FC2ブログ
~捨てる瞑想~

ご訪問ありがとうございます!
真理を探究する人はもちろんのこと健やかさ、愛、豊かさなど
現実生活での幸せを求める人にこそ実践していただきたいのが瞑想です。
ここでは金井メソッドのご紹介や精神世界にまつわる話などを綴っています。
ぜひ!一人でも多くの方に瞑想を知っていただきたいと願っています。


金井メソッド「 宇宙の現れとしての本当の自分 」を覆い隠しているものから
離れ余計なものを捨てていく瞑想です。

「本当の自分」で生きることができれば人は本来の能力を発揮でき
苦しみから解放され、現象面での幸せや心の平和を見い出すことができます。


巷では、物を捨てるための解説書や、お片づけ本が大ブームになっていますね。
物を捨てたり片付けたりで人生が変わると説いています。
これなどは、本当の自分でない自分で生きていることを漠然と感じ取り
自分の中の何か余計なものを捨てたいという気持ちの現れです。

どうせなら瞑想で 「 宇宙の現れとしての本当の自分 」 以外の
余計なものを捨ててみませんか?
きっと世界が変わっていくことを実感できるはずです。

私が瞑想をするきっかけになったのは金井系一郎先生の著書
「すべてを受け入れて自由になる」です。

すべてを受け入れて自由になる、幸せに生きるにはこの言葉に始まり
この言葉に終わるといっても過言でないとさえ思っています。
ただ、「受け入れる」ということの意味を取り違えられることが多いのが
残念ですが、本当の意味を理解し実践できればこの世は怖いものなし、
平和で自由な心で生きていくことができるはずです。

1. 瞑想で何を捨てるの?

2. 受け入れるということの本当の意味



この度の西日本大雨の被害を受けられました皆さまに
心よりお見舞い申し上げますとともに
亡くなられた方々へのご冥福を心よりお祈りいたします。

身近な方を災害で亡くされた方々の気持ちを思うと
胸が傷みます。


タイの洞窟からはようやく13人全員が救助されました。
ただ、救助隊員1人が亡くなったということがとても残念です。

引率のコーチはタイの元僧侶だったそうですね。
全員が洞窟の中で瞑想をしていたのが良かったのではないかと
マスコミで取り上げられていました。

瞑想者は、「やっぱり瞑想ってすごい」
と思ったかもしれません。

数十人が集合して瞑想をすることがありますが
私はその瞑想がとても好きです。

少年たちの恐怖心も軽減されたでしょうか。

でもなぜ、そんなところに入ってしまったの!
もう少し賢明さがあったなら、とも思わずにいられません。

そして、なんと洞窟にはお祈りのために入った
というではありませんか。

瞑想ってすごいとか、そういう話ではないな
と思って、なんとも言えませんでした。

1日も早くみんなの体力が回復することをお祈りしています。



応援ありがとうございます<(_ _)>





images (3)

今回のリトリートでは
エネルギー、チャクラ、悟りについてのお話しが
特に印象に残りました。

問題の多くがエネルギー不足、
エネルギーが強ければ少々何かあっても
どうってことないもの・・・・というところが特にというか

確かにそうだなと思えました。

リトリート中、久しぶりにお会いした方々と話しているとき
自分の自我の特徴という話題が出ました。

自我の特徴?というと難しい言い方ですが
心の平安を妨害する自分の性格
つまり「欠点」ということだすると・・・
多すぎてひとつに絞れません。

でも、ここ最近の生活の中から
思いついたこととしては
「こだわりの強さ」というものがあります。

自分が気になることには
自分なりにとことん向き合わないと気が済まないのです。
なぜ自分はこのことをここまで突き詰めたいのか?
その理由まで自分に求めて
自分なりの納得がお腹の中できてはじめて
飽きたりあきらめたりということになります。

