FC2ブログ
~捨てる瞑想~

ご訪問ありがとうございます!
真理を探究する人はもちろんのこと健やかさ、愛、豊かさなど
現実生活での幸せを求める人にこそ実践していただきたいのが瞑想です。
ここでは金井メソッドのご紹介や精神世界にまつわる話などを綴っています。
ぜひ!一人でも多くの方に瞑想を知っていただきたいと願っています。


金井メソッド「 宇宙の現れとしての本当の自分 」を覆い隠しているものから
離れ余計なものを捨てていく瞑想です。

「本当の自分」で生きることができれば人は本来の能力を発揮でき
苦しみから解放され、現象面での幸せや心の平和を見い出すことができます。


巷では、物を捨てるための解説書や、お片づけ本が大ブームになっていますね。
物を捨てたり片付けたりで人生が変わると説いています。
これなどは、本当の自分でない自分で生きていることを漠然と感じ取り
自分の中の何か余計なものを捨てたいという気持ちの現れです。

どうせなら瞑想で 「 宇宙の現れとしての本当の自分 」 以外の
余計なものを捨ててみませんか?
きっと世界が変わっていくことを実感できるはずです。

私が瞑想をするきっかけになったのは金井系一郎先生の著書
「すべてを受け入れて自由になる」です。

すべてを受け入れて自由になる、幸せに生きるにはこの言葉に始まり
この言葉に終わるといっても過言でないとさえ思っています。
ただ、「受け入れる」ということの意味を取り違えられることが多いのが
残念ですが、本当の意味を理解し実践できればこの世は怖いものなし、
平和で自由な心で生きていくことができるはずです。

1. 瞑想で何を捨てるの?

2. 受け入れるということの本当の意味



自我と本当の自分について、トップページの
 「 瞑想で何を捨てるの?」 を改訂しました。
そして今日は素敵な詩のご紹介です。

~インビテーション(招待)~

あなたの職業が何であるかは、私には興味がありません。
私が知りたいのは、あなたがどんなことを心から望んでいて
その願いが叶うことを夢見ているかどうかです。

あなたの年齢がいくつなのか、私には興味がありません。
私が知りたいのは、あなたが愛や夢、そして人生の冒険のために
危険をかえりみずに身を投げ出すことができるかどうかです。

あなたの運命がどのように定められているかも、私には興味がありません。
私が知りたいのは、あなたが悲しみの奥底に触れた経験があるのか
心を開いて裏切りを許したことがあるのか
それとも傷つくのを恐れて心を閉ざしてしまっているのか
ということです。

あなたが、自分や他者の痛みと
じっと向き合うことができるのかも知りたい。
逃げ隠れせず、消し去ろうとか取りつくろうともしないで。

そしてあなたが、喜びを存分に味わうことができるかも知りたいのです。
すべてを解き放って思いっきりダンスし、周りを気にせず
現実のものごとや人としての制約なんかも忘れて、
快感が手足の先にまで満ちていくにまかせられるかどうかを。

あなたの語っていることが事実であるかどうか、私には興味がありません。
私が知りたいのは、あなたは自分に正直であるために
他人をがっかりさせることができるか。
たとえ背信者だと責められても、自らの魂に嘘をつくことがないか。
世の道理に反することによって、
自分自身を真に信頼される者にできるか、ということです。

あなたが、あまり素敵とはいえない毎日の中に、
美を見いだしているかどうかも知りたいです。
ただそのままの存在の中から、自らの人生を生み出す力を
受け取ることができているのかを。

さらにあなたが、自分や他者のあやまちを背負って
生きているのかも知りたい。
そしてそれでも、湖のほとりにじっと立ち、月の輝きに向かって、
人生に「イエス!」と声高く宣言できるかどうかを。


あなたの住む場所や、収入がどうかも、私には興味がありません。
私が知りたいのは、絶望に泣き果てた翌朝にも、
あなたは起き上がってこれるかです。
ひどく打ちのめされ、気力も尽きていながらも、
しなくてはいけない子供の朝食の用意ができるかどうかを。

