FC2ブログ
~捨てる瞑想~

ご訪問ありがとうございます!
真理を探究する人はもちろんのこと健やかさ、愛、豊かさなど
現実生活での幸せを求める人にこそ実践していただきたいのが瞑想です。
ここでは金井メソッドのご紹介や精神世界にまつわる話などを綴っています。
ぜひ!一人でも多くの方に瞑想を知っていただきたいと願っています。


金井メソッド「 宇宙の現れとしての本当の自分 」を覆い隠しているものから
離れ余計なものを捨てていく瞑想です。

「本当の自分」で生きることができれば人は本来の能力を発揮でき
苦しみから解放され、現象面での幸せや心の平和を見い出すことができます。


巷では、物を捨てるための解説書や、お片づけ本が大ブームになっていますね。
物を捨てたり片付けたりで人生が変わると説いています。
これなどは、本当の自分でない自分で生きていることを漠然と感じ取り
自分の中の何か余計なものを捨てたいという気持ちの現れです。

どうせなら瞑想で 「 宇宙の現れとしての本当の自分 」 以外の
余計なものを捨ててみませんか?
きっと世界が変わっていくことを実感できるはずです。

私が瞑想をするきっかけになったのは金井系一郎先生の著書
「すべてを受け入れて自由になる」です。

すべてを受け入れて自由になる、幸せに生きるにはこの言葉に始まり
この言葉に終わるといっても過言でないとさえ思っています。
ただ、「受け入れる」ということの意味を取り違えられることが多いのが
残念ですが、本当の意味を理解し実践できればこの世は怖いものなし、
平和で自由な心で生きていくことができるはずです。

1. 瞑想で何を捨てるの?

2. 受け入れるということの本当の意味



蝶にまつわる不思議な出来事は
8年くらい前、義理の叔父のお通夜のあとのことでした。

親世代はみんな、葬儀会場内にある宿泊部屋で休み、
私たち世代、つまり義理の叔父の娘や甥や姪が
棺に眠る叔父を、一晩中見守ることになりました。

すると、従弟が 「 宴会しよう! 」 と言い出し
お酒や食べるものを、近くのコンビニで調達してきたのです。

広い部屋の片隅に小さなテーブルを何脚か合わせ
買ってきた食材を並べました。

そのテーブルを囲んで6人が座り
若いころ、叔父や叔母のところで住み込みで
仕事をさせてもらい、修行させてもらっていた従弟の

「おじさんは、ああいう人だったから僕は本当に救われた、感謝してるんだ~」
という言葉で、故人がいる部屋での
不謹慎な宴会が始まったのです。

義理の叔父は、気難しいところがなく、穏やかな人でした。
私は、仲のいい従妹もいるので
しょっちゅう遊びに行かせてもらいました。

叔母も、「お父さんは、賑やかになると嬉しそうやから、遊びに来てよ~」
といって、私たちが遊びに行くと、とても喜んでくれたので
なんの気兼ねもなく、その言葉に甘えていました。

そんなおじさんを偲んで、お通夜とは思えないほど
和やかな時間を過ごしているとき
白い蝶がひらひらと、私たちのところに飛んできたのです。

入口の扉が開いた隙に
人と一緒に入ってきたのかもしれませんね。
祭壇の花や、食べ物の匂いにつられて寄ってきたのかもしれません。

でも、真夜中、閉め切った会館の一室に
なぜ蝶が?

白い蝶は、私たち1人1人をなぞるように
飛んでいるように見えました。

「この蝶はおじさん!?」
「これ、ぜったいおじさんよ!」
と最初に言ったのは、きっと私だと思います。

おじさん(蝶)は、自分の娘の髪にとまりました。
そして、私のところに来てくれた時には、
膝のあたりで、ひらひらしてくれました。

みんなも蝶に声をかけたり
「すごい、すごい」 (何がすごいのかわかりませんが)
なんて言いながら
白い蝶を眺めていました。



応援ありがとうございます<(_ _)>




ダウンロード (1)

ぜひ 「月の瞑想」 がしたい!
日中はとても暑くて、太陽も出ていたのに
夕方になると、お天気がいいような悪いような・・・
月は無理かな、と思いながら大広間で先生の説明を聞いていました。

部屋から出て、廊下の向こうのガラス戸越しに
とても綺麗な月が見えたときは

てるてる坊主をぶら下げて、お天気の回復を願い
その願いが叶った子どものような気持ちでした。
(少しオーバーでしょうか?)

