FC2ブログ
~捨てる瞑想~

ご訪問ありがとうございます!
真理を探究する人はもちろんのこと健やかさ、愛、豊かさなど
現実生活での幸せを求める人にこそ実践していただきたいのが瞑想です。
ここでは金井メソッドのご紹介や精神世界にまつわる話などを綴っています。
ぜひ!一人でも多くの方に瞑想を知っていただきたいと願っています。


金井メソッド「 宇宙の現れとしての本当の自分 」を覆い隠しているものから
離れ余計なものを捨てていく瞑想です。

「本当の自分」で生きることができれば人は本来の能力を発揮でき
苦しみから解放され、現象面での幸せや心の平和を見い出すことができます。


巷では、物を捨てるための解説書や、お片づけ本が大ブームになっていますね。
物を捨てたり片付けたりで人生が変わると説いています。
これなどは、本当の自分でない自分で生きていることを漠然と感じ取り
自分の中の何か余計なものを捨てたいという気持ちの現れです。

どうせなら瞑想で 「 宇宙の現れとしての本当の自分 」 以外の
余計なものを捨ててみませんか?
きっと世界が変わっていくことを実感できるはずです。

私が瞑想をするきっかけになったのは金井系一郎先生の著書
「すべてを受け入れて自由になる」です。

すべてを受け入れて自由になる、幸せに生きるにはこの言葉に始まり
この言葉に終わるといっても過言でないとさえ思っています。
ただ、「受け入れる」ということの意味を取り違えられることが多いのが
残念ですが、本当の意味を理解し実践できればこの世は怖いものなし、
平和で自由な心で生きていくことができるはずです。

1. 瞑想で何を捨てるの?

2. 受け入れるということの本当の意味

images (6)

絶対があるとしたら絶対がないということだけが絶対。

半分冗談ぽく、でも本気で
よく言っていました。
自分の体験からの言葉です。

なぜなら、「これだけは絶対ないわ~」
と思っていたことに限ってすることになったり
あり得ないと言っていたことが起きるからです。

そんな私ですが、瞑想教室というものをすることだけは
絶対にないなんて言っていました。


応援ありがとうございます<(_ _)>





ダウンロード

瞑想教室は自分には向いていない・・・
そんな気持ちが少しずつ軟化してきているのか、いないのか
よくわからないのですが

瞑想教室の紹介ページに載せるモットーを考えました。

私のモットーは金太郎飴のように自分のどこを切っても
同じものが出て来るものではないということがわかりました。

すぐに浮かんだのが 「自由」 ということばでした。
これから瞑想を始めようという人から
なぜ瞑想をするのかと聞かれたら、
「幸せになるため、そして瞑想で心が自由になりますよ」
という説明をします。

自分の中の 「瞑想を伝えたい」 というところだけを切り取ったとしたら
「自由」 という言葉を使ったかもしれません。

でもすぐには決められず考えていました。

私は感謝の念が出てくるとき、とても幸せだなと思っていました。
モットーの中に「感謝」という言葉を入れる?
そういう思いもチラッと出て来ました。
ただ、私にとって感謝の念は、どこからか与えられたご褒美のようなもの、
得ると幸せになるものかもしれない、
そんな思いがあります。

先生の著書に書かれていて、とても好きな言葉、文章のひとつに
「瞑想のために使う時間はそれがたとえ10分であっても人生を決定するほどの
重要性を持っている。1日の内で何もすることの無い暇な時間があるから瞑想に当てる
というのではなく、1日24時間のうち最高の10分を取ってくるという気持ちが大事」
というのがあります。

初めて読んだときからとても印象的で、ことあるごとに想い出している箇所です。
私の 「瞑想への想い、価値」 の部分を切り取ったなら
これかなと思いますが

モットーというのではないし~~
机に向かってあれやこれや考えていましたが
とにかく瞑想をすることにしました。
それはほんの5分ほどの短い瞑想でした。

瞑想で良い案がひらめいたらいいのにという気持ちではなく
頭の中でぐちゃぐちゃ考えて疲れ、嫌になったから瞑想したかった
だけでした。

すぐに決められなくても締め切りまでまだ日にちはあるから、と
思ってあせってはいませんでしたし。

それでも瞑想中ピンとひらめきました!
と言うことができればカッコいいのですが、
やっぱり瞑想を終えるととてもすっきりしていたというだけでした。

ただ、嬉しいことにそれからわりとすぐに、
30分もかからなかったでしょうか
決めることができたのです。

ふと瞑想の会、元祐波動会に入会するときの
申込書に記入したときの言葉が蘇ってきました。

平和だったか平安な心で楽に生きられるように
というような気持ちを書いたように思います。

その頃は人や物、出来事や環境に依らず
自分の心ひとつだけで幸せになれるように、
そうなりたいと強く思っていました。
でも今は、それもひとつのこだわりだったと思っています。

