FC2ブログ
~捨てる瞑想~

ご訪問ありがとうございます!
真理を探究する人はもちろんのこと健やかさ、愛、豊かさなど
現実生活での幸せを求める人にこそ実践していただきたいのが瞑想です。
ここでは金井メソッドのご紹介や精神世界にまつわる話などを綴っています。
ぜひ!一人でも多くの方に瞑想を知っていただきたいと願っています。


金井メソッド「 宇宙の現れとしての本当の自分 」を覆い隠しているものから
離れ余計なものを捨てていく瞑想です。

「本当の自分」で生きることができれば人は本来の能力を発揮でき
苦しみから解放され、現象面での幸せや心の平和を見い出すことができます。


巷では、物を捨てるための解説書や、お片づけ本が大ブームになっていますね。
物を捨てたり片付けたりで人生が変わると説いています。
これなどは、本当の自分でない自分で生きていることを漠然と感じ取り
自分の中の何か余計なものを捨てたいという気持ちの現れです。

どうせなら瞑想で 「 宇宙の現れとしての本当の自分 」 以外の
余計なものを捨ててみませんか?
きっと世界が変わっていくことを実感できるはずです。

私が瞑想をするきっかけになったのは金井系一郎先生の著書
「すべてを受け入れて自由になる」です。

すべてを受け入れて自由になる、幸せに生きるにはこの言葉に始まり
この言葉に終わるといっても過言でないとさえ思っています。
ただ、「受け入れる」ということの意味を取り違えられることが多いのが
残念ですが、本当の意味を理解し実践できればこの世は怖いものなし、
平和で自由な心で生きていくことができるはずです。

1. 瞑想で何を捨てるの?

2. 受け入れるということの本当の意味



瞑想教室を始めることになりました。

拒否し続けていたにもかかわらず
今は、義務ではないけれど
「やらなければ」といういう気持ちと
ワクワクしているのが不思議です。

金井メソッド瞑想は
心を開いて、想いから離れ、自分を観る
というとてもシンプルな瞑想法です。

瞑想の先生からは瞑想を伝えるときは
自分の言葉で伝えるようにと言われています。

私が初めて瞑想したときの
思いもよらなかった衝撃のひとつが
自分の中にある余計なものが
出て行ってくれる喜びだったということもあり
こちらのブログでも捨てる瞑想としました。

興味を持ってもらえることがまず大切なので
瞑想教室も最初は、捨てる瞑想ということを
前面に出したいと思っています。

絶対これでいく!というような
かたくなな気持ちはないので
途中で変えるかもしれませんが。

瞑想すること、続けることの素晴らしさは
どれだけ語っても語りつくせない
という自信だけが頼りです。

でも、これはいいですよ!と
力説するものでもないですね。

ご縁があれば嬉しいし
少しでも楽に生きられるようになるために
瞑想を知って、続けていただけたら幸い
という気持ちで
そのために何ができるのか
考えていきたいと思っています。




応援ありがとうございます<(_ _)>





2016.02.29 努力の構造


年波動のフォローアップセミナーでは
マイナスの圧力がかかりやすい今年に
心がけることを学んできました。

自分(健康や言動面) 人間関係 経済を
自分の弱点・問題点から、
行動すること 考えること 根本に戻ることという三本柱で
今の自分ができることを自分で導きだしていくというものでした。

