FC2ブログ
~捨てる瞑想~

ご訪問ありがとうございます!
真理を探究する人はもちろんのこと健やかさ、愛、豊かさなど
現実生活での幸せを求める人にこそ実践していただきたいのが瞑想です。
ここでは金井メソッドのご紹介や精神世界にまつわる話などを綴っています。
ぜひ!一人でも多くの方に瞑想を知っていただきたいと願っています。


金井メソッド「 宇宙の現れとしての本当の自分 」を覆い隠しているものから
離れ余計なものを捨てていく瞑想です。

「本当の自分」で生きることができれば人は本来の能力を発揮でき
苦しみから解放され、現象面での幸せや心の平和を見い出すことができます。


巷では、物を捨てるための解説書や、お片づけ本が大ブームになっていますね。
物を捨てたり片付けたりで人生が変わると説いています。
これなどは、本当の自分でない自分で生きていることを漠然と感じ取り
自分の中の何か余計なものを捨てたいという気持ちの現れです。

どうせなら瞑想で 「 宇宙の現れとしての本当の自分 」 以外の
余計なものを捨ててみませんか?
きっと世界が変わっていくことを実感できるはずです。

私が瞑想をするきっかけになったのは金井系一郎先生の著書
「すべてを受け入れて自由になる」です。

すべてを受け入れて自由になる、幸せに生きるにはこの言葉に始まり
この言葉に終わるといっても過言でないとさえ思っています。
ただ、「受け入れる」ということの意味を取り違えられることが多いのが
残念ですが、本当の意味を理解し実践できればこの世は怖いものなし、
平和で自由な心で生きていくことができるはずです。

1. 瞑想で何を捨てるの?

2. 受け入れるということの本当の意味



得意なことというのは、
あってあたりまえの能力だから気付きにくい。

それに加えて、得意なこととして分類し、
認識しにくい種類だから気付かない
という側面もあるのではないでしょうか?

数字に強くて経理の才能がある、
手先がものすごく器用で物作りの職人をしているなど

仕事として活かしやすい得意なことを持っている人は、
とてもわかりやすいですね。

ところが、金井先生が例えられていた
ユーモアがあり冗談が上手いということは

お笑い芸人や漫才の台本を書く脚本家にならないなら
仕事に結びつくわけでもないし、

したがって社会から評価を得られる、
ということに直接つなげられないと思ってしまいそうです。

冗談が上手いということは自分で知っていても
そんなことを得意なこととしてもいいの?
とも思ってしまいそうです。

でも、シビアなビジネス社会に生きている人が
ユーモアがある、冗談が上手いことを抑圧することなく
人を傷つけず職場で表現できれば、
人を楽しませ場を和ませることができます。

自分も個性を抑圧しないのでイキイキできる、
イキイキして、人から好かれたり面白がられたりすれば
仕事に好影響をもたらさないはずがありません。

要領が悪いけれど実直でコツコツ努力できる
要領が良く抜け目がない
というようなことも得意なことに数えてみてはいかがでしょうか?

仕事としては、こういう得意なことがある
コミュニケーションの場で発揮できるのはこういうキャラクター
全人格的には、こういう傾向がある
どれにも分類できないけれど、なんだか得意。

そう考えたら、一人の人がいくつもの得意なことを
持っていると言えるのではないでしょうか?


私が仕事としてできる得意なことというのは
決して好きなことではなく
しかも若い頃はそういうことが得意だなんて
思ってもいませんでした。

でも仕事に関わらず、確かに感じられることや感覚
「共感」をキーワードに活かすようにすると
上手く行きやすいようです。

できればこういうことを仕事にしてみたいな
ということはあるのですが
それは残念ながら、どうも向いていないようです。





応援ありがとうございます<(_ _)>







ユーチューブで金井メソッド 瞑想 好きなことと得意なことの活かし方がアップされています。

それに因み今回は、私自身の好きなことと得意なことをお話ししてみたいと思います。

2日続けて電車の中で乗客同士、
喧嘩をしているのを目撃したことがあります。

争いごとを好まないこの日本で
2日も続けて見ず知らずの他人同士が
喧嘩をするところを目撃するなんて、そうあることではないですよね。

これは共時性に間違いないなと思いました。

ちょうどその頃私の友人2人が、もめ始めていました。

同じ車両の中で喧嘩が始まったら、巻き込まれないように
注意しませんか?