誰に承認を求めるでもなく
自分の納得が欲しいだけなので
時間の無駄だったり遠回りになったりします。

「今はなんで幸せじゃないんだろう・・・おかしい」
漠然とした自分への疑問の答えも
探さなくては気が済まない性格のおかげで
瞑想に出会えたので
長所も短所も表裏一体です。

ただ、友人たちには「こだわりのない性格だ」
とよく言われます。

そういう人は私の日常生活面や対人関係を見て
言っているらしいのです。

もしかしたらこだわりを上手く隠しているのかもしれませんが
隠せるほどのものですから
やはりこだわりがない部分もあるのです。

人がどれほど日常生活面や対人関係で
こだわりがあるのか、
その人になってみることはできないので
自分との比較はできないと思っていますが

ある部分では〇〇だけれど
ある部分では〇〇ではない。

人の性格は単純ではないものですね。

そして、このブログの内容からでしょうか?
「ブレないですね」と言われますが
実はしょっちゅうブレています。

そんな性格ですが
「自分の内面と向き合うことに関して」
はとても好きです。

「自分の内面と向き合う」という世界へ振り向くと
劣等感も疑問も不安もありません。

どんなに切っても切っても捨てても捨てても
想念が蘇って来ようが気になりませんし

瞑想というのは良い瞑想、悪い瞑想というもはなく
成功も失敗もありませんが
瞑想を始めたころから
自分の瞑想が上手く出来ているかどうか
などということも気になりませんでした。

人がどんなに素晴らしい瞑想体験をしたと聞いても
うらやましいと思ったこともありません。

でも「ビジネスがとても好き」という人は
お金儲けが上手いのでしょうね。
それはとてもうらやましいです。

自我から離れることに努めていて
「まだまだだなあ」とは思っても
「よし!気付いた!ここからだ!」
「早く瞑想したい」
というような気持ちでいられます。
だからといてすぐにどうこうとはなるわけではないのですが。

私の強さは、「精神世界で成長したい」
という気持ちの部分だけで発揮できています。

でも最近は他の面でもかなり強くなってきたかもしれませんが。

瞑想中に劣等感も疑問も不安もなくなる、という意味ではなく

自分の内面と向き合う世界が自分にある
ということが大好きなので、
どんな瞑想かなんて気にならないのだと思いました。

エネルギー(瞑想への)が強ければ
何があってもどうってことはないもの
ということなのかもしれません。






応援ありがとうございます<(_ _)>




ダウンロード (2)

瞑想を始めた頃、
瞑想をしていくことで何を求めるのか
という問いに対しての私の答えは
 「心の平和や平安」 でした。

その頃、悩みがなかったわけではないのですが、
今思えば時間のムダでしたね。
でも人間ってそんなもの。

たとえ幸せだと思える状況や環境が手に入ったとしても
それを失う不安があったり
良いことがあったとしても、
その良いことが続かず、
きっとまた何か不満や不安を見つけて
不幸を探してしまうはずだと思っていました。

心の平和や平安というと
のほほ~んと生きることだと勘違いされそうですが
のほほ~んとは違います。

たとえばアスリートのように、
勝ち負けが重要で
肉体の限界に挑戦する人は

「平常心」と言うことはあっても
心の平和や平安などという言葉は
絶対出てこないのだろうな
と思いながらオリンピックを見ていました。

確かに激しく強さが必要なところに
身を置くことは、心の平和が乱れることが
多くなるのは仕方がないことだと思います。

でも、生まれながらの個性として
アスリートや勝負の世界で生きる人でも

やっていることそのものが
本当にやりたいことで

そんな自分自身に葛藤や不安がなく
充足感がある状態なら
心は平和な状態と言ってもいよい
のではないでしょうか。

前回、瞑想の即効性などと言ったのですが
即効性といっても些細なことがほとんどです。

そして、それは
瞑想以外の時間、日々の生活の中で
自分にとっての幸せは何なのか
自分が求めているものは何なのか
今の問題の原因っていったい何なのか
どうすれば良くなるのだろうか
それらを手に入れるためにはどうすればいいのかなどを