あなたが誰と知り合い、どうやってここに来たのかも、
私には興味がありません。
私が知りたいのは、あなたが私と一緒に、ひるむことなく、
炎が燃えさかる真っただ中に立ってくれるかどうかです。

あなたがどこで誰と何を学んできたのか、私には興味がありません。
私が知りたいのは、周りのすべてが崩れ落ちたときに、
あなたを内側から支えるものが何であるかです。

そして、あなたが1人きりで何もしない時間を、
内なる自分と共に過ごすことが、とても好きか知りたいです。

By オーリア・マウンテン・ドリーマー


この詩がどうして広まったか
Yahoo!ブックスより抜粋です。

はじまりは、一編の詩だった。
2000人ほどの学生に著者が配っていた、ニューズレターに載せたもの
何千もの男性が、女性が、その詩を読んだ。
詩はコピーされて世界中にひろまり、
やがてインターネットを通じて一人歩きしだした。
結婚式で、お葬式で、この詩は読まれた。
会社で、病院の待合室で、この詩は掲示された。
そして詩は本になり、さらなる広がりの時を迎えた。
あなたも大切な誰かのために、あなた自身のために、
このいざないを受け入れてほしい。


ブログランキング・にほんブログ村へ
ブログランキングに参加しています。1クリックしていただければ幸いです。


4.jpg


瞑想体験として味わった大きな幸福感
に似たようなものを
瞑想体験としてではなく日常生活の中で何度か経験しました。
瞑想を知る以前、そして瞑想をするようになってからもありました。

大きな幸福感というからには
とても幸せな出来事があったときなのではないか
と思われるかもしれませんが、まったくの逆
それは絶望や恐怖の中で
自分ではどうしようもないというときにやってきました。

その感覚をどう表現してよいのか言葉が見つからなかったのですが
のちに「 すべてを受け入れる 」という表現にあたると知りました。

ずっと以前のことです。

母が体調不良を訴えました。
私の中では母が死ぬということは想定外で
永遠に生き続けてくれる
というような錯覚を持っていたのかもしれません。

恥ずかしい話ですが、私はその時、十分に大人になっていて
瞑想も始めていたにもかかわらず
母が死ぬかもしれないという恐怖でうろたえました。

病院で検査を受けて
お医者さんからは大丈夫だろうと言ってもらえた
と聞き一安心していはいたのですが
それでもどこか調子が悪そうな様子に
本人も周囲も不安をつのらせている矢先
倒れて救急車で運ばれたのです。

病院へ向かう道すがら私は
やはり母の身体は重篤な病に蝕まれていたんだと思い
あぁ!お母さんはもうすぐ死ぬ
という恐怖と悲しみでいっぱいになりました。

そしてそのことを受け入れるしかない極限まできたとき
肉体は無くなっても母は永遠に私の中で生き続けていく
とはっきりわかったのです。

病院に到着するころにはもう恐怖や不安や喪失感はなく
母との一体感に、心がぽかぽかし始め
喜びに近い心の平安が訪れていました。

死者はほほえむ
第三章 三節 絶対の世界に入る と 四節 肉体と精神を超える
そして第四章 の冒頭から

死の不安から逃れる最も確実な方法は
死を迎えても自分の存在が継続することを確信することです。

本当の愛の世界ではすべてが一体なのです。
そこでは自分とすべてが一体になります。
すべてがひとつになったとき現在だけが存在し永遠が訪れます。
瞑想によって愛の世界に入ると意識は精神と肉体にとらわれなくなります。
精神活動は完全に停止し、同時に肉体がなくなった感覚に入ります。
愛が満ちた状態は愛するものと愛されるものとが完全に一体となり
すべてがひとつに融合した状態になるためにそのような意識となるのです。