先日、プロテニスプレイヤーの伊達公子さんが46歳で
引退しました。
25歳でいちど現役を退き
12年後に復帰したのも驚きでしたが
それから9年も、現役を続けたのですね。

9月11日の、現役最後の試合当日は
朝から雨で開催が危ぶまれていたそうです。
でも無事試合開始となりました。

残念ながら、伊達さんは負けてしまいましたが
この日がとうとうやってきた寂しさや
幸せな選手生活のこと、
最後の試合の相手が、全力でファイトしてくれたことへの
感謝の気持ちなどを、インタビューで語っていました。

コートサイドで行われたインタビューが終わるというとき
空に虹がかかっていたのです。

虹を見つけた伊達さんが
「あれは私のための虹!?」
というようなことを
涙まじりの笑顔で言っていたのが印象的でした。

実は、私もあの月を見たとき
「私のための月!?」
とは思わないまでも
「今の私には、この月が見られた!」
というような思いがあったのです。

お天気の好い日本中、どこでも
そのとき、綺麗な月が見えることは100も承知ですが

願っていた月が見えたということは
私の中だけの物語の、ひとコマです。

そして先日バス停のベンチに座って
バスを待っているときでした。

黄色い蝶がひらひらと目の前を通り過ぎ
道の脇の、草花のところに飛んで行きました。

ここでは、まだ書いたことはないのですが、
以前、蝶に関して不思議な出来事があったので
私は黄色い蝶をじっと見つめていました。

そのとき、隣に座っていた70代くらいのご婦人が
「まあ綺麗!綺麗な黄色い蝶やねぇ~、私について来たんやねぇ~」
と言ったのです。

共時性は自分がそう思ったなら共時性。

誰にでも
「これは私にとって意味のあるもの」
と思える瞬間や物語があるのですね。


応援ありがとうございます<(_ _)>






今年の6月頃、
急に我が家のお風呂の追い焚きができなくなり
修理に来てもらいました。

ひとまず直ったけれどいつまた機能しなくなるかわからない。
このまま数年使えるかもしれないし
明日にでも止まってしまうかもしれないから、
暑い時期はいいけれど寒くなる前の10月頃には
取り替えたほうがいいかもしれませんね、とのことでした。

ところが修理屋さんが帰るや否やまた機能しなくなり
買い替えようと2社に見積りをしてもらった矢先、
使えるようになったのです。
寒い時期に突然止まってもいやだから
遅くても10月くらいには買い替えないと、とは思っていましたが
しばらくそのままにしておくことになりました。

私の母は、何度か病気もしましたが
普段は周りもあきれるくらいに元気でした。
そしてあまりクヨクヨ悩まない性格ですが
10年くらい前から気づいたことがあります。

精神的に落ち込んだりはしないのですが
ストレスがすぐに身体に現われてくるのです。
たとえば寂しい思いや怒りの感情が少し続くとてきめんです。
体調に変化があるのです。
イライラさせたり嫌な気持ちにさせたらダメだなと気づきました。

以前そのことを金井先生に話すと
先生からちょっと意外な言葉が返ってきました。

先生: じゃあ何かお母さんに言いたいことがあったりしても我慢するの?

私: はい、我慢します。
   嫌な思いさせるとすぐ体調に変化が出ますから。

先生: それがいいですよ。でもそれっていいよね。
     逆にそうすることで元気でいてくれるってわかるんだから。

なるほど、なんてポジティブな考えだろうと思いました。

そう考えれば我慢は我慢ではなくなり、
元気でいてくれる、ということはつまり私自身の心配が少なくなり
自分が幸せに生きていくための知恵のひとつと思え気が楽です。
でも加減をしながらけっこう言いたいことを言い合ってはいますが。

そんな母が今年に入ってすぐ、知り合いの方の病気を知ると
足が痛い、腰がだるいと言いだしました。
ああ、まただなと思っていたのですが
かかりつけのお医者さんに老化ですと言われて帰って来ました。
リハビリを受けて薬をもらい徐々に回復してきたように見えたのですが

梅雨頃にまた痛みが強くなり、ちょうどその頃
最初の風呂釜の不具合が起きました。

その後なんとか痛みは治まっていたようでしたが
10月に入ると起き上がるのも辛いほどになり
とうとう寝込んでしまいました。
不思議なことに、母が寝込んだまさにその日、
6月に一度不具合を起こし、それでも順調に機能していた
追い焚きがまたできなくなったのです。
さらに不思議なのは、母が寝込んで3、4日後、
痛みがましになったと喜んでいた日に動き出したことです。