そしてその時の私が理解している平和や平安は文字通り
凪いでいる状態、静かな状態だったのですが、

今の私の平安は、生きている中で平安であるときもそうでないときも
どんなときでもそんな自分を嫌わず抵抗せず、
平安へと戻せる強さも持ちたいと思っています。

そんなこんなで、そう在りたいという
一番自分らしい望みの部分を切り取り
「瞑想で心の平安と自分らしさを」
に決定しました。

これを書きながら少し気になったのは、
ここに書いた私が選ばなかった言葉をモットーに
挙げられる方もいるに違いない、
それを否定していることになりはしないだろいうかという
ことでしたが

でもどんな人もその人らしくあるだけなのだと思い
書くことにしました。



応援ありがとうございます<(_ _)>






馬と乗り手

前回の、「 馬と乗り手 」 の中で
瞑想と私たちは馬とその乗り手に例えられる
と書いたのですが、

自我と私たちは馬と乗り手に例えられる

の間違いでした。
自分が書いたものを読み返していて
あれっ?! 違う違う!
ぜひ訂正しなければと思い、これを書いています。

正しくは

自我と私たちは、馬とその乗り手に例えられますが
それなら、上手く乗りこなしさえすれば
自我は強く大きい方が人生楽しめますね!

と書きたかったです。
本文も修正しました。

馬と乗り手、自我と私
そして瞑想は何に例えたらいいのでしょうか。
ムチかな。呼吸かな?



応援ありがとうございます<(_ _)>






2017.03.21 馬と乗り手
馬

瞑想では
心を開いて想いから離れて自分を観る、
自我から離れるということをしています。

精神世界のせの字も知らないとき、
瞑想の存在すら知らない若い頃
きっと今自分が持っている疑問や何かわからないモヤモヤの
答えを知っている人がいて
それは「本」というものに著わされているに違いない、と探しました。
その通りになりました。

セミナーで先生の言葉をノートをとっているとき、
瞑想をして多少は心が軽くなったけれど
その前に、「書かれた言葉」 「話された言葉」がなければ
瞑想にたどりつけなかったし
言葉によって救われてきたなということを
考えていました。

言葉はすべて過去に基づいているという教えも、
「 自我から離れる 」 というテーマも
自我がなければたどりつけなかったわけだし。

そして瞑想を知ったころ、
先生の著書のなかに、「自我がしっかり発達していない場合は~」
というような記述を見つけて
自我から離れることが幸せへの道のはずなのに・・・
と思ったことも思い出していました。

瞑想をするということも瞑想にたどりついたことも
自我を通してのもの。あたりまえですね。

自我と私たちは、馬とその乗り手に例えられますが
それなら、上手く乗りこなしさえすれば
自我は強く大きい方が人生楽しめますね!?と
先生に質問したら 「 その通りです 」 という返事が返ってきました。


応援ありがとうございます<(_ _)>




2016.12.30 幸せのじゃま


4つのことをノートに書いて
それを読んでから瞑想をしようと決めてから2か月たちました。

自分はその場・その時で何を差し出せるか
自分の幸せをじゃましているものは何か、それを捨てる
喜び楽しみを求める
今ある幸せは何か

喜び楽しみを求める の具体的な内容以外の3つの事は
数年、もしかしたら瞑想を始める前から
変わりないのではないかなと思います。
ふたこと、みこと で言い表せることです。

ちなみに幸せのじゃまをしているものは
「 愚痴や、過去に基づく感情 」 だけです。

セミナーを受けて決めたことなのですが、
もう覚えているからという言い訳で
書いたものを見ないようになったりもしました。
でも私は見ないとだめですね。

こういうことが続かないとしたらそれは
効果が見えないからではないでしょうか?
誰でも、今日やって明日、
すごく自分にとって得をすることや好いこと、
気持ちいいことが起きたら続けようと思うはずです。

じゃあ、続けるためにはどうしたらいいだろうと考えてみると
もう、習慣にするしかないな、瞑想とワンセットとしてしまうしかないな
と思ったのです。

効果が出るとか、出ないとかの問題ではなく
この4つを確認することで、
たとえ死ぬまで効果がわからなくてもいいと腹をくくっています。
ちょっとオーバーですが、考えてみたら
私にとっての瞑想そのものが、そういうものです。

でも腹をくくれるということは
自分にとって何も意味がないことだとは思っていない証拠ですね。

マントラは気が向いたとき、こちらはずっと毎日です。

それにしてもこの4つの確認ってすごいです。
書いてみるとわかったのですが
自分ではなんの努も必要ないことばかりなのです。

喜びや楽しみを求めるということも
ささいな喜びだったりします。

昨年、琵琶湖のセミナーに行くため
朝荷物をひっぱりながら駅へと歩いているとき
我が家のお隣に住んでいるおばあさんに会いました。

お隣のおばあさんは両膝が悪く、手術を何度かして
ものすごいコルセットをはめてヨチヨチ歩いています。
耳も遠くなってきています。
その日もお医者さんに行くところのようでした。