帰ってきてからのこれから、プリントをコピーして
「 2016年の努力の構造 」を仕上げ
それを瞑想の前や後に毎日見て、一年間続けます。

自分の弱点や問題点から導き出すのですが
プリントに記入した弱点や問題点の箇所は消して、忘れること
導き出したものだけを書き残す
というところが面白かったです。

真面目な?私たちはつい、
自分の弱点や問題点を見つめることを
引きずることが多いので。

今年に入ってから
先生の周囲で3人も亡くなられた方がいらっしゃったとか

私も昨年秋から親戚3人の入院、手術が続き
今年に入ってから叔父が危篤になり
セミナー参加は無理かもと思っていました。


1クリックしていただければうれしいです。

応援ありがとうございます<(_ _)>




2016.01.12 想定外なこと


今年の新年会は例年とは違う、初めての場所でした。
なごやかでとても楽しく過ごせました。
幹事他、お世話いただいた皆さま
ありがとうございました。

恒例の年の波動のお話は
私にとっては少し気になるものでした。
昨年とちょうど反対になるとのこと。

先生のお話の中に「想定外のことが起こりやすい?起こる?」
とあったので質問しようと思ったら時間がきてしまいました。

終わってからどうしても気になったので聞かずにはいられませんでした。

想定外というと想定できないから
想定外ということはわかっているんですけど
それでも自分にとって
その想定外がどんな想定外なのか知りたいというか
知ることはできないいんでしょうか?手掛かりというか・・・

「 それはわからないですねえ。。。」 
と言われました。

でも想定外の例としてはどんなのがありますか?
と言うと

「 たとえば天災とか急死とかだね。」

少し怖いのですが
じゃあ天災も急死も起こりうるかもしれないと用心しよう!!
それが想定内なら想定外にはならないはずだから!


1クリックしていただければうれしいです。

応援ありがとうございます<(_ _)>





今年の波動のおさらいと心がけるべきことを
実り多い年にするために学んできました。

先生のお話の中にもあったのですが
あの場所に特に痛いところもなく(健康で)行くことができて
参加費も支払えて
なおかつ貴重だなと思いながら3時間半を過ごせることは
かなり幸せなことだなと思いました。


ブログを始めて間もない頃は、セミナーでの内容を
多めにここに書いたりしたこともありました。
そのときは録音をしているわけでもなく
間違ったことを書くといけないと思い
ブログに書こうと思っているのですが
おかしいところはありますか?
と言って先生にその内容を見ていただいたこともありました。

先生は内容をすべて書いてはいけないなどとは
おっしゃらなかったのですが
(書くとは思われていなかったのか?)
自分なりに、少し減らしていきました。

先日、その事について質問してみました。

受講料を支払って参加しているセミナーでの内容を
ブログなどに書くことに関して、
最初はもっとたくさん書いていましたが
最近は自分が言いたいこと、思っていること
書きたいことに関係している内容ならと思い書いていますが
書かないほうがいいでしょうか?どうでしょうか?

そうですねえ。
あなたたちはお金を払ってここに来ているのですから。
ただ、たとえば自分はこう思っていたけれど
先生はこう言ったというようなことなら
いったん自分のものにして(先生の話の内容を)
書いているのだからかまわないと思います。
どれくらいの程度が
いったん自分のものにしたものなのかは
わかるでしょ?

ということでした。



1クリックしていただければうれしいです。
ブログランキング・にほんブログ村へ
応援ありがとうございます<(_ _)>




新年会にて、
今年の年の波動のお話を聴きながら
一生懸命ノートに書きとめました。

今度のセミナーで、それを生かすためのハウツーを学べる
ということで読み返してみました。
走り書きのようなメモなので、
文章としてはお粗末ですが、その一部が下記のものです。


年の波動は昨年の10月くらいから影響が出始めている。
今年の現の波動の性質は外側で大きなマイナスが生まれやすい。
その外側の大きなマイナスを内側のプラスになったり。
内側で将来大きなマイナスになりやすいものが外側でうまれやすい。
大切なことは外で起きた大きなマイナスをどういう風に受け止め
プラスになるかという発想。
内と外ということの例えは
内側が 日本 なら 外側は 海外。
内側が 自分の肉体 なら 外側は 他人
例えば昨年の秋以降にわかった病気なら
その芽が育たないように早く摘んじゃうことが大切。
2月から4月初旬が転換点。


少し聴きもらしている個所もあるかと思いますが
ここ最近のテロ、世界情勢などがこの流れ通りに
進んでいるように思えます。

年の波動はどのような人にも当てはまり
常に頭に入れておいて生かして利用し
その波動にそって行動すると良いということですが
ときどき読み返していないと忘れてしまいます。