一生懸命考えたり努力することの応えとして
(答えではなく)
瞑想中の即効性があるだけですね。

そういう意味からいうと、
心の平和を目標に長く長く瞑想をしてきて
今あえて思うのは

瞑想は大切だけれど
自分の心や行動がどちらを向いているのか
どういう心境で暮らすのか
ということのほうが大切なのではないかな
ということに行きつきました。

私は瞑想の力なしでは
そこに行きつけなかったということでした。



応援ありがとうございます<(_ _)>







2018.01.31 瞑想の即効性
ダウンロード 11

瞑想の効果は、自分自身ではあまり気づかないかもしれません。

でも、たまに会う人には、瞑想をしている人の変化が
わかるそうです。

瞑想を1枚の布にたとえてみます。

布の縦の糸は
長く瞑想を続けていくうちに
その人の在りようが変化して
その結果、それまでの苦しみや
行き辛さが軽減している
というものです。

そして、私にとっての
瞑想という布の横の糸は
「 これほど即効性があるものを他に知らない 」
というものです。

たとえば、最近では瞑想中に体が大きく動くことは
少なくなりましたが
その代わり、人が見てもわからない
体の中に強めの体動がいつもあります。
気持ちも軽くなります。

これはとても嬉しいことなのですが
ひとたび瞑想に入るときには
そのことを求めないようにという心構えだけは
持つようにしようと思っています。

人様に瞑想をお伝えするとき
瞑想の縦の糸をお話しすると思います。

横の糸は、あくまで個人的感想で
ご利益的に解釈されると困るからなのですが

そういえば、つらそうな人に瞑想をすすめたとき
すぐに自分の苦しみをなんとかしてもらえるものではない
と思われたようで、興味を示してもらえないこともありました。

ただ、私の横の糸には難点があります。
即効性はあるのですが
持続性がまったくないのです。

持続性がないので瞑想を続けなくてはいけません。

横の糸は、よく眠れるとか
なんとなく気が楽になった、など
人それぞれ

もしかしたら、
よくわからないけれど
なぜだか瞑想したくなる
という人もいるかもしれませんね。

そして縦の糸は、長い年月をかけて
見えて来るものだと思います。




応援ありがとうございます<(_ _)>









「初めての人のための瞑想講座」 を受講してきました。

初めての人へ瞑想を伝えるための勉強になる、
と思っての参加でしたが
そんな動機はどこへやら。
テクニックを学ぶような気持ちはなくなっていました。

みんなでする瞑想の実践もあり
初めての方々が瞑想をし、
それについて質問するのを見ていると
とても嬉しかったのです。

いやだいやだといいながら・・・
自問自答です。

人との比較ではなく以前の自分と比較して
瞑想を続けてどう変わったか?
というお話がありました。

私は
 「 深いところとつながっている感覚 」 ですね。




応援ありがとうございます<(_ _)>






以前、ここで
私にとってスポーツは
スポーツそのものや体を使って楽しむということが
第一義なのではなく、そのことで心が動いて感じることが重要、

そして特に今は、
スポーツは人とコミュニケーションをとるツールのひとつで
楽しさを分かち合ったり自然を感じてリフレッシュできたり
感の波動を生かせていると思う。

ということを書いたのですが。

もちろんそれも大きいのですが
もうひとつ大切なことを忘れていました。

たとえなかなか上手くならないときでも
人に教えてもらって、練習の仕方を工夫したり、
どうしたら上手くなるだろうとか
あれやこれや考えたり

そして、少しずつでも上手くなっていると
実感できるときには本当にうれしいし楽しいのです。
ちょっとオーバーですが
昨日の自分に勝つ、みたいな気分です。

なにがなんでも体を動かしていたい
というタイプではないけれど
スポーツすることは心身の健康に役立っています。

どんなことでも創意工夫して
少しでも進歩したいという欲求があるのだろうなと思います。
進歩するための創意工夫が好きです。

