FC2ブログ
~捨てる瞑想~

ご訪問ありがとうございます!
真理を探究する人はもちろんのこと健やかさ、愛、豊かさなど
現実生活での幸せを求める人にこそ実践していただきたいのが瞑想です。
ここでは金井メソッドのご紹介や精神世界にまつわる話などを綴っています。
ぜひ!一人でも多くの方に瞑想を知っていただきたいと願っています。


金井メソッド「 宇宙の現れとしての本当の自分 」を覆い隠しているものから
離れ余計なものを捨てていく瞑想です。

「本当の自分」で生きることができれば人は本来の能力を発揮でき
苦しみから解放され、現象面での幸せや心の平和を見い出すことができます。


巷では、物を捨てるための解説書や、お片づけ本が大ブームになっていますね。
物を捨てたり片付けたりで人生が変わると説いています。
これなどは、本当の自分でない自分で生きていることを漠然と感じ取り
自分の中の何か余計なものを捨てたいという気持ちの現れです。

どうせなら瞑想で 「 宇宙の現れとしての本当の自分 」 以外の
余計なものを捨ててみませんか?
きっと世界が変わっていくことを実感できるはずです。

私が瞑想をするきっかけになったのは金井系一郎先生の著書
「すべてを受け入れて自由になる」です。

すべてを受け入れて自由になる、幸せに生きるにはこの言葉に始まり
この言葉に終わるといっても過言でないとさえ思っています。
ただ、「受け入れる」ということの意味を取り違えられることが多いのが
残念ですが、本当の意味を理解し実践できればこの世は怖いものなし、
平和で自由な心で生きていくことができるはずです。

1. 瞑想で何を捨てるの?

2. 受け入れるということの本当の意味



瞑想を始めたばかりの方やこれから始めようと思っている方に
瞑想のことを説明しようとするとき
私はよく、自分の体動=瞑想時に起こる肉体の動き
のことをお話しします。

瞑想の有益さはもちろんですが
倦怠期のこと、続けることの難しさ
毎日の瞑想をおすすめしたい理由など

単なる体の動きだけではないことを
お話ししやすいからです。

ストレスが高じると体に変調をきたすことがあります。
イライラや緊張で胃がキリキリ痛む人、
頭痛を起こす人
お腹に変調をきたす人

持って生まれた体質があり
変調が起こる場所は人それぞれです。

そして、少々のストレスでも平気な人
少しのストレスでもすぐに体調不良になる人もいます。

どのようなストレスが体に溜まっていたのか
瞑想を始めたころ、私の体の中の筋膜なのか筋肉なのか
もしかしたら内臓なのかもしれませんが
溜まっていたものが出てきました。

ただ、それはあまりにもj凝り固まりすぎていて
出たくて出たくて仕方がないのに
出て来れない存在を感じ
一筋縄ではいかないこともわかりました。

筋膜や筋肉が緩もうとする際、一緒に出てくるのか
出てくるからこそ緩むのか。

出したらスッキリする、というような
簡単なものではありません。

これまで自分がしっかり感じてこなかったもの、
観ることを避けてきたものが
体の動きや感覚と一緒に出てくるので
苦しみとしかとらえられません。

そこで、「出て行ってくれないかなあ」
「何とか出そう」
など思い努力をしまうと、それは瞑想ではなくなってしまいます。

自我から離れるために瞑想をしているにもかかわらず
そうしてしまうと、精神統一や療法になってしまいます。
心を自由にするのではなく体に囚われて
しまうことにもなります。

そうこうしているうちに(数か月)
苦しみはおさまりましたが
それはただ単に自分の深みに下りていくことを
休止していただけだったのだと思います。

体が自然に動くというような体動ではなく
もっと深いところからえぐられるような体動を感じそうになると、
スッと逃げるようにしている期間が
結構長く(数年)続きました。
もったいない話ですが
その頃はそうするしかなかったのです。

瞑想は人生そのものですね。
受け入れることを拒んでいる姿です。

そして瞑想はその人そのものだと思うのです。
どのような瞑想が素晴らしいかなんて無く
その人にとって必要だというだけではないでしょうか?

