FC2ブログ
~捨てる瞑想~

ご訪問ありがとうございます!
真理を探究する人はもちろんのこと健やかさ、愛、豊かさなど
現実生活での幸せを求める人にこそ実践していただきたいのが瞑想です。
ここでは金井メソッドのご紹介や精神世界にまつわる話などを綴っています。
ぜひ!一人でも多くの方に瞑想を知っていただきたいと願っています。


金井メソッド「 宇宙の現れとしての本当の自分 」を覆い隠しているものから
離れ余計なものを捨てていく瞑想です。

「本当の自分」で生きることができれば人は本来の能力を発揮でき
苦しみから解放され、現象面での幸せや心の平和を見い出すことができます。


巷では、物を捨てるための解説書や、お片づけ本が大ブームになっていますね。
物を捨てたり片付けたりで人生が変わると説いています。
これなどは、本当の自分でない自分で生きていることを漠然と感じ取り
自分の中の何か余計なものを捨てたいという気持ちの現れです。

どうせなら瞑想で 「 宇宙の現れとしての本当の自分 」 以外の
余計なものを捨ててみませんか?
きっと世界が変わっていくことを実感できるはずです。

私が瞑想をするきっかけになったのは金井系一郎先生の著書
「すべてを受け入れて自由になる」です。

すべてを受け入れて自由になる、幸せに生きるにはこの言葉に始まり
この言葉に終わるといっても過言でないとさえ思っています。
ただ、「受け入れる」ということの意味を取り違えられることが多いのが
残念ですが、本当の意味を理解し実践できればこの世は怖いものなし、
平和で自由な心で生きていくことができるはずです。

1. 瞑想で何を捨てるの?

2. 受け入れるということの本当の意味



使命とは魂の個性を生かしながら生きることです。

使命発見セミナーは、その魂の個性を自分で発見していくためのセミナーでした。

魂の個性のヒントは

子供の頃に
自分が自分らしいと感じたことはどういう時だったか
何をしているときだったか

心から楽しいと思った時はどういう時だったか
何をしているときだったか

などを想い出していく作業から始まりました。

その想い出したシーンから
自分の魂の個性というものを自分自身で導きだしてゆき
最終的には簡潔な「言葉」で表現します。

ふたたび生まれ変わるあなたに 第4章 6 個性的な子供に育てる
に、持って生まれた個性は早い時期に長所として現れるとあります。

私は、本当に自分らしく楽しいと思った
あるふたつのシーンをピックアップしました。

そのシーンから自分の魂の個性を導きだし
自分の使命を言葉で表現したときに
「 自然 (ネイチャー)」というキーワードを入れましたが

それを先生に見せると、私が書いたふたつのシーンからは
自然という言葉はあてはまらないと言われました。

なぜなら、私が私らしく楽しいと思った
ふたつのシーンは、どちらも自分ひとりではないからだ
ということでした。

確かに!そうでした。
そして試行錯誤してなんとか導きだした答えは
抽象的なものだったのです。
先生には、その抽象的な表現しかできなかったものでもよいが
それを生かすためには
常にそれを意識していないといけないと言われました。

はっきりと職業の種類として表現できる人や
職業でなくても、具体的な行動の種類として表現できる人もいましたが
私はそうではありませんでした。

なんとかもう少し具体的なものとして表現できないか・・・
セミナーの最中にいくつかの選択肢が頭に浮かびましたが
その中で、とっさにこれだけは違う、嫌だ!と
拒絶反応を示したものがありました。
セミナーではとりあえず抽象的な表現のものを最終の答えとしましたが
その何年か後には
「これだけは違う、嫌だ!」と拒絶反応を示したものが
私の魂の個性だと受け入れている自分がいました ^_^;

私は自分の魂の個性を嫌っていたのでしょうか?
いいえ、嫌っていたというより

自分で努力してなにかをするというものではなかったので
ピンとこなかったのです。

あまりにも自然にできてしまうもの
それこそが魂の個性を発揮したときの自分の強みのようです。

そもそも私には使命に関しては自分なりの思いこみがありました。
それは「息をして生きているだけで使命を生きている」
というもので、「ただ生きているだけで人は価値がある」
という考えでした。