それと同じで、友人たちのもめ事に自分は巻き込まれないようにしよう、
と気を付けることにしました。

それから数年後のある日
家の洗濯機が突然カタカタと変な音を出し始め脱水できなくなりました。
すすぎまではできるのですが、
脱水になると止まります。

洗濯機の寿命はおおよそ10年と言われているそうです。
20年近くもってくれたので、
修理など考えることもなく買い替えることにしました。

その翌日です。
電車に乗っていると、目的駅の手前で徐行運転をし始めたのです。
そして、電車を降りて駅まで歩いても、
1分とかからないだろうというところで
電車は停止してしまいました。

すると「今朝、電車内で異音がし、点検を実施したため
順次電車に遅れが発生しています。
ただ今、信号待ちをしています」

というような車内アナウンスが流れました。

異音?
私は異音という単語にひっかかりました。

洗濯機が壊れる前に変な音を聞いた
次の日だったからです。

電車が止まった原因が異音だなんて。
何かの共時性かもしれない・・・
突然止まるという共通点もあります。

ただ、このときは半信半疑でした。

もし共時性だとしたらその意味は?
そもそもこれは本当に共時性なのか?
他に何か気付いていないけれど
似たようなことはなかったか?

グルグルそんなことを考えていました。

おかげで電車が突然止まっても
退屈もせずイライラもせずに済みました。

この日は少々電車が遅れても、差し障りのない
シチュエーションだったのですが
自分自身に呆れるというか、笑いそうになりました。

そんなことを考える前に考えることがあるでしょ!
自分自身に突っ込みを入れたくなったのです。

結局、洗濯機の故障と電車の異音は
共時性というほどではないかもしれないけれど
バタバタしやすい時期だなとは思いました。

そしてこのとき、私はよほどこういうことを考えるのが好きなんだなあ
ということに気付いたのです。

でも、これは好きなことというより得意なことだと今は思っています。

無意識的な思考回路ですし
そういうことを考える自分が
以前は嫌いだったからです。

科学的ではなく、数字や数値で表されることでもない
ともすると迷信めいたことと捉えられるかもしれませんから。

それが徐々に、そしてときどきグンと
そういう自分を好きになってきたように思います。

共時性を意識した2つの出来事でしたが、
何も共時性に限ったことではありません。

目に見えないこと、科学的なことではないけれど
確かに感じられることや自分の感覚を信頼し

そのことを基に、自分や周りの人の
健康でも仕事でも人間関係でもですが、
いかに現実生活をより良くできるかを考えたり
創意工夫をすることが好きで得意なことです。

もしかしたら、自分や周りの人の現実生活をより良くするということは 
得意なことではなく自分が得意なことを活かす場
なのかもしれませんが。

創意工夫する中で、苦手なことに出くわすことは多々あるのですが
そのときはまた、自分の勘や感覚を信頼することにしています。

瞑想に興味を持つ人の中には
自分にあまり自信が持てない
得意なことがよくわからないという人もいるのではないでしょうか?

そういう人の中にも、
苦しみから逃れるためであっても
瞑想に興味を持ったということそのものが、
得意なことにつながっている人がいるかもしれませんね。





応援ありがとうございます<(_ _)>








先ごろ、昭和史を彩った
永六輔 、ザ・ピーナツ、大橋巨泉が相次いで亡くなりましたが
時代が平成へと変わろうとする頃
昭和天皇はもちろんのこと、
昭和を象徴するかのような
石原裕次郎、美空ひばり、松下幸之助 が
2年くらいの間に相次いで亡くなった時
使命というものを持って生まれてくる人がいるのだろうな
と思ったものです。