人の体調と風呂釜、何の関係も無いものですが
私の中ではなんとなく無関係では済まされないのは

13~14年前、母が入院をする直前、
お風呂が壊れてしまいました。
取り替え工事のとき室外機のフタを開けてびっくりです。
縦長の長方形の室外機を人間の胴体と見立ててみると
母の身体の悪かった部分にあたる部分だけが
サビて黒くなっていたのです。
背筋がゾーっとしたのを憶えています。

その時のことを思いだし、そして今回の母と風呂釜のことで
先生に共時性に関していただいたアドバイスは

そういう共時性は、根拠が無くても大事にした方が良いから、
風呂釜は取り換えた方が良いです。

ということでした。

その後、いろいろとバタバタしていたのですが
風呂釜も取り替え、ようやく落ち着いたとき
私がトイレに入ろうと電気のスイッチを入れると
パチッという音とともに、電球が切れました。

風呂釜も電球も消耗品、いつかは使えなくなるものですが
理屈ではなく、なんだかイヤだなと思いました。

そして電球が切れた時点で先生からいただいたアドバイスは

それは共時性である可能性があります。
ただし、共時性であれば釜や電球を替えたりしても、
その意味するところを消すという目的としては、意味はありません。
エネルギーの流れが逆だからです。

意味するところを消す目的がないのに
根拠のない共時性であっても風呂釜を替えた方がいい
というアドバイスはいったいなんだったのだろう
という疑問が湧いてきました。

その疑問への答えは

すべてはあくまで確率の問題で、
ある事象がおきやすい状況を表すのが共時性です。
共時性と理解して用心深くすれば
その事象を回避する確率が高まります。
風呂釜については気になっているのだから
替えた方が良いのです。
でも風呂釜を替えたから不吉なことが避けられる
ということはあり得ません。
風呂釜が原因で問題が起きているのではなく
問題が起きやすい状況と風呂釜の不調が
共時して起きているということですから。
問題の原因ではない共時性の現象を変えることで
問題を解決しようとする考えを迷信といいます。

ということでした。

他にも風呂釜と電球の前に、
お気に入りのペチコートを履こうとしたとき
足がひっかかり、すそのレースをビリっと破いてしまいました。

大のお気に入りの春秋用のジャケットの胸の部分が破れて
とてもショックでした。

お風呂で使うボディータオルを伸ばして
背中を洗っているときビリっと破れてしまいました。

ようやくお風呂が新しくなったと思ったら
電気湯沸かしポットの 「湯沸かし中」 のライトが
接触不良なのか点いたり消えたりします。
3年前に買い換えたばかりだというのに。

食卓テーブルの脚部分の木がめくれてしまいました。

今年の夏に、私が寝ている部屋の壁の中に蜂が巣を作り
駆除してもらったはずが、昼間に飛び立った働き蜂が夜帰ってきて
またどこかの穴から壁の中に入りブンブンやり始めました。
再び駆除してもらわなくてはいけなくなり
おまけにいつのまにやら
家の中に蜂が10匹くらい入ってきていて大騒ぎでした。

なぜまた蜂が壁の中に入れたのか、という疑問か
外壁やその他諸々、家に関しての問題点などを見つけることができ、
直すことができました。
ついでだから台所の床の張替えもしてもらおうということになり
前々から気になっていたところがとてもすっきりして
気持ちもすっきりしました。

蜂騒ぎの少し前にも手のひらの半分くらいの大きさの蛾が
夜、部屋の中に入ってきて困ったこともありました。
虫の知らせという言葉がありますが虫が騒ぐ時は
良い悪いは別としてなにか身辺に変化があるときが
多かったなと思います。
夏前から家に関しては本当にバタバタのし通しでした。

私は以前から洋服や身の回りの布物、物などが
破れたり壊れたりするときは、
あまり良くないことが多く好きではありません。
でも、電気ポットは3年前に壊れたときは何も感じなかったし
3年前といえば、家の中でムカデに刺された年です。

生きていれば当然色々な出来事が起こり
色々なものが壊れていきますが
まったく気にならないときもあったなとも思います。

共時性の現象を変えることには
問題への対処に対しての意味はなくとも

私は身の回りをきちんとしていたい、
衣服、住居などのほころびを直し整えてすっきりとしていたい
という思いがあります。

共時性に気づいていられる状態というのは
心がある程度開かれているということでもあり
そういうときはもし問題が起こっても
最善のチョイスができやすくなるのではないかと思っています。

母はその後違う病院で検査してもらったところ
骨粗鬆症のためと思われる腰椎の圧迫骨折だと判明し、
治療と予防のため骨密度を増やすための注射を
毎日自分ですることになりました。
今は普通にしていれば痛まず、
歩けるようにもなり
しばらく安静にしているのがかえって苦痛のようです。
どうか骨密度が増えてもっと長生きしてくれますように。



