FC2ブログ
~捨てる瞑想~

ご訪問ありがとうございます!
真理を探究する人はもちろんのこと健やかさ、愛、豊かさなど
現実生活での幸せを求める人にこそ実践していただきたいのが瞑想です。
ここでは金井メソッドのご紹介や精神世界にまつわる話などを綴っています。
ぜひ!一人でも多くの方に瞑想を知っていただきたいと願っています。


金井メソッド「 宇宙の現れとしての本当の自分 」を覆い隠しているものから
離れ余計なものを捨てていく瞑想です。

「本当の自分」で生きることができれば人は本来の能力を発揮でき
苦しみから解放され、現象面での幸せや心の平和を見い出すことができます。


巷では、物を捨てるための解説書や、お片づけ本が大ブームになっていますね。
物を捨てたり片付けたりで人生が変わると説いています。
これなどは、本当の自分でない自分で生きていることを漠然と感じ取り
自分の中の何か余計なものを捨てたいという気持ちの現れです。

どうせなら瞑想で 「 宇宙の現れとしての本当の自分 」 以外の
余計なものを捨ててみませんか?
きっと世界が変わっていくことを実感できるはずです。

私が瞑想をするきっかけになったのは金井系一郎先生の著書
「すべてを受け入れて自由になる」です。

すべてを受け入れて自由になる、幸せに生きるにはこの言葉に始まり
この言葉に終わるといっても過言でないとさえ思っています。
ただ、「受け入れる」ということの意味を取り違えられることが多いのが
残念ですが、本当の意味を理解し実践できればこの世は怖いものなし、
平和で自由な心で生きていくことができるはずです。

1. 瞑想で何を捨てるの?

2. 受け入れるということの本当の意味



自分の霊性というときの霊性と
いわゆる霊魂とか幽霊というものはまったく別物ですが、
説明しろと言われたらきちんと言えるだろうか?
次元が違う、別物。
とだけしか言えないかもしれない
と思っていました。

世界中の何人かの臨死体験者の言っていることで
とても興味ある共通点のひとつに
私たちが今認識している時間というのは
過去→現在→未来という順序だったものではない
というものでした。
すべてがひとつ。

肉体を持たない世界で
すべてわかってしまった、見えてしまうというより
知識そのものになり
愛するというのではなく愛そのものになる。

読みながら、これは臨死体験ではないなと思いました。
いえ、臨死体験でもいいけれど
臨死体験なのだろうけれど

霊性とはそもそもそういうもので
そういう人たちは一時的ではあっても
霊性そのものになっただけなんだなと思いました。

私たちはこの肉体をまといながら
過去現在未来という流れの中でしか生きられないけれど
それが生きているということなのねと思っています。

そんなときある日本の作家が
数十年にわたって霊障に悩まされ
さまざまな除霊を試みたという内容の本を
読むことになってしまったのです。

恨みつらみ、怒りのエネルギーそのものになった
すでに死んでしまった人たちの霊魂に
苦しめられたというその内容に嘘はない
とは感じたのですが

そのおぞましい不思議な霊障の話と
愛そのもの知恵知識そのもの
時間も何もない霊性を垣間見たという
臨死体験の話を
どう自分の中で折り合いをつければいいのでしょうか。
先生の本にも死者はどんな死に方をしようと
肉体を離れるとダンスを踊っているようだったと
書いてあったではないか。

良い行いをした人や
死ぬ瞬間に幸せな思いを持っていた人は
肉体という殻を脱ぎ捨てると
愛そのものの霊性に立ち返り
大きな意識の中へと帰って行くことができるけれど
恨みつらみを持っている人は幽霊となって
死後も苦しみ障りを与え続けるのでしょうか。

私はそうは思えません。
まったく別物の話だと思っていましたが
それを説明するとしたら?
どういう言葉を使えばいいのでしょうか?

