金井系一郎先生の著書
「すべてを受け入れて自由になる」です。

すべてを受け入れて自由になる、幸せに生きるにはこの言葉に始まり
この言葉に終わるといっても過言でないとさえ思っています。
ただ、「受け入れる」ということの意味を取り違えられることが多いのが
残念ですが、本当の意味を理解し実践できればこの世は怖いものなし、
平和で自由な心で生きていくことができるはずです。

1. 瞑想で何を捨てるの?

2. 受け入れるということの本当の意味



得意なことというのは、
あってあたりまえの能力だから気付きにくい。

それに加えて、得意なこととして分類し、
認識しにくい種類だから気付かない
という側面もあるのではないでしょうか?

数字に強くて経理の才能がある、
手先がものすごく器用で物作りの職人をしているなど

仕事として活かしやすい得意なことを持っている人は、
とてもわかりやすいですね。

ところが、金井先生が例えられていた
ユーモアがあり冗談が上手いということは

お笑い芸人や漫才の台本を書く脚本家にならないなら
仕事に結びつくわけでもないし、

したがって社会から評価を得られる、
ということに直接つなげられないと思ってしまいそうです。

冗談が上手いということは自分で知っていても
そんなことを得意なこととしてもいいの?
とも思ってしまいそうです。

でも、シビアなビジネス社会に生きている人が
ユーモアがある、冗談が上手いことを抑圧することなく
人を傷つけず職場で表現できれば、
人を楽しませ場を和ませることができます。

自分も個性を抑圧しないのでイキイキできる、
イキイキして、人から好かれたり面白がられたりすれば
仕事に好影響をもたらさないはずがありません。

要領が悪いけれど実直でコツコツ努力できる
要領が良く抜け目がない
というようなことも得意なことに数えてみてはいかがでしょうか?

仕事としては、こういう得意なことがある
コミュニケーションの場で発揮できるのはこういうキャラクター
全人格的には、こういう傾向がある
どれにも分類できないけれど、なんだか得意。

そう考えたら、一人の人がいくつもの得意なことを
持っていると言えるのではないでしょうか?


私が仕事としてできる得意なことというのは
決して好きなことではなく
しかも若い頃はそういうことが得意だなんて
思ってもいませんでした。

でも仕事に関わらず、確かに感じられることや感覚
「共感」をキーワードに活かすようにすると
上手く行きやすいようです。

できればこういうことを仕事にしてみたいな
ということはあるのですが
それは残念ながら、どうも向いていないようです。





応援ありがとうございます<(_ _)>







ユーチューブで金井メソッド 瞑想 好きなことと得意なことの活かし方がアップされています。

それに因み今回は、私自身の好きなことと得意なことをお話ししてみたいと思います。

2日続けて電車の中で乗客同士、
喧嘩をしているのを目撃したことがあります。

争いごとを好まないこの日本で
2日も続けて見ず知らずの他人同士が
喧嘩をするところを目撃するなんて、そうあることではないですよね。

これは共時性に間違いないなと思いました。

ちょうどその頃私の友人2人が、もめ始めていました。

同じ車両の中で喧嘩が始まったら、巻き込まれないように
注意しませんか?

それと同じで、友人たちのもめ事に自分は巻き込まれないようにしよう、
と気を付けることにしました。

それから数年後のある日
家の洗濯機が突然カタカタと変な音を出し始め脱水できなくなりました。
すすぎまではできるのですが、
脱水になると止まります。

洗濯機の寿命はおおよそ10年と言われているそうです。
20年近くもってくれたので、
修理など考えることもなく買い替えることにしました。

その翌日です。
電車に乗っていると、目的駅の手前で徐行運転をし始めたのです。
そして、電車を降りて駅まで歩いても、
1分とかからないだろうというところで
電車は停止してしまいました。

すると「今朝、電車内で異音がし、点検を実施したため
順次電車に遅れが発生しています。
ただ今、信号待ちをしています」

というような車内アナウンスが流れました。

異音?
私は異音という単語にひっかかりました。

洗濯機が壊れる前に変な音を聞いた
次の日だったからです。

電車が止まった原因が異音だなんて。
何かの共時性かもしれない・・・
突然止まるという共通点もあります。

ただ、このときは半信半疑でした。

もし共時性だとしたらその意味は?
そもそもこれは本当に共時性なのか?
他に何か気付いていないけれど
似たようなことはなかったか?