1クリックしていただければうれしいです。
ブログランキング・にほんブログ村へ
応援ありがとうございます<(_ _)>




2014.02.27 金メダル


ソチオリンピックでフィギュアスケートの浅田真央ちゃんと
羽生結弦選手の金メダルを期待していました。

男子の試合の数日前、朝目覚めて
まどろんでいる時に
羽生選手の最大のライバルであるカナダのパトリック・チャン選手が
優勝する夢を見ました。

夢と言っても、まどろみから覚める直前、一瞬出てくる
感情や、感覚ともとれるようなものでした。

これまでは合否のようなことに関しては
夢と現実は逆になるので
イケるかもしれない、でも正夢ならイヤだなと思っていましたが

見事 金メダル!

それから数日後、女子シングルの試合の数日前
浅田真央ちゃんが優勝する夢を見てしまったのです。
ショック。これはなんとか正夢になってほしいと願いましたが。

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
先日の平塚のオープン瞑想会。

今年の中心課題である
自分の場を作り、意識してそれを守り発展させる
ことについて

自分の場の変化と発展の中での「流れ」は感じるしかなく
五感ではなく第六感を使うしかないということで

イメージと短い瞑想(全部で30秒から1分くらい)の組み合わせで
感覚をつかむ方法のお話から先日の夢のことを想い出していました。

あんな夢を見たな、だけで終わらせず、
また夢日記だけで終わらせず
もっと自分の生活に生かしてみようと思っています。
でもそれには少し恐怖心のようなものが出てきますが。
恐怖とワクワクは紙一重。


^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
ショートの結果が16位になり
金メダルの望みがほぼなくなってしまったとき

メダルのためではなく、
ただ自分の力を出し切るだけの
本当の演技でができたことへの
喜びの涙を見ているこちらまで
こんなに幸せな気持ちにさせてもらえるなんて

不吉な夢を見てしまった・・・真央ちゃんは金メダルは
とれないかもしれないと思ってしまった私ですが
不吉でもなんでもありませんでした!

もっと素敵なものを見せてもらって
真央ちゃんありがとう。



1クリックしていただければうれしいです。
ブログランキング・にほんブログ村へ
応援ありがとうございます<(_ _)>



忘年会を兼ねたあるお食事会での出来事です。
私は一番奥の端のテーブルに仲のいい数名と座っていました。
隣に座った知り合いが、
長年飼っている猫が可愛くて仕方ないという話をしてくれました。
その猫のおかしな癖や、かつて飼っていた猫が死んだときの
悲しみなどを話し始め
私のテーブルはペットの話で盛り上がりました。

そのペットの話がひとまず終わり、食事やお酒を楽しんでいると
一番入口近くに座っていたある人が
私たちのテーブルにやってきました。

少し前に飼っていた犬が死んでしまってとてもショックで
しばらくはもう動物などは飼うまいと思っていたけれど
友人から子犬の里親になってくれないかと言われて
これからその子犬を引き取りに行くので
今日は少し早めに失礼しますということでした。

私が座っていたテーブルでは
ペットの話で始まりペットの話で終わったようなお食事会でした。

その人には私たちが猫の話をしていたなんてわからなかったはずです。
かなり席が離れていましたし
あちらはあちらで大盛り上がりのようでした。

類は友を呼びますね。
ただの偶然ですけれど
案外こういうものだと思います。


1クリックしていただければうれしいです。
ブログランキング・にほんブログ村へ
応援ありがとうございます<(_ _)>

large__5869199129 (1)