もちろんその考えは今も変わっていませんが
それは縦軸であって横軸が欠落しています。
横軸なんて存在しなくてもよいという思いこみです。

自分の魂の個性を発揮する事としての使命は横軸です。
この横軸を得た静かな喜びは想像以上でした。

自分の魂の個性を知ることは
それまでの自分が間違っていなかったという安心感をもたらし
その後の道しるべを得て
そして、同じようにどの人にもある魂の個性を尊重できるように
私を導いてくれました。

ブログランキング・にほんブログ村へ

ブログランキングに参加しています。1クリックしていただければ幸いです。


瞑想中に足裏がポッと温かくなって体が軽くなった のですから
やっぱり瞑想はスゴイです。

でも瞑想をしただけで、またたく間に
体調がすっかり回復してしまっていたら

体調不良の原因を考えることもなく
その後、予防のための体調管理をしていこう
とは思わなかったと思います。

瞑想だけで体調不良が治らなくてよかったのだと思います。

心身の健康に関してはかなり気をつかってきたほうだと
自分では思っていましたが

でも、これまでは気持ちが「 元気 」のほうを向いて
健康管理をしていたようです。

体がオーバーヒートしてみると
お年寄りの気持ちが分かりました。

痛いところがあると妙に不機嫌になりました(;一_一)
きっともっと年をとると
こんなふうになるんだろうなと思いました。

ひざとかがガクガクしだす日もいつかはくるはず、
そんな日をできるだけ遅らせるためには
そろそろネガティブシンキングを取り入れた健康管理をしながら
ポジティブフィーリング
でいこうと思います。

ブログランキング・にほんブログ村へ

ブログランキングに参加しています。1クリックしていただければ幸いです。



先日、忙しい日が続き体調を崩しました。
最初の症状は脚の痛みでしたが、
しばらくすると倦怠感と胃の異変が起こりました。

私は今は就寝前に床の上で瞑想をするのを日課にしています。

かねてから先生には
「 体調が悪いときの瞑想はやりにくいけれど、
             無理してでもやったほうがよい 」
と聞いていましたが

疲れているときはまず睡眠だと思い
とても疲れていた二日間は、瞑想をせず眠ってしまいました。

3日目も体調はすぐれませんでしたが
ようやく瞑想をしてから寝ることにしました。

はじめてから5分くらいたったころでしょうか

足裏が ポッ と温かくなったかと思ったら
体が軽くなりました。

一度は横になり眠ろうとしたのですが
すっかり体が軽くなったことが嬉しくて
瞑想を止めたことがもったいなく思いました。

そこで、ムクッと起き上がりまた瞑想を始めました。
欲が出てしまったようですが
それでも5分したら5分だけ10分したら10分だけ
心が自由になるのが金井メソッドです。

瞑想をしたらすっかり体調が改善されました、良かったです
めでたし めでたし

にはならないのが現実ですね。

翌日は倦怠感や胃の不調は治りましたが
夕方には脚の痛みがかなりきつくなってきました。

無駄な放射線を浴びたり薬を飲んだりしたくないという思いがあり、
レントゲンや電気設備のない、
腕一本でやっている整骨院にまず行くことにしました。
以前、腰の筋肉を痛めたときに通ったことがあるところで
手で触って筋肉の状態を言ってくれます。

そこでの診断はなんと
うで の使い過ぎ。
一番悪いのは ”うで ” 次に ”こし ” の筋肉も少し悪いですね。
とのこと。

確かに体調が悪くなり始めたのは、字を大量に書いた日からでした。

でも、痛いのは脚なんですけど・・・・

脚の痛みは日によって痛む個所が違っていたのですが
それは悪いところをカバーしようとして脚の筋肉を不自然に
使っているからだとか。

施術時間わずか15分。
指圧のような整体のような施術をしてもらうととても楽になりました。
腕はきちんとケアしてやれば問題ないとのことで
腕の疲れをとるツボを教えてもらい帰ってきました。
また来いとも言われませんでした。