どこに行くの?と聞かれたので、
琵琶湖です、と答えると
わあ~~~しあわせぇ~
と言われました。
とてもうらやましそうに。

いいわね、ではなく
しあわせぇ~と言われて、少し ハっとしました。



応援ありがとうございます<(_ _)>





初めてマントラを聴いた時は、
自分には縁のないものだと思いました。
まあ、正直に言うと
辛(心)気臭い というかなんというか。

瞑想は、これだ ! と思ったとはいえ
マントラをはじめとして
瞑想を深めるためのテクニック等
ほとんどといっていいほど興味がわきませんでした。

先生にも、あのマントラを聴くとテンション下がりそうです。
とかなんとか言った記憶があります。

考えてみれば私が幼少期からお守りにしていた
神道マントラも、第三者が聴けば相当うっとうしい感じです。

猫に小判。
マントラは音の響きが重要だとのことですが
私は最初は音楽として耳だけで聴いていたのでしょう。

そして今の私に必要になったから
良さがわかったのだと思います。


1クリックしていただければうれしいです。


応援ありがとうございます<(_ _)>




2016.06.21 最強マントラ


とらわれは失うことへの恐怖、
何を失う?それは自分を失う恐怖、
究極的には死への恐怖からの解放が
解決策になるというお話から

オーム・トゥリヤムバカム・ヤジャマヘ・
スガンディム・プッシュティヴァルダナム・ウルヴァルカミバ・バンダナム・
ムリィトォール・ムクシャ・マームリィタットゥ

というマントラをリトリート中、先生が唱えてくださいました。

胸の奥がドクンドクンとするほどでした。
今さらながらすごいと思ったので
「死者はほほえむ」 に付いていたCDのマントラを
早速ウォークマンに取り込みました。

マントラの中でも強力なもので
毎日唱えるとよいそうです。
先生は瞑想中は唱えず、
仕事など何かに集中する時以外の
散歩や電車に乗っている時や遊んでいる時などに
日常で唱えてられるとか。

「大いなる導きの主よ、熟れてなお枝にしがみついている
ウリのように、生にしがみついて死を恐れている私に、
死を超えた悟りを与えてください」
という意味です。

祝詞を唱えている母や叔母たちを見ていたので
子供のころから祝詞の最初の部分を少しアレンジし
自分だけのマントラにして

どうしたらいいかわからない悩めるときだけでなく
たとえば遠足の前の夜に、明日は天気になりますように、
部活の試合の前に気持ちを落ちるけるためにと

頻繁に唱えていたその神道マントラは
必ず良いほうへ導いてくれている
強力なマイマントラだと信じていました。

瞑想を始めてから唱えることはなくなっていましたが
だからといってインドのマントラも日常では
唱えるということもなかったのです。

日本語で読んでみてもなにも感じないのに
CDから流れてくるマントラを聴くと
ドクンドクンして気持ちがいいのです!
意味を理解しそのような自分に成ろうとすることも
もちろん重要だそうですが
それより音の響きが主に大事だということが
とてもよくわかります。

それにしてもオーム・トゥリヤムバカム・ヤジャマヘ・・・・・
このマントラは私にとっては長く難しいです。
はやく覚えて
唱え続けていくでしょう。

非日常な自然との一体感を味わうリトリートですが
少しずつ、そしてあっという間に
日常に戻っていってしまいます。

この場所が感、この場所は現の波動というように
場の波動をあらかじめ聞いて
その場の波動を経験するのと同じように

毎日たった15分くらいだけれど
瞑想でただひたすら自分を捨てていく作業で観る自分と
心で唱えてマントラで心身を満たしている時は

これが本当の自分ですよと
わずかな時間でも経験しているかのようです。

日常生活に埋没するとそんなことまた忘れて、
それでもマントラを唱えると想い出して
また忘れて日常生活であわただしくて
でも夜になって瞑想でまた経験して
ということを繰り返していきます。


1クリックしていただければうれしいです。

応援ありがとうございます<(_ _)>



2016.03.06 呪文のよう


先日のセミナーで
日常生活の中、常に何かを考えている状態なので
どうすればいいですか?
というような質問をされた方へ先生は

想いから離れるため、離れよう
ということでは無意識に想いをつかまえてしまうから
まじめすぎず、離れても離れられなくてもいいくらいに思って

(想いが) 出たから仕方ないから離れる
というくらいに思うといい
と答えられました。

私は瞑想中に想いが出てきたら
「 もう考えるのはやめにしよう 」
と唱えることがほとんどで

日常生活で想いから離れたいときにも
同じように、その言葉が
はずみになってくれることが多いです。

そう唱えることによって
離れても離れなくてもいい
という気持ちになれるように感じます。

自分は今、想いから離れるということを
実践しているんだと
自分自身に確認できているかのようで
安心感が出ます。

唱えない場合は想いから離れるのではなく
想いにふたをするような感じになります。

それが正しいというのではなく
きっと初めて瞑想をしたときから
そう体に摺りこまれてしまっているのでしょう。


1クリックしていただければうれしいです。

応援ありがとうございます<(_ _)>