それは、その頃の私にとっての「 使命 」というのは
選ばれし、ある特定の人々のみが持つものという
認識だからこその思いでした。

その頃ならそういった使命を持った人の人生に
価値があるかのように思ったかもしれません。

その後瞑想を始め、
使命発見セミナーなるものに出席したとき
魂の個性を生きるという
使命というものの本当の意味を知りました。

自身の魂の個性を生きることで
時代や他の大勢の人生にリンクし影響を与える場合も
あるのでしょう。

なぜ命は大切なのか。

伊豆高原や琵琶湖でのセミナーのときでしょうか
光源である根本性(感)=命
すべての命には
自分が存続し続けよう、減らしたくない、生き続けたい
という欲求、エネルギーがそもそも内在していて
それは大切なもの。

という命の本質の説明を聴きながら
命のエネルギーを言葉で表現すると、
そうなのか・・・
とうれしく思いながらメモをとり続けました。

私は、なぜか以前から
神様に与えられた命だからだという考えは
あまり好きではありませんでした。
もちろん両親に与えられた命だからという考えも。

その理由は、命というのは
はそういった考えに及ばないものだと
感じていたのかもしれないと思いました。

そして今も日々の瞑想で
頭で知るということから、
この命を感じるということを細々続けています。


1クリックしていただければうれしいです。


応援ありがとうございます<(_ _)>






親しくしていた方が亡くなりました。
生活のあらゆることをご主人が取り仕切っていて
とてもマメで楽しく優しいご主人を亡くした
その奥さんの寂しさがいかばかりかと
見ていて心配でしかたありませんでした。
お子さんはいなかったのですが
仲のいいご夫婦でした。

奥さんが若い頃大病を経験し
みごと克服したことも
お互いの思いやりに影響しているのではないだろうか
などと勝手に思っています。

ご主人を亡くして一人暮らしになったその人の
気持ちがすこしでも楽になればうれしいと思い
ときどきおしゃべりをしに行って
5分~10分の瞑想を一緒にしています。

瞑想のやり方を簡潔に説明しただけで
難しい話は一切なしです。
ひとつの健康法のように思われているようですが
それでもいいし、
私が行くことで一日誰とも話す日がない
という日が少しでも減ればいいかな
と思っています。


その昔、私が10歳の頃のことです。
親戚の家に遊びに行った時
20歳すぎの親戚のお姉さんが父親と何やら
険悪なムード。
勘当だ!と言わんばかりでした。
私はそのお姉さんの部屋に入っていって
子供ながらに一生懸命なぐさめたり、
はげましたりしていました。

それを見たまわりの大人たちは、
この子が一生懸命なぐさめたていたと言って笑っていました。
その笑いの中には、
こんな子供が大の大人をはげましている、
無理なことなのに
というようなからかいの気持ちがあるように感じ、
とても気恥かしく思ったのを憶えています。

今、幼い頃と同じようなことをしているなと思いながら
自分ができることはこれくらいだからという気持ちと
私自身がそうすることで心が軽くなるからです。

できることなら大人は
子供が少々おろかなことをしていても
からかうということはして欲しくないなと思います。


1クリックしていただければうれしいです。
ブログランキング・にほんブログ村へ
応援ありがとうございます<(_ _)>






楽しくて、幸せだと思えて、
自分らしく居られたと感じられた出来事
しかもそれは幼い頃から現われていたようなこと
となると
あのふたつの出来事が迷いなく出てきました。

そして満天の星を見上げながら
星座観測をしたときのことも入れようかな
と考えたように思います。

この世の、そして宇宙の不思議や美しさに
心ひかれるようなところも多分にあって
それが今、瞑想をしていることにつながっています。

それにしても、どうして自分の魂の個性をすんなりと
言語化できなかったのだろうと考えると
やはり、そういうのはイヤだと思ってしまったから。

使命発見セミナーという名前に気負ったのかも
知れません。

もっと感動的な大それたことが出てきてほしいと
思ったのかもしれません。

あの頃は自分の魂の個性のことを
好きではなかったのだと思います。

あってあたりまえの自分の個性って
なかなか自分では気がつきにくいんじゃないでしょうか。



1クリックしていただければうれしいです。
ブログランキング・にほんブログ村へ
応援ありがとうございます<(_ _)>




2015.06.28 私の魂の個性


おさななじみのEくんの死を知ってから
3か月以上たちました。
たった7年の縁、
といっても0才から7才なので
親同士が仲がよかったからともいえ、
親の縁が希薄になったら
子ども同士も離れてしまったにすぎないような縁でした。