瞑想を続けていて思うのは、
日常の困りごとや悩みが契機になり
そういうときの瞑想が、より自分の深いところを
体ごとえぐって改善してくれるようです。

後になってからだからこそ言えることなのでしょうが、
困りごとに感謝の念さえ湧いてきます。

10年で悪くなったものは治すのに10年かかる
20年で悪くなったものは20年かかると言われていますが

不自由な心で10年生きてきたのなら
自由な心になるもの10年かかるところですが
毎日の瞑想でほんの少しはその期間が短くなることを
祈ります。





応援ありがとうございます<(_ _)>





2019.06.18 瞑想健康法


ユーチューブで瞑想中に起こる体動の効果がアップされています。

健康維持に関することにとても興味のある私は、
瞑想中に起こる体動も、瞑想を楽しく続けることができた
要因のひとつだったかもしれません。

瞑想を始めたころは、体に溜まったものが
出て行ってくれる感覚がありました。

そして、上半身をグルグル回したくなることも
ずいぶん長く続きました。

今は、外から見ると体は動いていないと思いますが
体の中、特に上半身の内部が動いている感覚があります。

瞑想は何かを得るためにやっているのではなく
自分を観て心も体も自由になるためにやっている
ということを忘れなければ
瞑想中に何が起こっても、感じても
逆に何も感じなくても
自分にとって最も適したことだという安心感があります。

日々の生活の健康法として
体のどこかの調子が悪くなったら
こういうことをしたら改善しやすい、というような
経験に基づいた自分なりの方法はいくつかありますが
健康のために継続的にこれをやっている、
というものはありません。

健康に関するテレビ番組を見たり本を読むことは好きで
今、自分の体は何を望んでいるかな
というのを考えたり、体の感覚に耳を澄ませるのが好きで
その時々に気まぐれに今の自分の健康に良いというものを
取り入れたり楽しんだりする程度です。

食に関しては、最近タンパク質が足りていないなとか、
ここのところ塩分や糖分の取りすぎだと思えば
軌道修正しますが
基本は食べたいものを食べています。

結局のところ、私の体が喜んでいると感じるのは
良い睡眠、腹八分目、よく噛んで食べること、
きれいに歯磨きすること、心の安定。

これって誰にでも当てはまることですね。

ただ、避けていることがひとつ。
同じものを続けて何ケ月も何年も摂取することです。
これだけは、なんだかイヤーな感じがするのです。

体に良いと言われる食材や食料品、サプリメントなど
どんなに良いものでもその中には微量かもしれませんが
自分の体に合わないものや
悪いものが含まれているかもしれません。

継続は力なり、ということは
良いものを続ける力でもあり
悪いものを続けることの力でもあると思うのです。

とはいえ、白ご飯が大好きで
お米を食べない日はなく
お米の種類も長く続けます。
塩や砂糖もですが。


肉体は借り物という想いがあるので
大切に扱いたいという気持ちと
だからこそ今は健康でいられてありがたいけれど
明日はどうなるかわからないという
気持ちが少しあります。

健康や体力に関しては自信満々というのは
ちょっといただけないのではないでしょうか。



応援ありがとうございます<(_ _)>








ユーチューブで「瞑想を継続するコツ」が公開されています。

金井メソッド 瞑想を継続するコツ

その中で、習慣化として歯磨きのお話しがありました。

私は歯があまり強くなく
治療済ですが虫歯になった歯がたくさんあります。

子供のころに通っていた歯医者さんには
「歯は、体質!」
と言われました。

今でこそ、歯ブラシを当てる角度や動かし方
適した歯ブラシや歯磨き粉を教えてくれたりと
予防医学に力を入れてくれますが
昔はそうではなかったですよね。

かれこれ20年以上、2ヶ月に1回程度
同じ歯医者さんにお掃除兼定期健診に通っていますが
通いはじめのころは、きれいに磨いているつもりが
歯科衛生士さんに、磨き残しを指摘されるのが常でした。