しかしその後も、
歩くとおしりから太もも、ふくらはぎにかけての痛みがひどくなり
その範囲も広がってきたので、数日後もう一度同じ整骨院に行きました。

脚の痛みがひどくなったと訴えても
やはりそれは、腰の筋肉が伸びなくなっていて
無意識に腰が痛くならないような歩き方をしているからだと言うのです。

でも腰に自覚症状はないんですけど・・・・

何か自分でできる対処法はありますか?と聞いてみると

青竹踏みと足湯。
足裏をほぐして足を温めると、かかとから足の後ろ、
そして腰にかけての筋肉が伸びるから。
とのことです。

そう言われて、ハッ ! と思いだしました。

体調不良のときの瞑想中に
足裏がポッと温かくなったかと思ったら急に体が軽くなったことを。

今思えば
疲れているからということで二日間瞑想をしなかったことで
疲れが取れずに体調を余計に崩してしまったようです。

体調が悪いときこそ少々無理をしてでも瞑想を!

元々疲れているところに
”うで ”の使い過ぎが引き金になって
以前痛めたことのある”こし ”の筋肉が縮んで硬くなり
”あし ”に影響が出てしまったのでしょう。

瞑想とたっぷりの睡眠、湯船で腕の疲れをとるツボの指圧
そして腰痛体操と青竹踏みと骨盤まわしを毎日数分ずつ実践して
回復してきました。


ブログランキング・にほんブログ村へ

ブログランキングに参加しています。1クリックしていただければ幸いです。

ふたたび生まれ変わるあなたに
人生のナゾを解く
青年は壮年から学び ・ 壮年は老年から学び ・ 老年は子供から学ぶ



「 瞑想ライフを後押ししてくれる言葉 」
← 左の、リンクの下に設置しました。
このブログの記事の中に出てきた
金井先生の言葉をアップしていきます ヽ(^。^)ノ

瞑想に興味をお持ちのかたは
こちらをご覧いただければ当ブログでご紹介したいと思っている内容の
イメージがつかみやすいかと思います。

先生の本というのは、これらの言葉の集合体ですから
なにもわざわざ書きとめる必要はなく
本を読めばよいだけなのですが

ここにアップしていく言葉は
自分の問題として取り入れて噛み砕いたものです。

瞑想をし始めた頃のことですが
瞑想をしていると、出てくる想念から離れる作業 
と同時に、その想念を整理したいという衝動が出てくるので

「 瞑想中に想念を整理したくなるのですが、してもいいですか? 」
と先生に質問したことがあります。
答えは、もちろん
「 だめです 」 でした。
今思えば、なんとおバカな質問をしたのでしょう。

そんなおバカな質問をして得られた答えが
本には書かれていないニッチな珠玉の言葉として
この 「 瞑想ライフを後押ししてくれる言葉 」 の中に
加わるようなこともあるかもしれません。

「 ふたたび生まれ変わるあなたに 」 の第六章 青年として(就職・結婚)

の中に、悩みを紙に書くことについてのことが書かれていますが

ブログは誰かが読むということが前提ですし
内容も、自分のためだけに悩みを書くのとは違いますので
もちろん書きたくないことは書きません (^。^)

そういう気持ちも含めての 「 自分自身への正直さ 」 と
「 誰にでも分かるように書く 」 という
二点を押さえつつ

自分の中にある書きたいことにぴったりの言葉や文章を
頭の中や心の中から真剣に探し出す作業をすることで

思考の整理ができ
自分自身が書く内容への理解を深め
それが新しい発見につながっていて
書くことの効能を実感しています。

モヤモヤっと分かっていたことを文字として具現化していくと
先生の言葉を思い出したり
新たに質問をし直したりすることで
知り直していくという楽しさを知りました。

それでも時間がたてばまたモヤモヤっと漠然とした理解へと
逆戻りしてしまいそうなので
はじめに言葉ありき、ということで
つねに目に触れて忘れないようにするために
忘れたくない言葉を書きとめていきたいと思います。

ブログをしていても整理したいという衝動が出てきたようです。


ブログランキング・にほんブログ村へ

ブログランキングに参加しています。1クリックしていただければ幸いです。