FC2ブログ
~捨てる瞑想~

ご訪問ありがとうございます!
真理を探究する人はもちろんのこと健やかさ、愛、豊かさなど
現実生活での幸せを求める人にこそ実践していただきたいのが瞑想です。
ここでは金井メソッドのご紹介や精神世界にまつわる話などを綴っています。
ぜひ!一人でも多くの方に瞑想を知っていただきたいと願っています。


金井メソッド「 宇宙の現れとしての本当の自分 」を覆い隠しているものから
離れ余計なものを捨てていく瞑想です。

「本当の自分」で生きることができれば人は本来の能力を発揮でき
苦しみから解放され、現象面での幸せや心の平和を見い出すことができます。


巷では、物を捨てるための解説書や、お片づけ本が大ブームになっていますね。
物を捨てたり片付けたりで人生が変わると説いています。
これなどは、本当の自分でない自分で生きていることを漠然と感じ取り
自分の中の何か余計なものを捨てたいという気持ちの現れです。

どうせなら瞑想で 「 宇宙の現れとしての本当の自分 」 以外の
余計なものを捨ててみませんか?
きっと世界が変わっていくことを実感できるはずです。

私が瞑想をするきっかけになったのは金井系一郎先生の著書
「すべてを受け入れて自由になる」です。

すべてを受け入れて自由になる、幸せに生きるにはこの言葉に始まり
この言葉に終わるといっても過言でないとさえ思っています。
ただ、「受け入れる」ということの意味を取り違えられることが多いのが
残念ですが、本当の意味を理解し実践できればこの世は怖いものなし、
平和で自由な心で生きていくことができるはずです。

1. 瞑想で何を捨てるの?

2. 受け入れるということの本当の意味

今年の新年会で金井先生はポジティブシンキングの弊害のお話をされました。

なぜポジティブシンキングをしてはいけないのか?

たとえば道に迷うという失敗を犯した場合、ポジティブシンキングをしてしまうと
違う景色が見られてよかったとか、良い運動になったとか考えて
失敗そのものを肯定的にとらえ

そうすることで失敗の原因を考えることをぜず
また同じ過ちを犯してしまうことになりがちだからだそうです。

ポジティブシンキングはいけないというとちょっとびっくりされますが
「 びっくりの理由 」 は
肯定的に考えることは良い事のはずなのに、何が悪いのだろうか?
ということです。

その疑問の元になっているのは
ポジティブシンキングというものを
くよくよせず明るい気持ちや前向きな気持ちで過ごすことだと
思ってしまっている人が多いからではないでしょうか?

過ぎたことをくよくよ考えず明るく前向きな気持ちで毎日を過ごそうというのは
とても好いことだと思います。

でもこれは 内側(精神状態や気分) のことであって
外側(思考と行動) での対処としては、

道に迷うという失敗をした後には

なぜ道に迷ったのだろうか、
今度はどうしたら道に迷わないように行けるのだろうか、
もしまた道に迷ってしまった場合という最悪の事態を想定して
その最悪の状態からどう戻れるだろうかなど

あれこれ考えることが必要です。

ここでも内側と外側とをごちゃごちゃにしてしまうと弊害があるようです。

というより、そもそも

ポジティブシンキングを直訳すると「肯定的な考え方」・・・・・つまり「考え方」 

なのですから
気分や精神状態のことを言っているのではないので
ポジティブシンキングという言葉の意味そのものを
間違って解釈しているということですね。

ともすると最悪の事態を想定して準備する人は
周りから、「あの人はネガティブな人だ」と言われかねません。

しかし本当のポジティブな人 というのは

何をするにつけても準備を怠らず、細心の注意を払うことができて

最悪の事態をも視野に入れ、その対処法を考えながらベストを尽くし

もし失敗してしまったときは何が悪かったのだろうかと考え

二度と同じ過ちを犯さないように努めるという 思考と行動 をしながら

過ぎたことにとらわれず明るく前向きに楽しい 精神状態 で生活できる人
じゃないでしょうか。

このことは「人事を尽くして天命を待つ」ですね。

ところで私の座右の銘は長ら く 「人間万事塞翁が馬」 でしたが
少し前から、止めていました。
新年会で先生のお話を聴いて止めたわけではないのですが
止めていてよかった!と思いました。

ただ、このことわざの本来の意味は、
ポジティブシンキングの一種ではありますが、

今起きている一見悪いことでも、結果として良いことだったと、
将来わかることがあるのだから、
今悪いことが起きているからといって絶望することはない、という意味です。

ですからある意味では、先生が新年会で話された

「 今年の波動は良くなりにくいからこそ、どんなマイナスのときにも
プラスを得る道がある 」 という姿勢が大事だ


ということに通じていますが

愚かな私は、「人間万事塞翁が馬」という言葉の力の強さや
自分でこれまで持ったイメージに引っ張られて
間違ったポジティブさを身につけかねません。

その後、新たな座右の銘を模索中でしたが

今のお気に入りは
「 今持っていない何かを得ようと瞑想するのではなく、
  今持っている本来の自分でないものを捨てようとする 」

長いので少し縮めて今年からは

「持っていない何かを得ようではなく、持っている本来の自分でないものを捨てる瞑想」

に決定しました。


ブログランキング・にほんブログ村へ
1クリックお願いします



これまでのブログでお話しした
瞑想体験としての吐き気や陰鬱さなどは
マイナスエネルギーとして私の中に蓄えられていたからこそ
瞑想という 出口 を通して出てきたわけで

もし瞑想を知らずにいたら
そのマイナスエネルギーはどうなっていたのでしょうか?