先生に質問するしかありません。

先生 「強い恨みや つらみ の想いが残っているんです」

私 「ということは、その想念に
   波長が合わなければいいのですね?」

先生 「そうです」
    「そしてそういう場所から離れればいいのです」

私 「ということは除霊をしてもらうために、あっちの霊能者、
   こっちの霊能者と渡り歩くことって愚かな話ですね 」

先生 「そうです」


私たちは心を自由にして
本当の自分を観る(霊性にたちかえろうと)
瞑想をしています。

この手や足が私自身ではないように
切って捨てても捨てても出てくる想いも
日ごろあれやこれやと考えていること
私は何々ですと思っていることも
私自身ではないように
悪さをする霊魂たちというのも
残っている想いにすぎないんだなと思いました。

瞑想の時出てくる想いを相手にしないのと同じように、
(想いを相手にしていたら瞑想にならないのが元波動瞑想)
幽霊や霊魂と呼ばれているものを相手にしても仕方ないです。

でも先生は

「 想いは大切です
 自分を幸せにする良い想いを持つようにすることが大切。
 それが生きているということなんですから 」

ともおっしゃいました。

そんなこんなの質疑応答のなか
幽霊といえば・・・圓教寺の話になっていきました。

以前、姫路の圓教寺でのリトリートの際
大広間で何人かの人と先生が幽霊を見たという話です。

スーッと歩いて行ったらしく
足はなかったとか。怖い。

私は見えませんでしたが
夜の座談会で幽霊を見ている
先生の姿が印象的でよく憶えています。
先生は天井をじっと見つめていました。

そんなものを見たら恐ろしくて恐ろしくて・・・・

先生は
「怖がらなくていいです。何も悪さしないんだし」

私 「そうですね、怖がるということは
   それに力を与えるということですね」

リトリートの最中に同調したのだから
恨みつらみの想念であるはずないですが

でも私は怖いという感覚が反射的に出てきます。
だから見ないのかもしれません。



1クリックしていただければうれしいです。
ブログランキング・にほんブログ村へ
応援ありがとうございます<(_ _)>






近所のある小さな一軒家が一時期空家になっていたとき
その家の庭の花壇跡に
一匹の猫がまあるくなって寝ているのを何回か見ました。

どこかの飼い猫なのか、野良猫なのか。
かなり年老いた感じのその猫が
お天気のよい昼下がり、
我が家の前をのっしのっしと歩きながら
その空家へ向かって行くのも何回か見ました。

毎日のように昼下がり、そこで寝ていたそうです。

安全で心地よい場所を見つけて
寝ているんだろうなと思っていました。

日牟禮八幡宮のお社の後ろの岩肌のような
ああいった場のエネルギーを動物は敏感に感じとることが
できるのでしょうね。


1クリックしていただければうれしいです。
ブログランキング・にほんブログ村へ
応援ありがとうございます<(_ _)>





瞑想の師、金井先生と先生の右手に座っているAさんが
霊や霊能などのことについて会話していました。
Aさんはかなり霊感の強い方のようで
質問というより、普通の会話のような感じでした。

そこへ先生の左手に座っているBさんが質問を
投げかけました。

先生はBさんのほうを見て、
『 あなたには霊はないです 』 と一言。
Aさんと霊のことを話し続けました。

しばらくしてまたBさんが質問をしました。
今度は一瞬、Bさんに何か言いかけようとされましたが
『 ん~~、やっぱりあなたには霊はないです 』

その様子を見ていた私たちは、おかしくておかしくて。
霊には興味のない私はその会話の内容がどういうものなのか
頭に入りませんでした。

私が興味を持ったのは霊の話ではなく
Aさんの事実がBさんの世界にないものということでもなく
そのことを先生が表現されたということでした。

ある日、私が先生に
「 私は人を顔で判断するんです 」 
と言うと
『 それは正しいですねぇ 』 

そして私に合わせて、ある有名な人物について
『 あの顔はおかしいですよ 』
(その人物が立派かどうかの事実以前に)
という話をされました。

きっと知の波動が中心波動の人となら
『 そんな人を顔で判断してはだめですよ 』
となって、違った話になったのではないかと思います。
でも知が中心波動の人はそんなこと言わないですね。

顔で判断するというのはもちろん美醜や人相学
によってではなく
霊感が働くといった類のものでもないのですが

たとえば
サッカーブラジル代表で、
今回のワールドカップで腰椎を負傷したネイマール選手。

イケメンで相当なプレイボーイだそうですが
なんて悲しそうな顔なんだろう
細い肩や胸を見て、大丈夫なんだろうか
と思っていました。

だからといって悲しそうな顔だから怪我をするとか
そういう話でもないのですが。

悲しそうな顔に見えたということ自体も
もっと悲しそうな顔の選手や、細い体つきの選手が
いるかもしれないし
誰かと誰かを比べてというものとも違うんです。

言葉にすると違ったものになってしまうので
〇〇でもないし××でもないしといった
消去法でしか書けません。

そうとしか思えない、確信になってしまうという
感じでしょうか。

私は私の世界で見ることしかできません。
なので自分に無いものを求めてしまうのか
自分と違った世界を見ることができる
自分とは逆のタイプの人に
魅力を感じることが多い気がします。