瞑想は、より楽に、心が自由に、
楽しんで生きることができるためにやっています。
瞑想そのものにたいする進歩というのではないので
スポーツとはちょっと違いますが

でもその道を歩くという意味においては
やっぱりいろいろな創意工夫があると思うのです。



応援ありがとうございます<(_ _)>





望むように生きるために セミナーは

「 汝自身を知れ 」
ギリシャのアポロンの神殿に刻まれていた言葉です。
私たちは2000年もの間
自分自身を知ろうとしてきて、
なかなかわからないのです。
決して簡単なことをしているのではなく
かなり難しいことをしようとしている
ということを知ることが大事です。
でも知ることは難しいけれど
知ろうとすることは誰にでもできるのです。

というようなお話から始まりました。

自分を知ることはとても難しいという言葉は
とてもうれしく感じられました。

もし瞑想をしていても
自分には何もない、何の取り柄もない
などと思っている人がいるとしたら
瞑想をして自分を観ること、
自分を知りたいと思っていることは
すごいことで、
しかも自分を知るということは
自分にしかできないことを
やっているのだと伝えたいです。

悲しみや苦しみなどないほうがいいのは
当然ですが、
その悲しみや苦しみを背負ってきた人は
知るという作業が、より深く濃密になるのでは
ないでしょうか。


クリックしていただければうれしいです。


応援ありがとうございます<(_ _)>









熊本地震ではまだまだ余震がおさまらず
被災された皆様は大変な日々をおおくりのことと思います。
改めて亡くなられた方々にお悔やみ申し上げますとともに
被災された皆様にお見舞い申し上げます。
そして九州の一日も早い復興をお祈りしています。

自然の前で人間というのは本当に非力だなあと
思わずにはいられません。

年の波動の想定外の出来事というのは?の問いの
答えのひとつである天災について

それは地震でしょうか?という私の問いには
先生は何も答えられませんでした。

そしてなんとか回避はできないものなのでしょうか?
という問いには

自然災害は回避不可能でしょう
準備しておくだけです。
と先生は言われました。

そのとき回避不可能というのが
自然災害というものが起こることは
いつなんどきでも人智では回避不可能という意味だったのか・・・?
今年回避不可能なのか(たぶんこちら)

阪神淡路の震災の日、
私は、親戚のところに
コンサートのチケットを届ける予定にしていました。
久しぶりに従姉妹たちとゆっくり話ができるはずでした。

震災前夜、お布団に入り眠りにつこうとしているとき
早く行かなくては、早く行かなくては!!
という焦燥感が込み上げてきたのです。

後になってから、ああいうのを胸騒ぎというのだろうか
と思いました。

結局届けられず、当時東京に住んでいた友人が
同じものを取り寄せてくれて
親戚のところに直接郵便で、送ってくれました。

自然災害に対しての準備というのは
どういうものがあるのでしょうか。

いつ何が起こるかわからないという考えを持っていれば
住む場所や家を建てる際のさまざまな選択が
危機管理がないときのものとは違ってくるということ、

日ごろから避難場所の確認や
もしもの時の行動のとり方や連絡のとり方を
家族や地域で決めておいたり
自分の中でシミュレーションしておくこととか。
防災グッズの準備などが思いつきます。

そして私にとってはああいう意味不明の感覚が出てきたときは
何か分からないけれど一呼吸置くことができたり
できればちょっと気をつけようと思えたいです。
それも準備のひとつに数えられるように思います。
ただ何が起こるかわかるという予知めいた意味ではありません。

瞑想で心を開いて想いから離れ自分を観ることができる訓練
(ここではあえて訓練と言わせていただきます)
をし続けることですね。

非力だけれど人一人が生まれてきて
生かされているということの神秘を感じずにはいられません。


1クリックしていただければうれしいです。

応援ありがとうございます<(_ _)>