グルグルそんなことを考えていました。

おかげで電車が突然止まっても
退屈もせずイライラもせずに済みました。

この日は少々電車が遅れても、差し障りのない
シチュエーションだったのですが
自分自身に呆れるというか、笑いそうになりました。

そんなことを考える前に考えることがあるでしょ!
自分自身に突っ込みを入れたくなったのです。

結局、洗濯機の故障と電車の異音は
共時性というほどではないかもしれないけれど
バタバタしやすい時期だなとは思いました。

そしてこのとき、私はよほどこういうことを考えるのが好きなんだなあ
ということに気付いたのです。

でも、これは好きなことというより得意なことだと今は思っています。

無意識的な思考回路ですし
そういうことを考える自分が
以前は嫌いだったからです。

科学的ではなく、数字や数値で表されることでもない
ともすると迷信めいたことと捉えられるかもしれませんから。

それが徐々に、そしてときどきグンと
そういう自分を好きになってきたように思います。

共時性を意識した2つの出来事でしたが、
何も共時性に限ったことではありません。

目に見えないこと、科学的なことではないけれど
確かに感じられることや自分の感覚を信頼し

そのことを基に、自分や周りの人の
健康でも仕事でも人間関係でもですが、
いかに現実生活をより良くできるかを考えたり
創意工夫をすることが好きで得意なことです。

もしかしたら、自分や周りの人の現実生活をより良くするということは 
得意なことではなく自分が得意なことを活かす場
なのかもしれませんが。

創意工夫する中で、苦手なことに出くわすことは多々あるのですが
そのときはまた、自分の勘や感覚を信頼することにしています。

瞑想に興味を持つ人の中には
自分にあまり自信が持てない
得意なことがよくわからないという人もいるのではないでしょうか?

そういう人の中にも、
苦しみから逃れるためであっても
瞑想に興味を持ったということそのものが、
得意なことにつながっている人がいるかもしれませんね。





応援ありがとうございます<(_ _)>






もうすぐ平成が終わりますね。
心が平和に成ることは良いですが

世の中はその名の通り平らになったようです。
平和は好きですが平らはちょっと・・・
贅沢でしょうか?

私個人としては
平成の時代に瞑想を始め、そこまでは想定内でした。

でもまさか自分が瞑想教室をするとは思いませんでした。
想定外です。

細々の瞑想教室ですが
刺激的です。

次の時代はどういう時代になるのでしょうか?



応援ありがとうございます<(_ _)>






ユーチューブで「瞑想を継続するコツ」が公開されています。

金井メソッド 瞑想を継続するコツ

その中で、習慣化として歯磨きのお話しがありました。

私は歯があまり強くなく
治療済ですが虫歯になった歯がたくさんあります。

子供のころに通っていた歯医者さんには
「歯は、体質!」
と言われました。

今でこそ、歯ブラシを当てる角度や動かし方
適した歯ブラシや歯磨き粉を教えてくれたりと
予防医学に力を入れてくれますが
昔はそうではなかったですよね。

かれこれ20年以上、2ヶ月に1回程度
同じ歯医者さんにお掃除兼定期健診に通っていますが
通いはじめのころは、きれいに磨いているつもりが
歯科衛生士さんに、磨き残しを指摘されるのが常でした。

でも今では、「いつもきれいに磨けてますね~」
と言われるようになりました。
上達しました。

そこは口腔外科でもあるので
先日は舌のチェックもしてもらいました。

ただ、やはり加齢には勝てませんね。
以前は瞑想中に起こる
「体動」 (瞑想中に自然に起きる体の動きなどの事)は、
上半身をグルグル回したくなるものでしたが
今は、口腔(ハグキやアゴあたり)にきます。
そのあたりが弱っているのでしょう。

