FC2ブログ
~捨てる瞑想~

ご訪問ありがとうございます!
真理を探究する人はもちろんのこと健やかさ、愛、豊かさなど
現実生活での幸せを求める人にこそ実践していただきたいのが瞑想です。
ここでは金井メソッドのご紹介や精神世界にまつわる話などを綴っています。
ぜひ!一人でも多くの方に瞑想を知っていただきたいと願っています。


金井メソッド「 宇宙の現れとしての本当の自分 」を覆い隠しているものから
離れ余計なものを捨てていく瞑想です。

「本当の自分」で生きることができれば人は本来の能力を発揮でき
苦しみから解放され、現象面での幸せや心の平和を見い出すことができます。


巷では、物を捨てるための解説書や、お片づけ本が大ブームになっていますね。
物を捨てたり片付けたりで人生が変わると説いています。
これなどは、本当の自分でない自分で生きていることを漠然と感じ取り
自分の中の何か余計なものを捨てたいという気持ちの現れです。

どうせなら瞑想で 「 宇宙の現れとしての本当の自分 」 以外の
余計なものを捨ててみませんか?
きっと世界が変わっていくことを実感できるはずです。

私が瞑想をするきっかけになったのは金井系一郎先生の著書
「すべてを受け入れて自由になる」です。

すべてを受け入れて自由になる、幸せに生きるにはこの言葉に始まり
この言葉に終わるといっても過言でないとさえ思っています。
ただ、「受け入れる」ということの意味を取り違えられることが多いのが
残念ですが、本当の意味を理解し実践できればこの世は怖いものなし、
平和で自由な心で生きていくことができるはずです。

1. 瞑想で何を捨てるの?

2. 受け入れるということの本当の意味

large__5869199129 (1)

肉体を通して聴き

同じように

生活の中に自分を見ます。

瞑想の師、金井先生 が悟りを啓くきっかけになったともいえる
大けがの予兆としての車の足まわりの事故ほどではないですが

自分自身の小さな怪我

衣服のほころび

身の回りの何かが壊れる etc

そういったことがあるときというのは
あまり良くないことが起こる

ジンクスめいたもの・・・いえいえ、かなり確信していました。

どんなに丈夫な物でも寿命があり、いつかは壊れる運命。
人間生きていたら小さな怪我をすることもあります。

共時性(意味ある偶然)は、自分が意味を見い出してこその共時性。
そうでなければただの偶然。

肉体を通して聴く声が嫌だったのと同じく
象徴的なことを見るという癖も
なんとか消し去りたいような気持になることもありましたが

共時性をとおして気づくということをしなくても
瞑想で自分を見ることができます。

否定せず、何度か経験することで恐怖心がなくなってゆき
先回りして、身の回りを整えるという癖をつけることで

あら不思議、あまり見なくなりました。

とはいえ、やはり何か起こる前には象徴的な出来事が起きているものです。



ブログランキング・にほんブログ村へ
ブログランキングに参加しています。1クリックしていただければ幸いです。






私の感の波動の影響は霊感とは違うのですが
突如としていや~な予感がわいてくることがあり
そのいや~な予感は、まず間違いなく当ってしまうのです。
大したことではないですが先日もありました。

それと違って、たとえば頭であれこれ考えて
どう考えてもこれは悪い結果になってしまうと心配するようなことは
まず、ただの取り越し苦労で終わってきました。

それがわかっていて、あえて取り越し苦労して
不安な気持ちを紛らわせていたことがあったかもしれません。

おかしな表現ですが、
いや~な予感は胃のあたりからやってきて、
恐怖は二の腕で感じます。
取り越し苦労のときは頭と心臓あたり。
喜びは身体全部!!

