FC2ブログ
~捨てる瞑想~

ご訪問ありがとうございます!
真理を探究する人はもちろんのこと健やかさ、愛、豊かさなど
現実生活での幸せを求める人にこそ実践していただきたいのが瞑想です。
ここでは金井メソッドのご紹介や精神世界にまつわる話などを綴っています。
ぜひ!一人でも多くの方に瞑想を知っていただきたいと願っています。


金井メソッド「 宇宙の現れとしての本当の自分 」を覆い隠しているものから
離れ余計なものを捨てていく瞑想です。

「本当の自分」で生きることができれば人は本来の能力を発揮でき
苦しみから解放され、現象面での幸せや心の平和を見い出すことができます。


巷では、物を捨てるための解説書や、お片づけ本が大ブームになっていますね。
物を捨てたり片付けたりで人生が変わると説いています。
これなどは、本当の自分でない自分で生きていることを漠然と感じ取り
自分の中の何か余計なものを捨てたいという気持ちの現れです。

どうせなら瞑想で 「 宇宙の現れとしての本当の自分 」 以外の
余計なものを捨ててみませんか?
きっと世界が変わっていくことを実感できるはずです。

私が瞑想をするきっかけになったのは金井系一郎先生の著書
「すべてを受け入れて自由になる」です。

すべてを受け入れて自由になる、幸せに生きるにはこの言葉に始まり
この言葉に終わるといっても過言でないとさえ思っています。
ただ、「受け入れる」ということの意味を取り違えられることが多いのが
残念ですが、本当の意味を理解し実践できればこの世は怖いものなし、
平和で自由な心で生きていくことができるはずです。

1. 瞑想で何を捨てるの?

2. 受け入れるということの本当の意味

誰にとっても死というのは一番怖いものなんじゃないかなあと思います。

若くて自分にとって死は、関係のないものとどこかで思っているような人でも
突き詰めたらすべての恐怖の先には「死」というものがあるような気がします。

私も、「自分は死なない」と思うようにしているフシがありました。
それは本当は死がとても怖いから。

そして、自分の周りの人間の死に対しての恐怖や悲しみというのを
ことさら強く持っていたようです。

私ごとで言うと、愛する人の死と、もうひとつ苦手というか
苦しみを与えるものに「後悔の念」というものがありました。

後悔先に立たずです。過ぎたことはもうどうしようもない事で
時間を戻すことはできませんから、とてもつらい思いをします。

私が苦手だった「愛する者の死」と「後悔」

この二つが重なること、たとえば震災で
愛する人を助けられたかもしれないのに亡くしてしまった方の苦しみは
いかばかりかと胸が痛みます。

そんな方に金井先生が出版された

「死者はほほえむ」

をぜひ読んでいただきたいと思います。

死んだ人は苦しんでも悲しんでもいない。

ほほえんでいる
ということがわかればどんなに心が軽くなるでしょう。


ブログランキング・にほんブログ村へ
ブログランキングに参加しています。1クリックしていただければ幸いです。



皆既月食見ました?

とても寒かったですが、月も星もとてもきれいでしたね。

私は子供のころ、月や星を眺めるのが好きでした。

いったい宇宙はどうなっているんだろうと、不思議でたまりませんでした。

それと、当時はインターネットなどなかったですから

百科事典で見る人体の絵にとても興味を持ちました。

人体といっても、身体の中を絵で解説しているものでしたが

これも宇宙と同様に神秘的でした。

自分のこの身体の中にこんな臓器がたくさんあって

何もしないでも勝手に働いてくれて自分の身体が生きているということが

不思議でした。

金井先生が主宰されている元祐波動会

以前、一年に一回くらい使命発見セミナーというものをやっていました。

子供の頃に自分らしくいられた時はどういうときだったかとか

本当に楽しいと思うことは何をしているときだったかだとか

そういうことを書きだして、自分の使命を導きだしていくというものでした。

使命といっても、世に云う社会への貢献だとか人助けだとか

そういったものではなく

「宇宙の現れとしての本当の自分としての個性」

魂の個性というものを導き出していくものです。


自分の使命がはっきりとした職業として導きだされる人もいるようですが

私は職業という形はとらず、もっと抽象的な言葉で表しました。


その言葉を導き出す過程で

私は月や星を見ることが好きだとか、人体の絵に興味を感じたということは

まったく忘れていました。

もともと好奇心旺盛で色々なものに興味を持つほうだったので

これらのことは、その中の一つだったですし

たぶん、月や星や宇宙のこと、人体のことというのは

あまりに神秘的すぎて自分ではどうすることもできない世界のことで

自分が立ち入る世界ではないと思ったようです。

まあ、そこで天文学とか医学に興味を持つような頭脳もなかったですしね。

でも、今思えば、宇宙と人間(自分)、それらの関係にとても惹かれたようです。


使命発見セミナーには何回も参加する人がいると聞いたとき

そんなの何回も受けるもの?

