FC2ブログ
~捨てる瞑想~

ご訪問ありがとうございます!
真理を探究する人はもちろんのこと健やかさ、愛、豊かさなど
現実生活での幸せを求める人にこそ実践していただきたいのが瞑想です。
ここでは金井メソッドのご紹介や精神世界にまつわる話などを綴っています。
ぜひ!一人でも多くの方に瞑想を知っていただきたいと願っています。


金井メソッド「 宇宙の現れとしての本当の自分 」を覆い隠しているものから
離れ余計なものを捨てていく瞑想です。

「本当の自分」で生きることができれば人は本来の能力を発揮でき
苦しみから解放され、現象面での幸せや心の平和を見い出すことができます。


巷では、物を捨てるための解説書や、お片づけ本が大ブームになっていますね。
物を捨てたり片付けたりで人生が変わると説いています。
これなどは、本当の自分でない自分で生きていることを漠然と感じ取り
自分の中の何か余計なものを捨てたいという気持ちの現れです。

どうせなら瞑想で 「 宇宙の現れとしての本当の自分 」 以外の
余計なものを捨ててみませんか?
きっと世界が変わっていくことを実感できるはずです。

私が瞑想をするきっかけになったのは金井系一郎先生の著書
「すべてを受け入れて自由になる」です。

すべてを受け入れて自由になる、幸せに生きるにはこの言葉に始まり
この言葉に終わるといっても過言でないとさえ思っています。
ただ、「受け入れる」ということの意味を取り違えられることが多いのが
残念ですが、本当の意味を理解し実践できればこの世は怖いものなし、
平和で自由な心で生きていくことができるはずです。

1. 瞑想で何を捨てるの?

2. 受け入れるということの本当の意味

至福


私が瞑想体験としてとてもすばらしい幸福感を感じた、その幸福というのを
ひとことで言い表すとしたら

自分のことが大好き。

もう自分のことが好きで好きで愛おしくて愛おしくてたまらない。
自分自身に満足しきっていました。
自分の中の愚かさや醜ささえも愛おしい。

その結果として人にも世界にも不満も不安も敵も恐怖もない、
そして過去も未来もない、息をしている今だけがある、
というか息そのものが自分自身のような
そんな感覚でした。

そのすばらしさは表現しようとすればするほど
嘘っぽくなりそうです。

これは今の私が思い出してなんとか言葉というものを使って
表現するとそんな感じだということで
もちろんそのときには敵なんていう概念は存在する余地など
ありませんでした。

よくスピリチュアル本などで
世界がどう見えるかは自分が自分をどう感じているかによる
なんて書かれています。

「すべてを受け入れて自由になる」にも
世界は自分を映すと書かれていますが

ほんとうに、そう、とわかった数日間の体験でした。


ブログランキング・にほんブログ村へ
ブログランキングに参加しています。1クリックしていただければ幸いです。



1.jpg



占いという意味で夢というのは以前から気になるものでした。
この世に絶対というものはない、
もしあるとしたら絶対はこの世にはない、ということだけが絶対。

私はそう言いながら、夢は100パーセント。
夢からのメッセージは外れたことがない、絶対だと思っていました。

しょっちゅう見るものではありませんでしたが
そのメッセージは目覚める直前に、
人物や動物、物や情景などの静止画が多く
自分自身の行動のときもあります。
ストーリーにはなっていなくて感情も伴わず
そのものがただ見えるというだけのものです。

夢日記をつけようとしても覚えていられなかったのですが
夢占いとしての夢は目覚めた瞬間、はっきりと覚えています。

基本にあるのは中国式の夢判断ですが
それに自分なりの経験が加味されていきました。

でも、たとえば何かを始めるにあたって「失敗」を象徴する夢を見たとしたら
ああ失敗かぁ、それじゃぁやめておこう、になったとしたら
もちろんそれが正解のこともあるけれどそれだけでは意味がない
と思っていました。

また、自分ではどうにもできない事柄について嫌な予兆を見たとしたら
心配するという苦しみの種になるだけです。

夢なんて見ないほうがいい
100パーセントの夢占いをなんとか
その結果が絶対ではないようにできないものかと思っていました。
好い夢だけが当って、嫌な予兆の時は外れるようにという虫のいい話です。

そして今。
未来は今の自分が創る。
予言性のある夢だと思えたら
「 今の自分の在りようで今のまま進んだらそうなる 」
ととらえています。

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
ある日、私にとっては想定外で判断ができない嫌な夢を見ました。
自分の気になることが夢として出ているだけなのかどうか
そこにはメッセージ性があるのかないのかわからない夢でした。

先生に訊くと
「夢で起きたことは実現しないから大丈夫」

その後、とても幸せな夢を見ました。
夢で起きたことは実現しないから残念だと思いましたが
「それは正夢ですよ」と言われ

でも先生、以前夢で起きたことは実現しないと聞きましたが?