おそらく現象界の出来事を利用して
何らかの不幸という形で表現されていたことでしょう。
病気という形で現れていたかもしれません。

考えただけでも恐ろしくなります。

瞑想というと
よく、無念無想になることと勘違いされます。

瞑想=無念無想 ではありません!
受け入れる=好きになること もしくは なんでもそれでよしとすること ではありません!
これらが 2大勘違い なので残念です。

どんなに吐き気がひどくても
陰鬱になっても
何度も何度も同じ想いが出てきても

悪いものが出てるんだ~~と思えたからこそ
苦しくても楽しみな毎日でした。

ただ何でも一足飛びにというわけにはいかず
いささか根気が必要でしたが。

瞑想はマイナスエネルギーの出口 になります。
瞑想中に想念やマイナスエネルギーが出ることの意味や
想念の正しい出口、
想念のため込みとその増殖のことなど

 「すべてを受け入れて自由になる」の第13章と14章に
詳しく書かれています。

私の場合は、とりたてて何か大きな不幸や病というものがあるわけではないのに
なんだか苦しくなってきて
それが飽和点に達した時

以前購入していた「すべてを受け入れて自由になる」の中に書いてある
「瞑想」というものを
試しにしてみようと思いたちました。

今思い返してみても何が苦しかったのかよくわかりません。

今の私が当時の自分の言葉にならない気持ちを無理やり表現してみると

何をしても幸せを感じない・・・
「幸せになるための何か」があるはずだ!と探してみても見つからない・・・
どう生きていけばいいのか分からない・・・
そんな感じだったでしょうか。

もし瞑想との出会いより先に
現実生活で病や事故や何か大きな不幸に出会ってしまっていたら
視点がそちらのほうに向いてしまい
それらと戦ってしまっていたのではないかと思います。

誰のせいにも何のせいにもできない状況下での苦しみで

「わらにもすがる思い」

が自分を見るきっかけになりました。



ブログランキング・にほんブログ村へ
1クリックお願いします




瞑想体験のひとつとしての 幸福感 の後に現れた
瞑想時の吐き気や、その後の陰鬱さなどの 苦しみ は
何時の間にか治まっていきました。

ただその頃から続いているのは
瞑想時の体動です。
 「 体動 」 とは瞑想中に起こる身体の動きのことで
動いている部分の調子が良くなったり、動くことによってカルマの燃焼になっている
ということです。

詳しくは  「すべてを受け入れて自由になる」
15章「瞑想中の神秘体験」として書かれています。

私の場合はよく上半身を大きくグルグル回したくなり
1分くらい続くと止まります。
また、疲れが溜まっているところの筋肉が
プチプチっとほぐれていく感覚があるときもありますし
その他、その時その時で違います。
もちろんまったく体動がない日がずーっと続くこともあります。

ある日、電車の中で瞑想していると
ものすごい、しかめっ面していることに気がつきました。
しかめっ面したいような何かがその時の私の中にあったのでしょう。
体動にはこのような表情も含まれます。

その時は「 きっと今ものすごい形相  をしているんだろうなあ 」と
我に返って瞑想を止めて目を開けたら
前に座っていた人が不思議そうにじい~っと見ていて
恥ずかしかったです 

ただ逆に、瞑想中に身体の不調を改善しようとか
カルマを燃焼させようとしてはいけない
ということが肝心です。

今持っていない何かを得ようとして瞑想するのではなく、
今持っている本来の自分でないものを捨てようとする
のが金井メソッドの真髄ですので

体動を無意識で期待してしまう、という自我の瞑想をしないように注意しています。

とはいえ誰でも、体調を改善したいとか健康になりたいと思い
そして自分の欲望を満たし幸せになりたいと生きているのが自然です。

ですから欲望そのものを否定するのではなく

瞑想のやり方として
欲望を含めてすべての求める気持ちから離れるようにする
だけです。

欲望というとなんだか汚いもののように聞こえますが

「宇宙の現れとしての本当の自分として生きたい」
「本当の意味の幸せになりたい」
「心の平安を得たい」

などは究極の欲望ではないでしょうか。

私は 究極の強欲者 だと思っています。


ブログランキング・にほんブログ村へ
1クリックお願いします