と思ったのですが、

皆既月食で月を見ていて、子供のころに興味があったことを思い出したくらいですから

瞑想を続けていく中でそういったセミナーに何回か参加することで

蓋をしていた心が開き、好きだったことを思い出していくこともあるかもしれないですね



ブログランキング・にほんブログ村へ
1クリックお願いします


幸せになる方法を知っている人がきっとこの世に存在していて
その人は本を書くはず

でもそれが何かはわからないというところでぴたりと止まってしまっていたというのが
前回のブログ 発心で書いたことでしたが

それから約3年後
今度は別の友人から
もう読んでいらなくなったからといって、ある婦人雑誌をもらいました。

その雑誌ペラペラっとめくると
海外のある宗教家の特集が組まれていて
その内容は一言で云えば「心」だとか「想念」の力といったもの、

良いことを思えば良いことが起こるというような内容のものでした。

私は速読の才能などないのですが、なぜか
そのページをチラッとみただけで
その特集に書かれていた内容がわかってしまったのです。

そして自分が生きてきた現象世界と違う世界の入口を見たような気がして
少し興奮してしまいました。

ほんとうに望んでいるものがあれば
それに関するのもを目にすると自分の中の触角というかアンテナに
瞬時に引っかかってくれるものなんだなあと思いました。

しかし、しかし、その宗教家が書いた本を読みあさる日々がしばらく続きましたが
潜在意識をなんとか変えようとか、良いことを思えば良いことが起きるとか

それは確かに大変素晴らしいことなんですが

私が求めていたのはもっともっと深い何かで
テクニック的なことではなかったので
自分が望んでいるものとは違うということはしばらくしてからわかりました。


ただ、友人にもらった雑誌にあった、その宗教家の特集のおかげで

本屋さんに 精神世界だとか自己啓発本のコーナーがある
ということを知る事ができました。

ブログランキング・にほんブログ村へ


ブログランキングに参加しています。1クリックしていただければ幸いです。
2011.12.06 発心
発心とは、
辞書で調べてみると

菩提心を起こすこと。
一般に、あることをしようと思い立つこと
とあります。

何への発心だったのかというと
幸せになる、という事です。

まだ20歳を少し過ぎたころのある日
私は友人に連れられて日本でも有数の大きな書店に行きました。

その頃の私は、過去を悔い未来に希望も持てず、
今を楽しむことができないでいました。

友人がお目当ての本を探している間、
ボーっと膨大な数の本を眺めているとき
ふいに自分が楽しく幸せに生きていた子供の頃のことを
思い出したのです。

幸せに生きていた頃とその時では
生活環境やその他の条件に
なにか大きな変化があったのなら納得がいったのですが

子供だったということと、大人になったということに違いはあっても
その他にたいして変わりはない生活をしているのに

どうして今はこんなに幸せを感じないのだろうか・・・・・・
何かがおかしい・・・・

そして

幸せを感じていたのが幸せを感じられないように変わってしまったのだから
また幸せに変われるはずだ。

そうだ、この広い世の中には賢い人はたくさんいるはずで
その賢い人の中には
「幸せになる方法」を知っている人がいるはず !


そしてその賢くて「幸せになる方法」を知っている人は
きっと本を書くはずだ!!と考えたのです。

膨大な本を前にして、
これだけの書物があるのだからとでも感じたのでしょうか。

考えたというよりとても強く望んだといえます。

ただその「本」が何なのかさっぱりわかりませんでした。
今思えば、宗教や心理学といったものを
思いついてもおかしくはなかったのですが

その頃の私は社会的に未熟で、
そういったものは眼中になかったのです。
でもそれは私にとっては幸いしたと思っています。

とはいえ、その本屋さんを後にすると、
そういった考えも私の意識の中からは
ほとんど消えてしまったようでしたが

心の中には何かを求め続けていたようでした。


ブログランキング・にほんブログ村へ
1クリックお願いします


はじめて金井先生に波動を視ていただいたとき 現と感と知の波動の中で

わたしは「感」の波動が一番強いと言われました。

ないものねだりでしょうか

好みの問題なんですけど、「知」って言われたかったかなあ。


でもその人の中でどの波動が強いかということであって

人との比較は何の意味もないそうですが。

私の場合 感 現 知の順番で強いらしいのですが

時たま、現の波動が強いときもあるみたいです。

私が 知 の波動が強いときはあまり良い状態ではないようで

考えて考えて頭や理屈で何かを決めたりするタイプではないようです。

そういえば、はじめて先生の本を読んで、なんて良いことが書いているんだ

と「知」の部分で理解しても瞑想をするまでに3年もかかりました。

そこからやっと3年後にはじめて瞑想をしてみて、

心や体の中にたまった色々なものがドーって出た時の

爽快感というのは「現」の部分で体感できたのですが

先生にはじめてお会いするというときは、まだ会ってもない人に会いに行くのに

これで私が求めていたものにやっと出会えたと感じて
(何を求めていたかはまた後日ブログで書きます<(_ _)>)

ウキウキしていたのを思い出します。

ただそう「感」じただけなのですが

「感」の部分で選んだものにはあまり間違いがないのに

頭で考えるとよ~~く失敗します。

ブログランキング・にほんブログ村へ
1クリックお願いします



2011.12.03 瞑想教室
瞑想には導師が必要だと云われています。

それではその師はどうやって選べばいいのでしょうか?