「良いことは実現する、その姿勢が大事」

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
表面意識ではどんなに心配していても
大丈夫な時は大丈夫だという夢を見ます。
潜在意識が大丈夫になっているから大丈夫になっていくのでしょうか。

夢はどこか自分とは別の場所から降ってくるというものではなく
まぎれもなく自分自身が見ているものです。
意識では夢にも思っていない出来事を夢が教えてくれるのですから
人間の潜在意識の素晴らしさに驚きます。

今までは夢を上手く活かすことができなかった私ですが
それは、夢を活かそうと思っていなかったから。
夢日記をつけ出したこれからは、素晴らしい潜在意識を活かすも殺すも
意思次第というところでしょうか。


ブログランキング・にほんブログ村へ
ブログランキングに参加しています。1クリックしていただければ幸いです。


dream

瞑想を始めてから1年くらいたったころでしょうか
静かに座って目をつぶり想いが出てきたら
もう考えるのはやめようと一瞬だけ思って
その想いを捨てることを1~2分もしていると

自分自身なのか自分をとりまく空気なのか
おそらくどちらもが、さーっと変化するのを感じていました。
まるで異空間にスポッと入ってしまうような感覚です。

これが一時的にであれ波動が整うということなのだろうか?
瞑想中と平素の自分はこれほどの違いがあるものかと思ったものです。

いつの頃からかそういったこともなくなりました。
心騒がしいときは、瞑想中に色々な想いが出てきますが
近頃では瞑想をしているのかいないのかよくわからないような
想念があまり出てこず、最初から最後まで静かな時間だけが流れている
といった瞑想も多くなっています。

そんな瞑想のときに感じるのは
もっと深いところに何かがありそうということです。
ブロックされていて出てくることができない何かがあるのではいか。
ちょっとした工夫でそのブロックが外れそうな気がして
少し意識して瞑想中に出そうとしてみたくなります。

そのことについて、青字が先生の言葉です。

瞑想中に意識的に想いを出そうとすることは止めたほうがよいでしょう。
それをすると無意識に想いを作りだしてしまい、
本当に抑圧されている想いは出てきませんから。
出てくるときに出てくると思って、いつもと同じ瞑想をするのがよいです。
また抑圧されている想いは瞑想中でなく夢にも出やすいので、
夢日記をつけると良いでしょう。


早速、夢日記をつけようとしてみましたが
確かに夢は見ている気がするのですが覚えていられないのです。

夢は思いだそうとするより寝る前に覚えておこうと決意するほうが
効果がある


と言われて、やってはみても、やはり無理。

それでは目覚める直前の夢は思い出しやすいので
睡眠時間を短くすることです。


私は、朝めざめたときに起きているのかまだ寝ているのかわからないような
まどろみの時間に想いなどいろいろなものが出てくるので
その時間を瞑想につなげようとしています。
睡眠時間を短くするということはその時間を少なくするということです。

正直言うと、まどろんでいるほうが気持ちがいいし
眠くて起きたくないのです。
夢日記は簡単にあきらめることにして
「まどろみの時間」を瞑想につなげるということを
もっと徹底的にすることにしようとしました。
すると

目覚めているか寝ているかわからないときに出る想いは、
普段出てくる想いとは違い、無意識の層から出てくるものが多いです。
従ってそれから離れるよりも、逆にそれを夢とは別に、
「 まどろみ日記 」として記録して活かすようにするとよいです。


それはすごくいいかもしれない、と思いましたが
まどろみの時間は私にとっては
限りなく瞑想に近いものだと思っていますから、
そのときに出てくる想いを覚えて書きとめようと努めることは
想いを切って捨てる、想いから離れるという本来の瞑想とは
反対のことをしているような気がするのです。

そうすることで出てきた想いに対してとらわれることにはならないでしょうか?

そんなことを言ったら欲望をもつことはできなくなりますよ。
とらわれとは、それが思ったようにいかないときに苦しみになる
そういう欲望の在り方を意味する言葉です。

夢やまどろみの中に出てくるものは、
無意識の層からのメッセージですが通用の言葉を使っていないので
外国語を翻訳するように、夢やイメージは解釈をしなければいけません。

解釈が正しければ自分の潜在意識を顕在意識化することができ
顕在意識になれば自分にプラスになるように対応することができます。
それが活かすということです。


そうして始まった「 まどろみ日記 」ですが
不思議なことに「まどろみ日記」にしようと思うと
夢も覚えられるようになりました。
日記の内容は、ある一場面、登場人物や状況などを書きとめるだけの
簡単なショートストーリーです。

日記をつけ始めると小さな驚きがありました。

それは、夢を覚えて書きとめるということに価値を見出すことができて
そして自分自身の追体験ができていると感じることです。

私はまだ記録した内容を分析することには興味がわかないのですが
「 まどろみ日記 」をつけるという事そのものに価値を感じます。
自分の心を大切にしているような気持ちよさでしょうか。

しばらくして読み返すと、そんなものを見たことなどすっかり忘れていますが
分析しようと思わないせいか自分で書いたものを読んでみると
結構、面白く少し笑えます。

ハチャメチャで筋道も通っていない物語ともいえないような短い文章を読むと
意味がわからないのに胸のあたりがキューンとなったり、温かくなったり、
くすぐったくなったり、

自分の中からでてきたものに追体験
(他人の体験をあとからなぞり自分の体験のようにとらえること)
をしているようです。

出てきたものを記録することで自分の中にストンと一度入れてあげて、
そうすることでいらないものを捨てていくことができるまどろみ日記です。

これからはまどろみ日記の解釈にも取り組んでいこうかな
と思っています。


ブログランキング・にほんブログ村へ
ブログランキングに参加しています。1クリックしていただければ幸いです。