でも今では、「いつもきれいに磨けてますね~」
と言われるようになりました。
上達しました。

そこは口腔外科でもあるので
先日は舌のチェックもしてもらいました。

ただ、やはり加齢には勝てませんね。
以前は瞑想中に起こる
「体動」 (瞑想中に自然に起きる体の動きなどの事)は、
上半身をグルグル回したくなるものでしたが
今は、口腔(ハグキやアゴあたり)にきます。
そのあたりが弱っているのでしょう。

なので日々の生活で
歯磨きをせずに眠ることなど考えられません。
あるとしたら、体調不良で起きあがるのも辛いという日です。

疲れていて「このまま眠りたいけど・・・あぁ歯磨きしなくては・・・」
という気持ちの日はあります。

でも歯磨きをしないことを考えるとちょっとビクビクです。
1日や2日、歯を磨かなくてもどうってことないだろう
とは思えないのです。

さて、同じように習慣としての瞑想ですが、
私は夜寝る前に瞑想をする習慣にしています。
あまりにも眠くて、つい横になってしまい
眠ってしまったという日も、たま~にはあります。

1日瞑想をしなくても歯磨きをしないときのように
心配にはなりませんが
もし数日間瞑想をしない日が続くとどうでしょうか?
瞑想人生の中ではそういうときももちろんありました。

そういうときの気持ちは 「早く戻さなくては!」
という表現がいちばんピッタリ。

何を戻すのかというと
瞑想をしないことで、本来の自分の在り方とのズレです。

ズレた自分でいると生活が
円滑に進まない。
そのことへの恐れにも似た気持ちがあります。

恐れや不安は不幸の元凶ですが、
本来の自分からズレることや
健康に関する習慣を怠った結果のことを考え
その結果を恐れることは
不幸の元凶としての恐れとは違います。
こうなったら嫌だ、という意思でしょうか。

私にとっては持ち続けても良いもので
だからこそ瞑想も歯のお手入れも続けられます。



応援ありがとうございます<(_ _)>




2016.05.21 出てるだけ


瞑想をしていると身体のある部分を動かしたくなったり
筋肉や皮膚の一部分が動いている感覚や
違和感、または反対に心地よさを感じることがよくあります。

そういう現象は瞑想によって
肉体が活性化されているのだとずっと思っていました。
まるで瞑想によって与えられた恵みであるかのように。

先日、美容と健康を兼ねて体操をした日の
夜の瞑想でのこと

日中、体操で動かした部分や
自分の肉体の中で気にしている部分にのみ
強く違和感や動いているような感覚を感じている
ということに気づきました。

無意識下にあった肉体の問題が瞑想によって
表面化するということもあるでしょうが

瞑想中に出てくる、感じられる
さまざまな肉体的感覚も
瞑想中に出てくる想いと同じ類のものにすぎない
この憎き二の腕のお肉め!!と思っていたりする
とらわれを教えてくれたり。

瞑想というすばらしいものが
肉体を何とかしてくれているということではない
あの肉体の感覚も動きもただ出てるだけ~~
と思うと、がっかりしてもよさそうなのに
少しうれしくなりました。
与えられているのではなく
自分の意思でできる捨てるということを
やっているということがわかったからでしょうか。

出てきたものが瞑想の恩寵のようなものではないと思うと
肉体と自我を使わないと生きることができない
この 「私」 という存在の
肉体や心を日常生活でどう扱うか、在るか
意識して整えるということもとても大切なのだと思えるのです。


1クリックしていただければうれしいです。

応援ありがとうございます<(_ _)>



2015.12.26 肉体の弱点


先日、風邪をひきかけました。
私はいつも喉の痛みから始まりますが
今回はそれに加え胸の奥がチクリとしました。

普通の風邪のときはなぜか食欲が増すことが多く
そんなときは食べたいと思うものを我慢せず
限度を超えない程度に食べるようにしています。
ビタミン補給をして、マスクを着用、
温かくして、夜は早めに就寝。
これで今回も風邪をひいたというところまで行かずに済みました。

