FC2ブログ
~捨てる瞑想~

ご訪問ありがとうございます!
真理を探究する人はもちろんのこと健やかさ、愛、豊かさなど
現実生活での幸せを求める人にこそ実践していただきたいのが瞑想です。
ここでは金井メソッドのご紹介や精神世界にまつわる話などを綴っています。
ぜひ!一人でも多くの方に瞑想を知っていただきたいと願っています。


金井メソッド「 宇宙の現れとしての本当の自分 」を覆い隠しているものから
離れ余計なものを捨てていく瞑想です。

「本当の自分」で生きることができれば人は本来の能力を発揮でき
苦しみから解放され、現象面での幸せや心の平和を見い出すことができます。


巷では、物を捨てるための解説書や、お片づけ本が大ブームになっていますね。
物を捨てたり片付けたりで人生が変わると説いています。
これなどは、本当の自分でない自分で生きていることを漠然と感じ取り
自分の中の何か余計なものを捨てたいという気持ちの現れです。

どうせなら瞑想で 「 宇宙の現れとしての本当の自分 」 以外の
余計なものを捨ててみませんか?
きっと世界が変わっていくことを実感できるはずです。

私が瞑想をするきっかけになったのは金井系一郎先生の著書
「すべてを受け入れて自由になる」です。

すべてを受け入れて自由になる、幸せに生きるにはこの言葉に始まり
この言葉に終わるといっても過言でないとさえ思っています。
ただ、「受け入れる」ということの意味を取り違えられることが多いのが
残念ですが、本当の意味を理解し実践できればこの世は怖いものなし、
平和で自由な心で生きていくことができるはずです。

1. 瞑想で何を捨てるの?

2. 受け入れるということの本当の意味



マントラライブでの先生の講話の内容の一部ををご紹介します。
(ICレコーダーを持っていたわけではないので 
 表現の多少の違いはお許しください)

先生も、この会場にいる人も
おおかた人生の後半なのだから
楽しむ(人生を)ということをしてください。
とのメッセージから始まりました。

私の自我は、

私は人生の後半ですが、後半中のまだ前半ですから。
とついツッコミたくなりながら
聴き入っていきました。


自分は男だとか女だとか
父だとか母だとか
日本人だとか日本人じゃないとか
優秀だとか優秀でないとか

こういったことは

「 私は 何々である 」

という部分の 「 何々である 」
にあたるわけで、つまり述語。

「 私は 」の部分、主語の部分ではないということ
つまり本当の自分の部分ではないということです。

瞑想中に出てくるもの
色々な考え(想い)や感情なども
この述語にあたります。

つまり本当の自分=主語の部分  ではなく
私たちは述語の部分を自分だと思って生きているのが常。

金井メソッドは
瞑想中に何か想いが出てきたら(考えているなと気づいたら)

「もうこれ以上このことについて考えるのはやめよう」
と一瞬思って
そこから離れるということをすることにより

主語にあたる「 私は 」の部分の存在が観えてくる
そして「 私は 」の部分で生きることができるようになる
という瞑想法。

瞑想は宗教とはまったく関係がないのですが
仮に神という言葉をつかうのであれば

神様が何か私たちに与えてくれるとすれば
瞑想は 自分自身を神が何かを与えてくれやすい状態にするため
自分を整えるためのものです。

という内容でした。


私はこのブログで、
金井メソッド瞑想はその人にとって本当に必要なものを与えてくれます
と掲げました\(^o^)/

本当に必要なものの意味は

こんな現実望んでないのにぃ~  と思ってはいても

この世は心で欲しているものではなく
心のとおりのものが自分の世界に現れているもの。

瞑想すれば自身の波動が整い強くなり

欲するものそのものが変化したり
心で欲するものと、心のとおりのもののズレが少なくなる

ということを言いたかったのです。

人生を楽しめる自分になるために瞑想を。
精進をするというのは決して苦行をすることではなく
こういうことだと思っています。

この記事のタイトルはちょっと大げさですが
神の恩寵は本当の自分でいれば舞い降りる!

にしました(^^)v

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
ブログランキングに参加しています。1クリックしていただければ幸いです。


2012.11.23 存在の愛
large__2855126946 (1)

マントラライブ会場 に一歩足を踏み入れた時に感じた
幸福感の正体は何だったのでしょうか?