日本はワールドカップ残念でした。
第二戦目の二日前に、引き分ける夢を見ました。
勝ち負けや合否は夢と現実が逆になるので
引き分けの時はどうなるんだろうと思っていたら
結果も引き分けでした。


1クリックしていただければうれしいです。
ブログランキング・にほんブログ村へ
応援ありがとうございます<(_ _)>

1.jpg



占いという意味で夢というのは以前から気になるものでした。
この世に絶対というものはない、
もしあるとしたら絶対はこの世にはない、ということだけが絶対。

私はそう言いながら、夢は100パーセント。
夢からのメッセージは外れたことがない、絶対だと思っていました。

しょっちゅう見るものではありませんでしたが
そのメッセージは目覚める直前に、
人物や動物、物や情景などの静止画が多く
自分自身の行動のときもあります。
ストーリーにはなっていなくて感情も伴わず
そのものがただ見えるというだけのものです。

夢日記をつけようとしても覚えていられなかったのですが
夢占いとしての夢は目覚めた瞬間、はっきりと覚えています。

基本にあるのは中国式の夢判断ですが
それに自分なりの経験が加味されていきました。

でも、たとえば何かを始めるにあたって「失敗」を象徴する夢を見たとしたら
ああ失敗かぁ、それじゃぁやめておこう、になったとしたら
もちろんそれが正解のこともあるけれどそれだけでは意味がない
と思っていました。

また、自分ではどうにもできない事柄について嫌な予兆を見たとしたら
心配するという苦しみの種になるだけです。

夢なんて見ないほうがいい
100パーセントの夢占いをなんとか
その結果が絶対ではないようにできないものかと思っていました。
好い夢だけが当って、嫌な予兆の時は外れるようにという虫のいい話です。

そして今。
未来は今の自分が創る。
予言性のある夢だと思えたら
「 今の自分の在りようで今のまま進んだらそうなる 」
ととらえています。

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
ある日、私にとっては想定外で判断ができない嫌な夢を見ました。
自分の気になることが夢として出ているだけなのかどうか
そこにはメッセージ性があるのかないのかわからない夢でした。

先生に訊くと
「夢で起きたことは実現しないから大丈夫」

その後、とても幸せな夢を見ました。
夢で起きたことは実現しないから残念だと思いましたが
「それは正夢ですよ」と言われ

でも先生、以前夢で起きたことは実現しないと聞きましたが?

「良いことは実現する、その姿勢が大事」

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
表面意識ではどんなに心配していても
大丈夫な時は大丈夫だという夢を見ます。
潜在意識が大丈夫になっているから大丈夫になっていくのでしょうか。

夢はどこか自分とは別の場所から降ってくるというものではなく
まぎれもなく自分自身が見ているものです。
意識では夢にも思っていない出来事を夢が教えてくれるのですから
人間の潜在意識の素晴らしさに驚きます。

今までは夢を上手く活かすことができなかった私ですが
それは、夢を活かそうと思っていなかったから。
夢日記をつけ出したこれからは、素晴らしい潜在意識を活かすも殺すも
意思次第というところでしょうか。


ブログランキング・にほんブログ村へ
ブログランキングに参加しています。1クリックしていただければ幸いです。





私の感の波動の影響は霊感とは違うのですが
突如としていや~な予感がわいてくることがあり
そのいや~な予感は、まず間違いなく当ってしまうのです。
大したことではないですが先日もありました。

それと違って、たとえば頭であれこれ考えて
どう考えてもこれは悪い結果になってしまうと心配するようなことは
まず、ただの取り越し苦労で終わってきました。

それがわかっていて、あえて取り越し苦労して
不安な気持ちを紛らわせていたことがあったかもしれません。

おかしな表現ですが、
いや~な予感は胃のあたりからやってきて、
恐怖は二の腕で感じます。
取り越し苦労のときは頭と心臓あたり。
喜びは身体全部!!