まだ会員になったばかりの頃参加した
おそらく使命発見セミナーで

金井先生が、会場で参加者全員、
ひとりひとりの体の弱いところを指摘されたことがありました。
弱いところというか活性化されていないところでしょうか。

そのときの参加人数はかなりの数で、
40人以上だったかもしれませんが
他の参加者の前で言われても差し障りのない内容
だったように思います。

私は首から上、顔。でした。
「わかるでしょ?」 と言われました。

肉体的なことはもちろんのこと
私にとっては顔というのは自己主張にもつながっていて
もう少し自己主張していく方向に促されました。
(今ではもう十分、と言われるかもしれませんが)

その頃より今のほうが感覚的に実感しています。
最近では、首から上だけに風邪の症状が出るのです。
頭だけ風邪をひいているなんて思うことがあります。

頭寒足熱といいますが
私は頭や顔が寒いのが苦手です。

先日もシャンプーをして髪を乾かすのが少し遅れたらてきめん、
喉が痛くなってきました。
もちろん、疲れていたというような条件が重なったのでしょうが
とにかく私の風邪予防で重要なのは
頭を早く乾かすことです。

そして瞑想中に体の中の弱い部分が
活性化されているのを感じることがあります。


1クリックしていただければうれしいです。
ブログランキング・にほんブログ村へ
応援ありがとうございます<(_ _)>






私の知人で
心と病気の関係について話してくれる人がいます。

〇〇な病気になる人は〇〇な心の状態
〇〇な性格。

そして具合が悪くなる体の部位によっても
胃が悪くなる人は〇〇
足が悪くなるときは〇〇なとき

といった具合ですが
医学的根拠はなく宗教でもないようです。

しかしこの話題は実際に何か持病を抱えている人の中には
あまりおもしろくないと思う人もいるようです。

なんの根拠もないのに
自分の心の状態や性格上の欠点をいわれている
ようなものだから無理もありません。

その中のひとつを例にとって金井先生に質問すると

癌になる人は頑固な人が多い
といういい方はできても ( このことが事実だといっているのではなく )
だからといって
頑固な人はみんな癌になるということはできないと
予想通りの答えでした。

しかし先生は、やはり病気ばかりしている人というのは
何か根本的な在り方に間違いがあるのです。

ともおっしゃってはいました。

私なら、病気になったら
医学的検査、処置をするのは当然で
そちらのほうから改善する事に努めようと思います。

そして元波動とのズレが大きくなって
病気という形を表しているのであろうから
性根を入れて瞑想をしよう。
ですが

この「 ズレ 」という部分のはじまりは
心にあるはずなので
それを言葉で表現するとしたら何だろうと思います。

ストレスで胃がキリキリ痛むというし
カッとなって血圧が上がり倒れたひともいる。
心と体の関係は切っても切り離せないと思っています。

数ヶ月前、私は脚が痛くなりました。
整骨院では坐骨神経痛というほどではないといわれましたし
そもそも坐骨神経痛というのは病名ではなく、
症状の名前だということでした。

疲労が引き金になったことには
違いないと思ってはいますが

先日、その知人に会った時に聞いてみました。

もし坐骨神経痛だったなら「 反目する気持ちよ 」とのこと。

反目・・・にらみあうこと。仲の悪いこと。
思い当たるフシ、ありです。

その頃、誰かとケンカをしていたというわけではありませんでしたが
「 いいかげんにしてほしいな(;一_一) 」
という思いを持っていたことは事実で
こちらがそう思えば、思われたほうも
いい気はしていなかったでしょう。

そしてこの知人いわく

でも、イライラが続いていて
このままだと病気になってしまうと思い
イライラするのをやめようと思っても
それって自分の気持ちを我慢することになってしまうので
きついのよね~~