なので日々の生活で
歯磨きをせずに眠ることなど考えられません。
あるとしたら、体調不良で起きあがるのも辛いという日です。

疲れていて「このまま眠りたいけど・・・あぁ歯磨きしなくては・・・」
という気持ちの日はあります。

でも歯磨きをしないことを考えるとちょっとビクビクです。
1日や2日、歯を磨かなくてもどうってことないだろう
とは思えないのです。

さて、同じように習慣としての瞑想ですが、
私は夜寝る前に瞑想をする習慣にしています。
あまりにも眠くて、つい横になってしまい
眠ってしまったという日も、たま~にはあります。

1日瞑想をしなくても歯磨きをしないときのように
心配にはなりませんが
もし数日間瞑想をしない日が続くとどうでしょうか?
瞑想人生の中ではそういうときももちろんありました。

そういうときの気持ちは 「早く戻さなくては!」
という表現がいちばんピッタリ。

何を戻すのかというと
瞑想をしないことで、本来の自分の在り方とのズレです。

ズレた自分でいると生活が
円滑に進まない。
そのことへの恐れにも似た気持ちがあります。

恐れや不安は不幸の元凶ですが、
本来の自分からズレることや
健康に関する習慣を怠った結果のことを考え
その結果を恐れることは
不幸の元凶としての恐れとは違います。
こうなったら嫌だ、という意思でしょうか。

私にとっては持ち続けても良いもので
だからこそ瞑想も歯のお手入れも続けられます。



応援ありがとうございます<(_ _)>







とてもシンプルな瞑想、金井メソッドですが
時に、月を見ながら、歩きながら瞑想をすることがあります。

新年のセミナーでも横浜のベイブリッジを眺めながら
「歩く瞑想」をしてきました。

長らく、私の一番の好みは一人静かに瞑想をすることでした。
数人から数十人で行う集合瞑想も
強いエネルギーを感じることがあるので好きです。

海岸沿いを波の音を聞きながらの「歩く瞑想」や
野山で草木が揺らぐ音を聞きながらの「歩く瞑想」も心地良いものですが
自然を感じている喜びだったのだと思います。

でも、あるとき気付いたことがありました。

体を動かせば心も動きやすくなります。
「歩く瞑想」は、一人静かに座ってする瞑想より
私は想いが出て来やすいのです。

瞑想は無念無想になることではない
ということを知っていながらも
想いが出て来やすい「歩く瞑想」を
自分にはあまり向いていないと思っていただけなのだと。

想いが余計に出て来るのですから
想いを切って捨てるチャンスも倍増。

自分を観続ける時間自体は短くなりますが
想いを切って捨てた直後の自分を観る瞬間は
より多く訪れます。


最近は家で瞑想をすることもほとんどなくなったというある方が
とうとう会を辞めてしまわれました。

「なんだか瞑想をする気にならなくてねぇ・・・」
「瞑想するとイライラするよね」
「瞑想していると毛孔から何か出てくる感覚があるわぁ」

と言われるのです。

「エネルギー保存の法則というのもあることだし、
瞑想中に出るイライラは瞑想をしなかったらいったいどこに行く?

