FC2ブログ
~捨てる瞑想~

ご訪問ありがとうございます!
真理を探究する人はもちろんのこと健やかさ、愛、豊かさなど
現実生活での幸せを求める人にこそ実践していただきたいのが瞑想です。
ここでは金井メソッドのご紹介や精神世界にまつわる話などを綴っています。
ぜひ!一人でも多くの方に瞑想を知っていただきたいと願っています。


金井メソッド「 宇宙の現れとしての本当の自分 」を覆い隠しているものから
離れ余計なものを捨てていく瞑想です。

「本当の自分」で生きることができれば人は本来の能力を発揮でき
苦しみから解放され、現象面での幸せや心の平和を見い出すことができます。


巷では、物を捨てるための解説書や、お片づけ本が大ブームになっていますね。
物を捨てたり片付けたりで人生が変わると説いています。
これなどは、本当の自分でない自分で生きていることを漠然と感じ取り
自分の中の何か余計なものを捨てたいという気持ちの現れです。

どうせなら瞑想で 「 宇宙の現れとしての本当の自分 」 以外の
余計なものを捨ててみませんか?
きっと世界が変わっていくことを実感できるはずです。

私が瞑想をするきっかけになったのは金井系一郎先生の著書
「すべてを受け入れて自由になる」です。

すべてを受け入れて自由になる、幸せに生きるにはこの言葉に始まり
この言葉に終わるといっても過言でないとさえ思っています。
ただ、「受け入れる」ということの意味を取り違えられることが多いのが
残念ですが、本当の意味を理解し実践できればこの世は怖いものなし、
平和で自由な心で生きていくことができるはずです。

1. 瞑想で何を捨てるの?

2. 受け入れるということの本当の意味



奥の院 は 現 と 感 の波動が強い

金堂 は 感

根本大塔は 知 と 感

など、あらかじめ各堂塔の中心波動は聞いていましたので

それぞれの場所で瞑想をして感じたこととその知識を組み合わせて
全身に覚えこませました。

そうか、こういう感じが 感 なのかぁ~
へぇ~、感 と 現 が合わさるとこういう感じなのか・・・
という具合に。

私にとっては具体的にはよくわからない波動のことを
現実生活に生かすための勉強でした。

現と感の波動の 奥の院 では二日間にわたって瞑想をしましたが

一日目は、望みや現実をつかみ取っていこうとする
元気さが込み上げてくるようなしっかりした力強さで男性的な感じ
二日目は、その強さプラス、ハートが強烈に開かれていく気持ちよさを

金堂の 感 の波動はまるで家で瞑想しているような
優しい静かな安心感で女性性

を与えてくれました。
どちらも私にとっては必要不可欠なものです。

自分にとっての良いものの選択基準は
居心地の良さを優先するということだそうですが

その居心地の良さというのを
ぬるま湯につかっている時のようなポワ~~ンとした気持ちよさだと
勘違いするところでした。

そういうものではなく
たとえば喜びや感謝、尊敬、畏敬、良い意味での誇りなどの感情を
呼び起こしてくれるということだと誤解せずにすみました!

堂塔の波動の基の元というのはやはり建立者の波動の影響だそうです。

高野山の強い波動を人々はわかることができたからこそ
1200年もの間、風化しなかったのでしょうね。

できれば 現 感 知 それぞれ単独の波動の場所
また、いろいろな組み合わせの場所で瞑想してみたいものです。

ブログランキング・にほんブログ村へ
ブログランキングに参加しています。1クリックしていただければ幸いです。


2013.06.17 高野山の洗礼



高野山リトリートに参加してきました。
二泊三日、弘法大師のお誕生日を祝う青葉祭りと重なり
日中の町はとても賑やかでした。

リトリートは日常性から瞑想の世界へ導いてくれ
瞑想への気持ちを継続させるためにとても有効なものですね。

強い波動の各堂塔での貴重な瞑想体験ができました。

これまでもいろいろな場所で瞑想をし
多少なりとも何かを感じていたかもしれませんが
自分だけの感覚かもしれないものを表現することを躊躇していたためか
自分が感じた「 波 動 」は
ほとんど口に出すことはなかったように思います。

ある場所の波動を先生や他の人が感じたという話を聞き
そこへ行って瞑想をしてみる。
ただそれだけの受け身一辺倒でしたが

今回初めて積極的に波動を感じてみよう!と思い、瞑想。

そして自分が感じた波動のことを言葉で表現した
という経験ができました。

どこを向いても、精神世界の話が飛び交う空間にいられた
2日半は今更ながらですが、とても新鮮でした。

今現在まだ、苦しみから離れる努力の真っただ中の方の真摯さや

生徒さんへの指導のため
学ぼうという姿勢が自分とは格段に違う 先生方 の謙虚さに敬意を感じました。


~その人にとって最も良いようになりますようにというお祈り~

またリトリート終了まじかに、タントラサークルというものをしました。

参加者が円を作って隣の人と手のひらを合わせます。
そして交代で円の中に一人ずつ入っていきます。
円を作っている人は時計と反対方向にエネルギーを流す(流れる)のを意識して
中にいる人にとって最も良いようになりますようにとお祈りをし
中の人はそれを受取ろうという気持ちになります。
円の周りを金井先生が時計回りに回られ
一周してち~~んという鐘の音とともに中にいる人が交代します。

私は中にいて受け取るときより
円を作ってエネルギーを回し、お祈りをしている時のほうが
胸が開かれ気持ちがよかったのです。

愛することの喜びはもちろんのこと、教えることは自分のためにもなる
ということにもつながるのかも。

高野山の強い波動はとってもとっても気持よく、そして楽しかったです。
日常生活や物質の力に流されそうなところを引き戻されたようでした。

皆様ありがとうございました<(_ _)>


ブログランキング・にほんブログ村へ
ブログランキングに参加しています。1クリックしていただければ幸いです。




生活に「 感 」を見るということは
内と外、自分と自分以外の境目があいまいということで

見えている生活の乱雑さから
自分自身の乱雑さに気づくくらいであれば
私の場合はプラスにはたらきますが

感情面で人の喜びや悲しみを自分のこととして感じやすくなったり
目の前に表れた象徴の意味にとらわれることになれば

昨年、先生に
内と外のバランス が崩れやすくなっている
例えば財布を無くすというようなこととして現われたりしやすいので注意を!
と忠告されたように

生活全般の物理的精度が落ちてしまいかねません。

大きな意味では何とかバランスをとりながら

内側にどっぷり浸かった時期
内側を見ることに蓋をしてしまったように外の世界で
より良く生きることにまい進した時期

そういうことを繰り返しながら
振り子の振幅が徐々に小さくなってきたようです。

ガネーシャの知恵
第4章 変化の法則
何事も一定方向に突き詰められたときに、反対方向へ動く変化の力が生じます。
その時が転換点なのです。
そして反対方向への変化の力は徐々に強まっていき、
やがて反対の究極点に達するのです。
これが変化が起こる過程です。



振り子の法則に飲み込まれ、無意識だと
極限に到達するまで変化に気づかず
時間がかかるし
極限に達した時の破壊が大きそうですね。

ブログランキング・にほんブログ村へ
ブログランキングに参加しています。1クリックしていただければ幸いです。