今回自分のメモを読み返してみて
ちょっと怖くなったというか、気持ちが引き締まりました。



1クリックしていただければうれしいです。
ブログランキング・にほんブログ村へ
応援ありがとうございます<(_ _)>




2015年の波動はここ近年になく強いそうです。

昨年の年の波動のおさらいを改めて聴いてみると
私の場合は流れにシンクロしていました。

流れにのれない理由は自分の弱点が影響するらしいので
昨年は自分の弱点をカバーするルールを
なんとか守れて上手くのりきれたということでしょうか。

今年の良い波動の流れにのるために
どう対処すればいいか
具体的なことを来月のセミナーで勉強してきます。

楽しみです。



1クリックしていただければうれしいです。
ブログランキング・にほんブログ村へ
応援ありがとうございます<(_ _)>

2014.06.09 瞑想三昧


集中瞑想会に参加してきました。
心配していたお天気も崩れず
一日だけ月の瞑想もできました。

朝も夜も、屋上でのアサナ、瞑想が
気持ちよくて、気持ちよくて
ずっと屋上にいたいと思ってしまいました。

想いから離れた直後の自分を観るということ、
そしてその時観た自分を言語化するという作業での発見を
とてもうれしく思っています。

現実生活に戻ると、こちらの生活が夢で
瞑想三昧が現実のような
はたまた両方の境がないような
そんな感覚をまだ味わっています。

懇親などを目的ではないとはわかっていますが
ほんのひと時、いろいろな方の話を聞くのも楽しかったです。

ひとつだけ反省。アロマオイルを持って行って
アロマの香りの中で瞑想すればよかったかな。


1クリックしていただければうれしいです。
ブログランキング・にほんブログ村へ
応援ありがとうございます<(_ _)>



瞑想教室セミナーに参加してきました。

瞑想をする人間として幸せになるために何をすればよいのか、

光源(命)をフィルム(精神)を通してスクリーン(肉体や行動) 
に望むもの、良いもの、幸せを映し出すために
どう考えれば良いのか、何をすれば良いのか

という内容でした。

ICレコーダーも持ってはいるのですが、それは持って行かず
もう、速記者にでもなれるんじゃないかと思うほどに
一言一句たりとも逃さず書きとめようと夢中になれました。

そして今は、何が何でも学んだことを実行してみせると思ってはいますが・・・

実は私はセミナーの日は予定が入ってしまいました。
そちらをお断りするのは義理を欠くという思いがありましたので
今回のセミナーへの参加は考えに入れていませんでした。

でもある日、湯船につかって「極楽、極楽」とうっとりしていたとき
急に、やっぱりセミナーに行きたいなという想いが出てきました。

決めたらもう迷いはありませんでした。

前回の記事で、インビテーション(招待)という詩 をご紹介したのは

ちょうどトップページの「 瞑想で何を捨てるの? 」という部分の改訂で
自我のことについて書いたとき
この詩が、自我と本当の私を素敵に表現してくれていると思ったからですが、
そもそもはセミナー参加を決めたとき、この詩を思い出したからでした。

インビテーションは日本語で招待、招待状という意味です。

お気づきでしょうか?

招待(しょうたい)

そう、 しょうたいは「 正体 」、
そのものの本当の姿のことです。

この詩で「知りたいです」と言われている部分こそ、
その人の正体からのもので
私はあなたの正体こそが知りたいです、という詩ではないでしょうか。

セミナーへは私の正体が私を招待してくれたと思っています。
そして最後の集団瞑想は、いつもながらに素晴らしく

何一つ欠けても私は今ここにいなかったな、と思えて
ちょっとだけ涙が出ました。

集団瞑想がなぜすばらしいのか、についてはこちらをご覧ください。
http://meisou1.blog.fc2.com/blog-entry-23.html


ブログランキング・にほんブログ村へ
ブログランキングに参加しています。1クリックしていただければ幸いです。