もちろんこれは瞑想によってそういう状態になるということで
私が瞑想以外で体験した平安は「瞑想もどき」かもしれませんが

状況や、その状況に対する
自分の悲しみや恐怖やみっともなさに圧倒され
味わい尽くしそこを突き抜けたと思えたとき
存在の愛の中にいるような幸せを感じることができました。

ここでも何度か死について書きましたが
私は死というものに対して軟弱で、課題のひとつのようです。
死の恐怖が人間の恐怖の基であるとすれば
つくづく弱い人間だったと思うのですが
瞑想によって少しは死の恐怖を乗り越えつつあるのでしょうか---
でも多少弱くても別にいいわと思っているのはなげやりでしょうか---


結局、病院へ運ばれ精密検査を受けた母は大病ではなく
2週間入院して点滴を受け退院したのでした。

もう自分の力ではどうしようもないとすべておまかせになったとき、
状況は良いほうへ向かうということもいつも共通していることですが

その極限を超えた時点では状況がどうなるかなんて
自分の中ではもうどうでもよくなっているのです。
ほんのひとときの自我の消滅です。

瞑想を知る以前から
自我が崩壊するには絶望や恐怖のハードルが存在する
ということを感じていた私は、
はじめての瞑想での至福体験は
瞑想はそんなハードルなしで幸せになれる道だ
と思わせてくれました。

でも実際は瞑想をし続けて自我を超える道にも
恐怖というハードルがあり
こちら側の準備が整ったとき受け取ることができる
ということを知ることになるのですが・・・


余談ですが缶コーヒーのコマーシャルで
スマップと共演している地球に来ている宇宙人という設定、
ハリウッドスターのトミー・リー・ジョーンズの

「 ただこの惑星では何かをふっ切ると強い 」
というセリフに笑っちゃいます。

受け入れるというのは、ふっ切る、突き抜けるというより
東洋的な感じがしますね。


ブログランキング・にほんブログ村へ
ブログランキングに参加しています。1クリックしていただければ幸いです。





素晴らしい瞑想体験 は私にとても多くのものを与えてくれました。

①私にとっての本当の幸せというのは
ただ自分が幸せだと感じていられることだけだということ、
その至福の時を実際垣間見られたこと

②単調な瞑想を続けるモチベーションの源になっていること

③でも何よりこの初回の至福体験がなければもしかしたら
瞑想をしていこうとは思わなかったかもしれないということです。

なにしろ本を読んで頭で理解してから
実際に瞑想をしてみようと思うまでに3年もかかった私です。

それは当時の私にとっては必要だったから起きたことで
これほどの体験がなければスルーしていたのではないかと思います。

その至福の数日間、この幸せはいつまでも続くものではないとわかっていました。
どんな素晴らしいものでも瞑想体験はしょせんただの瞑想体験です。
瞑想中に素晴らしいものが出てくるとか出てこないとかなんて
幸せになることには関係のないことです。

もし私の家族や友人に瞑想をしている人がいて
その影響で瞑想を始めるようになっていたら
その環境がラッキーで、あのような体験は必要なかったかもしれません。

これから瞑想をしてみようかという人に瞑想体験の話をするということの
難しさを感じますが

畳半畳もない空間にただ座っているように見えても
瞑想者の数だけの喜びや驚きや宇宙が広がっているということが
伝われば嬉しく思います。

ブログランキング・にほんブログ村へ
ブログランキングに参加しています。1クリックしていただければ幸いです。




あの時の「自分のことが大好き」というのは

自分のことが大好きなのですが、
あなたと私というような境目などは存在しないようなものでした。

それは 愛 といっていいかもしれないし 
宇宙のエナジー というのかもしれない
ある人はそれを 神 と呼んでいるのでしょうか。

瞑想を始めてまるで無神論者のようになってしまったのは
神はどこか高いところから私たちを見守っていてくださる
というようなものではないと思うようになったからです。


ブログランキング・にほんブログ村へ
ブログランキングに参加しています。1クリックしていただければ幸いです。