このように私は「 感 」を肉体を通して感じることが多いので
(誰でもそういうものなのでしょうか?)
逆も真なりで、肉体を整えたいという気持ちが強く働きます。

肉体へのとらわれの現われかもしれません、
ただこれはあくまでも私個人の感覚を言葉にしたものです。

すべてを受け入れて自由になる
第11章 新しい道 変身と恐怖


恐怖を克服する唯一の道は、ひたすらその恐怖に直面し続けることによって
恐怖になれ親しんでいくことです。
何度も何度も恐怖を味わい、恐怖をつくりだしているのが、
自分の中にある自我だということに気づくことによって、
少しずつ恐怖の中に足を踏み入れていくことができるのです。


いや~な予感が大嫌いだったのですが
何度も何度も経験して

いや~な予感がする
どうしよう

ではなくて

いや~な予感は当る(私の場合はですが)
そのときにどうするかということを無い知恵を絞って考える
ということにしよう
そうするしかないと、なれ親しんできたのかもしれません。


ブログランキング・にほんブログ村へ
ブログランキングに参加しています。1クリックしていただければ幸いです。





オリンピックを観ています。
スポーツ好きの私は興奮と感動の二週間です

オリンピック不要論もあるようですが
開会式でも競技場でも
地球にはこれほどの国があり、人種が生きているんだということを
教えてくれるのはオリンピックに勝るものはありません!

サウジアラビアの女性柔道選手が宗教上
髪の毛を人前にさらしてはいけないということから
髪を黒いスカーフで覆って試合に出場できていました。

教科書で、○○○の国はどういう宗教があって云々と教えられるより
一目瞭然です。

ところで
応援している選手をテレビで見ていて
なんかいや~~な予感がすることはないですか?

日本のお家芸、柔道は試合前の表情が
テレビで映し出される時間も長いようです。

競技の前の選手の顔つきを見ていると
みょ~~に暗かったり、悲壮感が漂っていたり。

柔道は勝って当たり前と思われているので
その重圧に、命でも取られるんじゃないかとばかりに
緊張したり恐怖心を持っていることが顔を見ているだけで
わかる選手もいました。

これはだめなんじゃないかなと思っていると
そういうイヤな予感ほど当たってしまいます。

人間の顔、表情、体からにじみ出る雰囲気というのは
正直なものですね。

柔道は「柔道」のために
日本が勝ってあたりまえだという意識を超えないと
いけないのではないでしょうか?
日本人が他国発祥のスポーツに親しみ
頂点をめざしているのですから他国も同じです。

サッカー、バレーボール、テニス、バドミントン他
発祥した国以外が大者だというスポーツがほとんどです。
イギリスやアメリカが、サッカーやバレーボールは
自分の国が発祥の地だから勝たなければいけない
なんて言っているでしょうか。

それとこれはあくまで私個人の予想基準ですが
準決勝や準々決勝で、
まるでゴールに到達したかのような喜びようの選手は
優勝しにくいようです。
それでも、日本選手を応援するときには
嫌な予感も気のせいだろうなどと
ひいき目で見ながら応援していますヽ(^o^)丿


今日はとりとめなく
瞑想に関係のない思ったことのみを書いてしまいました ^^;


ブログランキング・にほんブログ村へ

ブログランキングに参加しています。1クリックしていただければ幸いです。


超能力は生活のなかでツキという形で現れるのがいいですが

事故に遭っても不思議と怪我をしないことがツキだとしたら
事故にも遭わず怪我もせず何も起こらない事は
もっとすごいツキだと思います。

先日、家の近くの交差点で車と自転車が間一髪
お互いが急ブレーキをかけて事故を免れたところに
出くわしました。

その交差点では何度も事故が発生しているのですが
以前死亡事故があったときもやはり車と自転車の衝突でした。
自転車が一旦停止をせず交差点を通り抜けようとしたということです。

一旦停止をぜず事故に遭ったのですから
ツキとか運とか言う以前の問題ですが
それでもあと一秒、家を出るのが早ければ、
または遅ければ事故にはならなかっただろうにと思ってしまいます。

自分はどういうツキを経験しただろうと考えてみると
大震災に遭遇したときに不思議に被害がなかったということが
想い出されますが

瞑想に出会えたことはラッキーでしたし
人との出会いや、良いことも悪いことも色々な出来事を重ねていくうちに
一見悪いように見えたことや、何もないことも
 「 有り 」 「 難い 」 こと イコール ツキだと
思えるようになりました。