ただ子どもといえども、好き嫌いや、
虫が好く好かないということはあったはずで
実際、虫の好かない子もいました。

大人になってから母からEくんやそのお母さんの話が出るたびに
Eくんと私はそれはそれはよく遊んでいたという話になりました。

私はEくんとはただの一度も喧嘩をしたことがなく、
いっしょに遊んでいてイヤ~な感じを持った記憶もなく
よほど気が合ったのか、
Eくんが穏やかで楽しい子どもだったのだろうな
という想いを持っていました。

世のため人のために何かをするとか
何かを成し遂げるといった使命ではなく
自分の魂の個性、自分にとっての幸せを見つけるための
使命発見セミナーを受講するにあたって

あらかじめ、
自分のこれまでの人生でわりと幼い頃から
自分が自分らしくいられて喜びや楽しさ、
幸福感を感じた事や出来事、好きなこと
などを自分のこれまでの人生の中から
選び取るという作業をしていきました。

私が選び取ったのは
8才~12才までの間の出来事でした。

ひとつは小学校5年生か6年生の、
ある昼下がりの授業中
真ん中よりやや後ろのほうの席に座っていた私は
そこにいるクラスメイトすべての人が完璧だ
という感覚を覚えたのです。
まわりに、いじめ問題など存在していませんでしたが
それでも、眉の形が変だ!といって男子生徒にからかわれて
少しはいやな思いをすることもある女の子も
勉強のできないあの子も・・・

受け入れるという言葉など知らないときですが
その場を人をそしてそこにいる自分自身を受け入れていると
始めて感じたのかもしれません。
とても平和であたたかな感情が
胸に広がったのが印象的で選びました。

もうひとつは、8才~12才くらいまでの間
親戚一同が夏になると集まり
野山や海を駆けまわっていたときの
解放感や喜びを選びました。

それらの出来事から自分の魂の個性を
言葉で表現しようという試みでしたが
そのときは抽象的な表現でしか表せなかったのです。

今年に入ってEくんの死を知ってからというもの
幼い頃のEくんの笑顔、声まで想い出しました。
そして魂の個性を見つけ出す作業のときに
自分で選び取ったあの二つの出来事と
Eくんと遊んだ日々は同じだなと思ったのです。

そんなことを考えていると
Eくんに対して、そしてなにに対してかわからないのですが
感謝の念が込み上げてきました。

私の魂の個性のキーワードは、
身近な縁のある人々、
平和であたたかで楽しい空間
そして日常の生活、自分が居る場所でしょうか。

常にとても気の合う身近な人、つながりに
恵まれ生きてきたようです。
自分が恵まれているだけではなく
私もなにかできることがあるかもしれません。

先生には

自分の子供時代のように昔のことを思い出すのは、
それを知る必要があるときに起きることです。
そういうことを知ることは人生にとって大事であり、
いつも忘れないようにすることで、
自分らしく生きることがしやすくなります。

とアドバイスいただきました。

琵琶湖での瞑想会、早朝の屋上でアサナをやりました。
身体を左右にブランブランとさせるものがあるのですが
肩と腕だけをブランブランとさせるときより
腰から上をブランブランさせるときのほうが
動作がゆっくりになります。
そうしないとブランブランさせられません。

そして足首から上をすべて左右にブランブランさせるときは
よりゆっくりになることについて
先生が、何事もこのことと同じで
根本から動かそうとするときはこういうふうに
ゆっくり時間がかかるもの
というお話をされました。