いわゆる感情の抑圧です。

確かに、心の在り方や性格上の欠点を
すぐに直せるのであれば、だれも苦労はしないのです。

そこでやはり瞑想です。

捨てる瞑想で自分の中の余計なものを捨て去れば
本来備わっている健やかさが
否応なしに表れて来ざるを得ないのです。

そういえば
医療関係に従事されていた瞑想仲間の W さんは、

 という字は
やまいだれ の中に 品 の 山  と書くでしょ

ということで食への貪り ( むさぼり ) を示唆されていますが

そいう観点からいえば
ガン と ガンコ 
ゴロも似ていますね。

また、貪りといえば
癌は人間の 欲 に関係するということを
いう人もいました。

こういったことはいろいろな説があるようです。


ブログランキング・にほんブログ村へ
ブログランキングに参加しています。1クリックしていただければ幸いです。




瞑想をし始めの頃のことです。

むしょうにチキンが食べたくなり

金井先生に「 最近妙にチキンが食べたくなって困ります 」
と言うと

「 食べたいなら食べたらいいじゃない 」
とあっさり言われ

「 あっ いいんですか 

といった感じでした。

瞑想をし始めているのに
チキンといえども、お肉を食べたいという欲求が強く出てきた
という事に、何かあまりよくないイメージを
持ってしまっていたようです。

もちろん今はそんな考えはまったくありません。

先日、町内会の地蔵盆のお下がりで
各家庭に、いかにも子供が喜びそうなスナック菓子が配られました。

それを食べてから
妙にスナック菓子にはまってしまい

やめられない とまらない 

これまでもたまにはそういうジャンクフード
といわれるものも食べることもありましたが
こんなに食べ続けることはありませんでした。

またその後も、ご近所からいろいろ
おいしいスィーツをいただくことが続き
もともと甘いものには目がないので
うれしいやら
もうそろそろこの食生活にストップをかけないと
と、危機感を持つやら。

幸いといっていいのか
食べ過ぎるとすぐ、口内炎ができたり体がだるくなるので
そうなると「もうやめろ」っていうことだなということで
それで歯止めがかかります。

瞑想をしている人は菜食主義や粗食
のイメージを持たれているでしょうか?

瞑想仲間の中には完全菜食主義の人もいます。

でも私は瞑想をしだしてからのほうが
食欲旺盛になりましたし
お肉に関してはむしろ最近のほうがよく食べています。

ただやはりジャンクフードはあまり食べない方がいいな
と思えます。
というより体がそう言っているように感じますが。
まあ、今回のスナック菓子の食べ過ぎは
そういうこともあるわ
と自分をおおいに甘やかしました。

自分なりの健康維持の方法がいくつかありますが
衣食住に関してはストイック過ぎるのは

自分らしくない

と思っていますので(言い訳)。

金井メソッド瞑想は
瞑想を続けていれば
自分にとって何が一番いいかということが感じられて
その人なりのバランスがとれてきます。

少々バランスが崩れるときがあることも
何かより大きなバランスをとるための
自衛作用であったり、その本能に気づかせるための
きっかけのようにも思えます。

先生の言葉で金井メソッド瞑想者の生活に関して
一番端的でわかりやすかったのは

「 良い意味で自分中心が金井メソッドの考え方です 」

でしょうか。

ブログランキング・にほんブログ村へ

ブログランキングに参加しています。1クリックしていただければ幸いです。


瞑想中に足裏がポッと温かくなって体が軽くなった のですから
やっぱり瞑想はスゴイです。

でも瞑想をしただけで、またたく間に
体調がすっかり回復してしまっていたら

体調不良の原因を考えることもなく
その後、予防のための体調管理をしていこう
とは思わなかったと思います。

瞑想だけで体調不良が治らなくてよかったのだと思います。

心身の健康に関してはかなり気をつかってきたほうだと
自分では思っていましたが

でも、これまでは気持ちが「 元気 」のほうを向いて
健康管理をしていたようです。

体がオーバーヒートしてみると
お年寄りの気持ちが分かりました。

痛いところがあると妙に不機嫌になりました(;一_一)
きっともっと年をとると
こんなふうになるんだろうなと思いました。

ひざとかがガクガクしだす日もいつかはくるはず、
そんな日をできるだけ遅らせるためには
そろそろネガティブシンキングを取り入れた健康管理をしながら
ポジティブフィーリング
でいこうと思います。

ブログランキング・にほんブログ村へ

ブログランキングに参加しています。1クリックしていただければ幸いです。