このように私は「 感 」を肉体を通して感じることが多いので
(誰でもそういうものなのでしょうか?)
逆も真なりで、肉体を整えたいという気持ちが強く働きます。

肉体へのとらわれの現われかもしれません、
ただこれはあくまでも私個人の感覚を言葉にしたものです。

すべてを受け入れて自由になる
第11章 新しい道 変身と恐怖


恐怖を克服する唯一の道は、ひたすらその恐怖に直面し続けることによって
恐怖になれ親しんでいくことです。
何度も何度も恐怖を味わい、恐怖をつくりだしているのが、
自分の中にある自我だということに気づくことによって、
少しずつ恐怖の中に足を踏み入れていくことができるのです。


いや~な予感が大嫌いだったのですが
何度も何度も経験して

いや~な予感がする
どうしよう

ではなくて

いや~な予感は当る(私の場合はですが)
そのときにどうするかということを無い知恵を絞って考える
ということにしよう
そうするしかないと、なれ親しんできたのかもしれません。


ブログランキング・にほんブログ村へ
ブログランキングに参加しています。1クリックしていただければ幸いです。




長嶋茂雄氏と松井秀喜氏の国民栄誉賞受賞、
両氏の信頼関係の厚さを強調していた各メディアの報道を見て
感じたことのひとつとして、

縁は異なもの味なもの

松井選手は少年のころから阪神の大ファン、
特に掛布選手が好きだったそうですが
ドラフトで巨人の長嶋監督にくじを引いてもらい師弟関係が始まりました。

巨人に入りたくて入りたくて浪人までする選手もいるのに。

阪神の大ファンという私の知り合いのある二人の男性いわく
「おやじが大の阪神ファンだったから子どものころから自分も
 自然に阪神を応援していた」
そうです。
松井選手がそうだったかどうかはわかりませんが。


ブログランキング・にほんブログ村へ
ブログランキングに参加しています。1クリックしていただければ幸いです。




前回からの続きです。

縁あってめぐり会ったものを続ける、
続けるための努力をすることを決定する
ということにしろ何にしろ
私の基準は本能的なもので

「自然にそうしていた」
本当に心に響くと、きわめて強く妥協なく選べとれる
としか言いようがありません。

始めての波動調整の時、先生

現  感 知 の波動のうち
あなたは感の波動が一番強いです。
頭で考えて考えて何かを決めると失敗しやすい、
だからといって考えることをしなくていい、
考えてはいけないというのではないので
誤解のないように。

というようなことを言われました。

その後ときどき、今は 現 の波動が強いですね。
と言われる時もありましたが

基本は おおむね 感 現 知 の順番なのでしょう。

どうして○○○したの? しなかったの?
と人に聞かれても
なんかイイ なんかイヤ
というきわめて非合理的な返事しか見当たらないことも少なくありません。

ところで、この3つの波動の定義というものを
正確に文字で表せません。 

間違ったことを書くより
現 感 知  この漢字を見ればだいたい
わかっていただけると信じて、書きません
というか書けません m(__)m

ただ、「 感 」ということから
霊感 霊能を連想される方もいるかもしれませんが
私は幽霊の類を一度も見たことがありません。
そういったものとは違うんです。

先日瞑想仲間のWさんと幽霊を見た話で
おおいに盛り上がりました。
そもそも幽霊とは何なのかということはさておき
話を聞いているだけで恐ろしく
私みたいに怖がりが幽霊など見たらその後大変なことになります。

Wさん以外でも幽霊を見るという人の話を聞くと
そういう人に共通しているのは
幽霊を見ていてもちっとも怖くないということです。
同調していると怖くないらしいです。

すべてを受け入れて自由になる 第17章 瞑想の本質 

我々が生きている目的は、与えられた肉体を超えて、蓄積した精神を超えて、
我々本来の存在へ、即ち霊性に立ち還ることです。
ところが、その霊性をどこに求めているかが問題なのです


とあります。
精神世界での霊性とは霊魂、霊能力とは違います。

なんだか話があっちこっちにいってしまいましたが

「 知 」の波動の人、たとえばソクラテスのような人って
重大な判断のときはどんな感じなのだろう・・・

きっとソクラテスなら
君ならどういう考えの基、決めたの?と言うのでしょうね。


ブログランキング・にほんブログ村へ
ブログランキングに参加しています。1クリックしていただければ幸いです。