よくまだ十代や二十代前半のものすごく若いスポーツ選手やタレントなどが
インタビューに答えて
「 感謝します 」とか言っているのを見ると

本当にぃ?( 一一)
そんなこと思えるの?その年で

とついつい思ってしまうくらい
私は若いころは「 感謝 」という言葉そのものさえ知らないかのように
生きていました。

感謝感謝と連呼する感謝病にはなりたくはないですが
それでも長い長い時間をかけて
感謝を実感するようになっていったように思います。

そこで瞑想と感謝の関係についての先生のお話です。
 
           瞑想すると心が開けてくる
                  ↓
      心が開けてくると物事をあるがままに見るようになる
                  ↓
          あるがままに見ることができると
                  ↓
     すべては自分の力よりもまわりのお蔭だということを理解し
           感じることができるようになる。
                  ↓
          まわりのお蔭だと理解し感じれば
         自然に感謝の気持ちが湧くようになる 

なるほど!ということは~~~

若くても物事をあるがままに見ることができる人は
感謝の念を持つことも可能だという事ですね。

疑ってごめんなさいね(-_-)


ブログランキング・にほんブログ村へ

ブログランキングに参加しています。1クリックしていただければ幸いです。


精神世界に興味をもつ人の一部には
超能力に魅せられて、という人もいるのではないかと思います。

1 + 1 = 2 では説明できない事
人間知を越えた「 何か 」
自分・人間 そのものへの興味からでしょうか
私は超能力を求めたことはありませんでしたが
なにか神秘的なものを頭から否定する気持ちはありません。

ただ、先生が以前おっしゃっていた言葉
「 どんな聖人でも火には焼かれる 」

やはりこの世の中では物質の力が強いのですね。

私の知り合いで
手のひらからロレックスの腕時計を出すというインドの聖人に会いに
インドに行きたいと言っていた人がいました。
知的で真面目な人でした。

百歩譲って本当に手のひらからロレックスの腕時計を出せる人がいたとしても
私は稼いでロレックスの腕時計をプレゼントしてくれる人の方が
素敵だと思うのですが・・・(^o^)

すべてを受け入れて自由になるの「 瞑想の本質 」 の中に

『 本当に霊性に返った人は、己の力を人に見せることを嫌います。
  それは、それらの力を見せることで人を迷わせるからです。  』
とあります。これこそ愛です。

その他、「 超能力について 」から抜粋してみました。

『 超能力は、すべての人間が持っているものですが、
  その人の過去の経験や  魂の個性によって、現れやすいものと
  現れにくいものがあります。

  元波動瞑想(金井メソッド) によって、波動が強くなり、
  かつ整ってくると、身の周りに、今までにないめぐり合わせや、
  幸運が起き始めます。 
  
  ある人と話をしなければと思っていると、
  その相手から電話がかかってきたり、長い間捜していたものが
  どこにあるかふと思い出したり、いわゆる第六感が冴えてきたり、
  事故にあっても不思議に怪我をしなかったりという具合に、
  すべてがうまくかみ合って、人生が順調になってくるのです。 

  元波動瞑想によって得られた超能力は、このような生活の中の
  現象として現れます。 

  前述のような、色々の出来事の噛み合わせが、
  うまくいくような人生を望むなら、大事なことは、
  それらの出来事をなんとなく経験しているのではなく、
  不思議なこととして認識することです。

  多くの人がそのような出来事に遭遇していても、
  単に最近はついているとか、調子がいいと感じるだけで、
  自分自身の波動に結びつけて考えないのです。
  
  自分自身の波動を感じ取ることができなければ、
  そのようなつきはしばらくすると逃げていってしまうのです。
  
  超能力は元波動瞑想の結果生じることがありますが、
  それを発展させるのは、元波動瞑想自体ではなく、
  我々のそれに対する意識なのです。         

  本当の自分を得ることによって現れた超能力でなければ、
  どのような方法で手に入れたにしろ、
  超能力は必ずその人に、それまで以上の不幸をもたらします。  』

超能力は生活のなかでツキという形で現れてくれるのがいいですねえ~~



ブログランキング・にほんブログ村へ

ブログランキングに参加しています。1クリックしていただければ幸いです。