「毛孔から何か出る感覚があるなんてもったいないわ!
出してあげましょうよ!瞑想してくださいよ~」

と私は言いましたが
そう言う私も、想いが出て来やすい瞑想を
向いていないなんて思っていたことはもったいないことでした。





応援ありがとうございます<(_ _)>







無意識からの声としての夢には
少しばかり気をつけていました。

でも、毎年お正月に見る初夢を
今年は見なかったのです。

年末年始が少しあわただしかったせいか
気持ちが初夢に向かわず
もしかしたら見ていたのかもしれないのに
覚えられなかったのかもしれません。

今年はどんな年になるのでしょうか・・・・

昨年の記録的な暑さの中
幼いころから慣れ親しんだ海に足を運んだ時の
波の音や海風のあまりの心地よさは
このまま時間が止まればいいのに
と思うほどでした。

アスファルトの焼けつくような暑さを逃れて
砂浜を歩けば涼しいとさえ思ったのですが

秋に同じ海に行くと、涼しいと思わなかったのです。
それもそのはず、もともとが涼しい季節だからですね。
心地よいと思えず少しがっかりでした。

過酷な状況下では少しのことでもありがたく思えるのは
人生も同じですね。

今は、奇跡のような毎日かも知れないのに・・・

初夢は思い出せないけれど
秋の海を思い出したということは
今年は、ありがたさを数える年にしなければいけない
ということなのかもしれないです。





応援ありがとうございます<(_ _)>





2018.12.30 新たに


瞑想教室のホームページを新たに設けました。
ホームページには先生のユーチューブ動画も埋め込みました
金井メソッド兵庫けいこ教室

金井メソッドのユーチューブの第3回・瞑想と師と弟子の関係
では師を選ぶ目線のお話しであると同時に

瞑想を伝える立場として、
私たちが師としてどうあって欲しいかという言葉として
受け止めました。

こちらのブログもリニューアルしたいなと考えていますが
今日のところはこれまで通りです。

瞑想教室のチラシ作り、ブログ、ホームページなど
金井メソッドをどういう言葉でご紹介したらいいのかと考え
チョイスする行為をしていて思ったのは
それぞれで、微妙に切り口が変わっているということですね。

どこをどう切ろうかな、と考えているわけではないのですが
そのときの自分の在り方が出て来るのかもしれません。




応援ありがとうございます<(_ _)>





集中瞑想会の夕食のときでした。

私の向かい側の席に座っていたAさんから

ある「ロックミュージシャンのコンサートのチケットをとったけれど
行けなくなったので、よかったら差しあげますから行きませんか?」

と聞かれました。

コンサート会場は、私にとっては通勤圏内ほどの距離なので
興味があるミュージシャンなら行かせていただきますが・・・

「誰か行きたい人がいたら差し上げてください」

「そうですね、私はちょっと興味がないので・・・誰かに聞いてみます」
ということになり、Aさんは帰ってからチケットを
速達便で送ってくれました。

早速、友人数名にメールで聞いてみたところ
そのうちの一人が
「あまり興味はなかったけれど、家も近いし行ってみたいわ」
と言ってくれました。

でも、その日はどうしても外せない用事がある
ということでした。
残念

チケットが届いてからコンサート当日まで
4日くらいしかありません。

行きたいという人が出てきても
その人に郵送していては間に合わないと思い、
チケットをバッグに入れて持ち歩くことにしました。

いかんせん万人受けする音楽性ではないし・・・
欲しいという人はもう見つからないだろうな。
と思っていました。

Aさんのお住まいからコンサート会場へは
新幹線を乗り継いでやって来なくてはいけない距離です。

そこは以前波動調整も行われていた会場です。



そこまでして行きたいコンサートなのに残念だろうし
コンサートチケット代も無駄にして
おまけに速達料金まで使って・・・

誰かがコンサートに行っても
Aさんは行けなかったのだから同じことだとは
思いません。

思い入れのあるものが活かされるか、活かされないか
というのは大きな違いです。

でも最初に友人にメールで問い合わせをしてダメだったので
正直、チケットをバッグに入れていることも忘れてしまいました。


コンサートの2日前、仕事である小さなお店に出向きました。
そこのオーナーと話しているときに
ふと、お店に貼られているポスターというかチラシに目をやると、
オーナーがミュージシャンを目指している
というようなことが書かれていたのです。

「ミュージシャンもやられているのですか?」
ということから
音楽の話が出てきたので

何気に、「〇〇は好きですか?」

と、そのロックミュージシャンのことを聞いてみました。

「ああ!僕は特に好きではないですけど、
同じミュージシャン仲間ですごく好きなヤツがいます」

と言うではありませんか!