その幸福感は気持ちの高揚感という類のものとは
違っていました。

言葉で表すなら  

自分自身への愛、 満足感

存在の愛

その場の波動と
そのとき私自身がまとっていたもの(波動)と
落差があったために、その違いを強く感じたのだろうと思います。

感じ方は人それぞれでも

みんなその存在の愛なるものに憧れ
そう在りたいと願い

存在の愛 の種子が自分の中にあるからこそ
感じることができ

遠くから集まって来るのでしょう。

存在の愛は
頭で理解しようとしても、説明しようとしても無理。

子供が溢れんばかりの親の愛に包まれて育ったなら
愛する事を自然に身に付けられるように

その中にザブーンと入ってみるのが一番ですね。


ブログランキング・にほんブログ村へ
ブログランキングに参加しています。1クリックしていただければ幸いです。




先週開催されたマントラライブに参加してきました

今回は先生が唱えられるマントラと共に
参加者が一緒に唱えたり、輪唱したりするということで

音合わせの間、参加者は控室で声出しの簡単な練習!
をさせられました

そしていよいよ時間となりライブ会場に入った瞬間

とても幸せな気持ちが胸の奥から湧いてきたのです 

このマントラライブの数日前から公私ともに多忙でしたが
すべてが吹き飛んでしまいました。

ライブがまだ始まってはいないのに・・・です。
そこは異空間でした。

~ その際いただいた資料からマントラについて ~

『 「 マントラ 」それは音の響きやバイブレーション(振動)が、
 心や身体に波及し心身に力を与え静寂をもたらすものです。
 心の汚れを洗い、心と身体を調和させる手段として何千年も前から
 インドを始め各国の聖人たちが唱え続けた言葉のエネルギーです。  』

マントラとは 瞑想法のテクニック のひとつですが他には
ヤントラと呼ばれる図形を見ての瞑想や
月を見ての  月の瞑想
歩きながらする 歩く瞑想

など、これまでリトリートと呼ばれる瞑想会等で
体験したことがあります。

精油の香りの中で瞑想をしたり
花びらを手で触りながらだとか風を肌で感じながらの
瞑想もあるそうですが

正直、私は日常生活で五感をフルに活用して生きている(つもり)ので
瞑想の世界では、その五感をできるだけシャットアウトしたいのです。

どのようなテクニックも必要なし。
と思っていました。

つまり五感から自由になるために五感を利用するか、
それとも五感を利用しないか、という違いなのだそうですが


これは好みの問題なので、
私の場合はおそらくこれからも変わらないのではないかと
思います。

そこで思ったのは

日頃五感をフル活用している(つもり)なら
それを利用して
瞑想のテクニックとしてマントラなどを活用するのではなく

瞑想中以外の日常生活で、パブロフの犬のように

マントラを口ずさむと
マントラライブに参加したときの幸福感を想い出せたり

お気に入りの精油の香りの中で過ごし月や花を愛でて
それらのバイブレーションを五感に染み込ませていくことで
よだれが出るほど瞑想がしたくなったりというふうに

五感を使って活性化させることで
より楽しく瞑想を続けてゆけるように

というような利用法がいいかな
ということでした。


久しぶりにお会いできた方、始めてお会いできた方とのお話し、
楽しい一日でした。

先生方 主催の皆さま ありがとうございました。


ブログランキング・にほんブログ村へ
ブログランキングに参加しています。1クリックしていただければ幸いです。





悟り イコール 本当の幸せ  

です。

幸せにはなりたいけれど
だから瞑想を始めたのですが
悟りたくはないんです。

最初、私はそんなことを言っていました。

その理由は

悟りというと、ものすごくまじめで立派で賢い人間
にならなければいけないような気がする

”悟る ” なんて高望みはしないでいよう!

そんなところでしょうか。

いえ それよりもっと大きな理由は

今持っている自分自身のさまざまなこと(自我)
恐怖やこだわりや執着など
手放したいと思っていることが無くなってしまったら
その後にもっと不安で恐ろしいものが出て来そう (>_<)

ということだったように思います。

幸せすぎてこわ~い
というセリフがありますが

幸せになるのがこわ~いです。

そしてそんな私が一番変わったことといえば
自我を手放すことへの恐怖が少なくなったことではなく

幸せになることへの恐怖があるぞ
という自分に気づいていられるということ。

この、気づいていられるということのオマケのような感じで
少しずつ少しずつ恐怖が少なくなっていったように思えます。


ブログランキング・にほんブログ村へ
ブログランキングに参加しています。1クリックしていただければ幸いです。