肉体を通して聴き

同じように

生活の中に自分を見ます。

瞑想の師、金井先生 が悟りを啓くきっかけになったともいえる
大けがの予兆としての車の足まわりの事故ほどではないですが

自分自身の小さな怪我

衣服のほころび

身の回りの何かが壊れる etc

そういったことがあるときというのは
あまり良くないことが起こる

ジンクスめいたもの・・・いえいえ、かなり確信していました。

どんなに丈夫な物でも寿命があり、いつかは壊れる運命。
人間生きていたら小さな怪我をすることもあります。

共時性(意味ある偶然)は、自分が意味を見い出してこその共時性。
そうでなければただの偶然。

肉体を通して聴く声が嫌だったのと同じく
象徴的なことを見るという癖も
なんとか消し去りたいような気持になることもありましたが

共時性をとおして気づくということをしなくても
瞑想で自分を見ることができます。

否定せず、何度か経験することで恐怖心がなくなってゆき
先回りして、身の回りを整えるという癖をつけることで

あら不思議、あまり見なくなりました。

とはいえ、やはり何か起こる前には象徴的な出来事が起きているものです。



ブログランキング・にほんブログ村へ
ブログランキングに参加しています。1クリックしていただければ幸いです。






今年一年、ブログを訪問してくださった皆様ありがとうございました。

ブログを書くにあたって
なつかしいことをいろいろ想い出したせいではないでしょうが

幼馴染との再会。
インド研修をご一緒したSさんとも18年ぶりの再会。

私ににとっては、なつかしい
ということがテーマのような年でした。

来年のテーマは何なんだろうと思っていますが
今日も元気で、こうしていられること
そして周りの人たちの元気な笑顔に感謝です。


どうぞよいお年をお迎えください。


ブログランキング・にほんブログ村へ
ブログランキングに参加しています。1クリックしていただければ幸いです。


一年半ほど前に幼ななじみのA子が病気で亡くなりました。

家が近所のA子と少し年上のB子と私は幼いころ毎日のように一緒に遊んでいました。

まだ子供の多かった時代です。
近所には同じ年頃の男の子も女の子もたくさんいて
いつもワイワイ遊んでいました。

しかし小学校の高学年くらいになると学校で仲の良い友達ができたり
習い事やスポーツに興味を持つようになり
自然にそれぞれが違う世界を持つようになっていきました。

それでも同い年のA子と私は小学校の6年間、毎日一緒に通学しました。

私はA子とは大人になってからもずっと近くに住んでいましたので
商店街などでばったり会うことも少なくありませんでした。
会うとB子の近況を聞かせてくれたり世間話をしたりしてはいましたが
プライベートでの付き合いは次第になくなっていきました。

そんなA子がある日の夜、フラッと訪ねて来たのです。

「B子の連絡先を知らないか?」ということでした。

A子とB子は大人になってからのほうがより親しく付き合いがあったようですが
ここ数年、些細なことから気まずくなり連絡をとりあっていず
電話番号もわからなくなってしまったということです。
私もB子の連絡先はわからなくなっていました。

A子はなんとなく死を予感してB子に会いたかったのでしょう。
そして私にも最期のお別れを言いに訪ねて来てくれたのだと思っています。

病気のことを少し話して帰って行きましたが
A子が帰った後に感じた嫌な予感は的中しました。
それから3ヶ月後彼女は亡くなりました。

A子の死から丸一ヶ月間くらいは、
私たちが出会った6歳の時のことから楽しく遊んだ日々、
女の子どうしなのに取っ組み合いの大喧嘩をした時のこと
大人になってからのわずかな交流や
最期の会話などが走馬灯のように浮かんできて
悲しくて仕方ありませんでした。

お互いの生きる世界がまったく違ってしまい
疎遠になっていったのは仕方ないとして
それでもどうしてもっとたくさん話しておかなかったのだろうと悔みました。

そしてとにかくA子の死をB子に知らせなくてはいけないと思い、
なんとかB子の居所は探せないかと考えましたが
まったく見当がつきません。

空に向かって

「B子ちゃ~~ん!!!連絡してきて~~」

と心の中で叫んでみました。

B子とも疎遠になっていたとはいえ
人生の転機の時などは連絡をしてきてくれていたので
きっといつか連絡してきてくれると信じて待つことにしました。

昨年は震災後に先生が出版された 「死者はほほえむ」 が 
なんとか私の心を軽くしてくれました。

それがA子が亡くなって1年半後の先日
なんとB子が訪ねて来てくれたのです!!
また近くに引っ越して来たのでした。
A子の死はやはりかなりショックだったようです。

そしてやはり今年に入ってからのことですが
瞑想を始めたころインド研修に一緒に参加した方から
十数年ぶりに連絡をいただきました。

とても懐かしく嬉しいお電話でした。
このブログのことはご存じなかったと思いますので
ひょっこり私の事を思い出してくださったのでしょうか?

懐かしい人との再会や連絡が相次いだので

これは何かの 共時性?

それとも類は類を持って集まるというたぐいのもの?
はたまた、ただの偶然で単なるこじつけでしょうか?

先生によると

偶然か共時性かの判断は自分がその出来事に意味を見いだせるかどうかで決まる


ということですので考えてみることにしました。

私の精神世界への発心は
以前のブログ「発心」で書いた
「 子供のころは幸せに生きていたなあ 」 という想いでしたので

ブログを書くことでその頃のことや
瞑想を始めたころの純粋な気持ちを思い出すことが多かったからかもしれません。

ただ、共時性を考えることで少し嬉しい気づきや出来事に繋がりました。

それは次のブログで書きたいと思います。

ブログランキング・にほんブログ村へ
1クリックお願いします