私は使命発見セミナーを受けてから
20年以上たちました。
これまでにも少しずつ
具体性を帯びてきていた魂の個性ですが
より具体的に表現できました。



1クリックしていただければうれしいです。
ブログランキング・にほんブログ村へ
応援ありがとうございます<(_ _)>






お気に入りでときどき訪問させてもらっている
とあるブログで先日、
野生動物と心を通わせる不思議な能力を持った
ティッピという少女のことを知りました。

フランス人の野生動物専門カメラマンを両親に持ち
アフリカのナミビアで生まれ10歳になるまで
野生動物、ゾウやカバやヒョウ、爬虫類たちと過ごしたそうです。

ティッピに動物たちとすぐに仲良くなる能力があることに気づいた両親は
ティッピと野生の動物たちの写真を撮り続けました。

自分の頭より大きなうしがえるを愛おしそうにギュッと抱きしめている写真。
カメレオンとキスをしている写真。
5トンものゾウの鼻にしがみついて幸せそうな写真。
ヒョウの頭を撫でたりライオンとお昼寝をしている写真。

私は爬虫類なんて気持ち悪くて近付きたくないので
うらやましくもなんともないし
ヒョウとお友達? 信じられない。絶対いやです。

でもその写真の数々を見て、ちょっとした、
いえかなり感動を覚えました。
それは、動物たちと心を通わすことができるというその能力や
その姿を見ての感動ではありません。
自然と一体となっている姿を見ての感動でもありません。

ティッピという少女の野生動物への愛おしいという気持ち
喜びや楽しさが伝わってきたからです。

最近つくづく、好きなように生きたい
自分が楽しい、好きということを意識したいと
思うようになってきました。

何と心を通わすかなんて人それぞれ、好きでいい。
動物が好きな人もいるし人間が好きな人もいる
切手に心を開く人もいるし電車に心を奪われる人もいる
自分が好きだと思うものを好きだと思うだけ。

何々が嫌い、ということも
嫌うということを好きでやっていると言える自覚があればいいかな
って思っています。

そして、そんなこと言って、
そんなに好きにやっているように見えないけど?
ってもし言われたら
今は好きにやっているように見えないようにいることが好きなんです
って答えます。


1クリックしていただければうれしいです。
ブログランキング・にほんブログ村へ
応援ありがとうございます<(_ _)>



天皇陛下の心臓手術を担当した天野篤教授は年間執刀数が400件以上
日本の心臓外科医の平均が50件だということですので信じられない数です。

メディアによると月曜から金曜までは病院に泊まり込み24時間体制の生活を
30年近く続けているそうです。
生き伸びるためではなく患者さんの生きる喜びを取り戻すための手術を行うという
姿勢に感動しました。

ある時期の私なら、
「患者さんを助けるという使命感や人の命を救うことがすばらしい!!」
ある時期の私なら、「もっと自分を大切にしてもいいのに」
そう思ったかもしれません。

10000万人の命を救うことができる人もいるし
ほのぼの生きてその笑顔が周りの人に喜びを与える存在の人もいる。

今は・・・・
魂の個性というのは立派だとかそうでないとかはまったく関係ない。
魂の個性って人間の数だけあって素晴らしい。
人からどんなに過酷そうに見えてもそこに魂の喜びを感じるなら、
そう思えます。

手術では圧倒的な経験値だからこそ危機的な場面で
次の一手を導き出すことができるそうです。
どんな分野でもそうですが。。。

圧倒的な経験値といえば!!
私は母が作ってくれたたまご焼きを見ただけで
その味がわかります

毎日のお弁当に、遠足のお弁当に、
そして家で食べるたまご焼きも
少々アバウトな母は作るたびに味が違います。

お弁当に入っているたまご焼きやだし巻きを見て
今日はダシなし、今日は塩だけ、今日はダシと塩と砂糖入り、
今日は残念 
今日はイケる 

言葉に表せない微妙な味わいの違いも見ただけで想像できました。
食べる前の目で見た想像どおりの味を楽しんだものです。

このことは母の作ったものに限ったのですが
もの心ついた幼いころから膨大な数の
母のたまご焼きを食べたからこそです。

なんだかとっても低次元の経験値です。



1クリックしていただければうれしいです。
ブログランキング・にほんブログ村へ
応援ありがとうございます<(_ _)>