「コンサートのチケットがあるのでその人に差しあげて下さい!」

「ええっ?いいんですかぁ!!!喜びます!!」

と、トントン拍子でした。

その場でミュージシャン仲間に、
コンサートに行けるかどうかの確認をしてもらったわけではないので、
当日、仕事や用事があり行けなかったかもしれませんが。

チケットを手にした
オーナーの写メを撮らせてもらい
チケットのお礼にと、お店の商品をいただきました!
保存が効かない食べものでしたので
Aさんにはお送りできません。
ごめんなさい。

まるで、小さなレベルの引き寄せの法則の実践みたいでした。



応援ありがとうございます<(_ _)>





先日、あるテレビ番組でフランス生まれの
認知症ケアのことをやっていました。

認知症の人は視野がとても狭いそうですね。

認知症の人の視野をテレビ画面に映し出していましたが、
目線の先は丸く見えているのですが
その上下左右は真っ暗でした。

「えっ!こんなに見えてないの?」
驚きでした。

視野が広いと横から話しかけられても
そして、横から急に手が出てきても
事前に察知できるものですが

視野が目の前のほんの少しになっている
認知症の人にとっては
驚きと恐怖になってしまうのは当然ですね。
それでなくても認知機能が落ちているのですから。

そのため、真正面からアイコンタクトをとり
コミュニケーションをとることで
認知機能が回復したわけではくても
周囲の人への困った対応の改善がみられることがある
というケアでした。

その他にも、触れたり支えたりする手の強さや向きひとつで
相手が支配と感じてしまうなど、
見ていて、ちょっとした「目からうろこ」状態でした。

老いても、認知機能が衰えても
人としての尊厳性に変わりはないということが根底にあり
見る 話す 触れる ケアのようです。

経験や体験、よく調べもしないで
メディアが報道していることが正しい情報、
すべて素晴らしい
ということはしないようにしたいとは思いますが

人としての尊厳性を認めていれば
「ケア」としてではなく、「そういう接し方になるよね!」
そして、認知症の人がどう見えているのか、どう感じているのか
たとえそれが認知症というものでなくても
「知る」ということの大切さを想いながら見ていました。

高齢になると若いころより視野が狭くなる
ということは知っていましたが
私は、周囲のお年寄りに話しかけても
気づいてくれず、肩をたたいて知らせることがありました。
それも結構強くたたいていたかも・・・

悪気はなく、そして自分では十分優しくしている
と思ってはいましたが。

私自身は、認知症の介護はしていないので
実際その立場になったときは辛いだろうなと思っています。

ただ、老いても認知症になっても
人間としての尊厳は何ら変わらないと
いうことを、
認識しているのといないのとでは
気持ちや態度が少しは違うのではないでしょうか。



応援ありがとうございます<(_ _)>



2018.09.29 瞑想教室


瞑想教室を始めることになりました。

拒否し続けていたにもかかわらず
今は、義務ではないけれど
「やらなければ」といういう気持ちと
ワクワクしているのが不思議です。

金井メソッド瞑想は
心を開いて、想いから離れ、自分を観る
というとてもシンプルな瞑想法です。

瞑想の先生からは瞑想を伝えるときは
自分の言葉で伝えるようにと言われています。

私が初めて瞑想したときの
思いもよらなかった衝撃のひとつが
自分の中にある余計なものが
出て行ってくれる喜びだったということもあり
こちらのブログでも捨てる瞑想としました。

興味を持ってもらえることがまず大切なので
瞑想教室も最初は、捨てる瞑想ということを
前面に出したいと思っています。

絶対これでいく!というような
かたくなな気持ちはないので
途中で変えるかもしれませんが。

瞑想すること、続けることの素晴らしさは
どれだけ語っても語りつくせない
という自信だけが頼りです。

でも、これはいいですよ!と
力説するものでもないですね。

ご縁があれば嬉しいし
少しでも楽に生きられるようになるために
瞑想を知って、続けていただけたら幸い
という気持ちで
そのために何ができるのか
考えていきたいと思っています。




応援ありがとうございます<(_ _)>