縁。

結婚と仕事は縁だと云われます。

師をはじめ、結婚や仕事のほか人間関係も

すべての出会いはやっぱり縁としか云いようがないなあと思うのですが

縁あって出会った人を師とするかどうかは自分次第だと思います。

どんな素晴らしい師であっても、やはり選ぶのは「自分」のほうだと思います。

金井先生が以前おっしゃていたのは

その師のそばにいたいかどうか・・・だそうです。

そばにいたいかどうかというのは何もずっと24時間その人のそばにいたい

という執着の意味ではなく

たとえば瞑想関係の何かイベントがあったとき

師のそばにいて師から出る波動が心地良く感じるかどうか

だと思います。

金井メソッドでは瞑想教室を、広く一般に瞑想の良さを、

手軽に知ってもらうために開催していますが

 「目的は、瞑想を通して幸せな人生を歩んでもらうためであり、
 一定の教義や戒律などを要求することは一切無く、宗教には一切関係ありません。
 参加・脱退はまったくの自由です。
 ただし、病気その他の理由で、対応する資格が主宰者に無い場合は、
 残念ながら、教室への参加をお断りする場合があります。」

としています。

導師というのは金井メソッドの金井先生ですが

瞑想教室の先生方は金井先生に公認されている方々です。

瞑想に興味のある方はぜひお近くの瞑想教室に連絡していただきたいと思います。
瞑想教室はこちら


ブログランキング・にほんブログ村へ
1クリックお願いします





私が求めていたのは幸せになる道でした。
道というとなんだかかっこいいのですが、要するに幸せになる方法です。

私が瞑想を始めたきっかけというのは金井先生の本を読んだからですが
それでも、本を読んでから実際に瞑想をし始めるまでに3年もかかりました。

「すべてを受け入れて自由になる」
の内容はとてもわかりやすく
なんて良いことが書かれているんだろうと思い、
人にも薦めたりしていましたが
その中に書かれている”瞑想 ”を一度もしていませんでした。

そしてなんだかだんだん心が苦しくなってきたときに
ためしにやってみた瞑想があまりにもすばらしかったのです。

金井メソッドは 捨てる瞑想 ですから、本で読んだ通り
想いが出てきたら 「もう考えるのはやめよう」と思って止める。
しばらくするとまた何か考えが出てくるので、
そうしたらまた「もう考えるのはやめよう」と思って止める。

これを何度も繰り返していると、
心だか身体かの奥底に抑圧されていた強い感情が出てきました。

その感情というのは出口がなくて内部で増大していた
エネルギーなのでしょうが
瞑想でできた出口を見つけたかのようにドーーーっ
と出てきて驚きました。

そしてその後、何日間は
爽快感というか軽やかさや温かさで
とても幸せな気分が続きました。

よく、子供は3歳くらいまでのかわいらしさで、
その後少々その子供に手を焼いても
十分親孝行をしてくれているということが云われますが

私は、やり始めの頃の瞑想のあまりの素晴らしさが、
瞑想を続けるためのモチベーションの維持につながっている
のではないかと思えます。

色々な映像が瞑想中に見えたりとか、何かが聴こえたりとか
あまりそういう神秘的な瞑想体験には関心はありませんでした。

どんなに本を読んで素晴らしいと思っても
自分の中は何も変わらなかったのに
最初の瞑想で幸せを疑似体験させてもらったようでした。

「本当の幸せ」とはこういうものだと体感できたようです。

と云っても、瞑想中はただひたすら想念から離れる作業をするだけですし
感情が出てきたらその感情から逃げず
その感情にひたり、見つめるだけです。

正確に云えば瞑想後にしばらく続いた幸福感が
素晴らしかったのです。

でもここで陥りやすい罠がありました。
その幸福感を求める気持ちを
その後の瞑想中に持ち込まないということが大切でした。

無念無想にならないから良い瞑想ができていないと思ってしまったり
またあの幸福感を味わえるような瞑想をしたい
と思ってしまっている自分に気づけるかどうか
が肝心でした。
そのことに気づいていたら、
その罠に陥りそうになってもまた戻ってくることができますから。

ブログランキング・にほんブログ村へ


ブログランキングに参加しています。1クリックしていただければ幸いです。