FC2ブログ
~捨てる瞑想~

ご訪問ありがとうございます!
真理を探究する人はもちろんのこと健やかさ、愛、豊かさなど
現実生活での幸せを求める人にこそ実践していただきたいのが瞑想です。
ここでは金井メソッドのご紹介や精神世界にまつわる話などを綴っています。
ぜひ!一人でも多くの方に瞑想を知っていただきたいと願っています。


金井メソッド「 宇宙の現れとしての本当の自分 」を覆い隠しているものから
離れ余計なものを捨てていく瞑想です。

「本当の自分」で生きることができれば人は本来の能力を発揮でき
苦しみから解放され、現象面での幸せや心の平和を見い出すことができます。


巷では、物を捨てるための解説書や、お片づけ本が大ブームになっていますね。
物を捨てたり片付けたりで人生が変わると説いています。
これなどは、本当の自分でない自分で生きていることを漠然と感じ取り
自分の中の何か余計なものを捨てたいという気持ちの現れです。

どうせなら瞑想で 「 宇宙の現れとしての本当の自分 」 以外の
余計なものを捨ててみませんか?
きっと世界が変わっていくことを実感できるはずです。

私が瞑想をするきっかけになったのは金井系一郎先生の著書
「すべてを受け入れて自由になる」です。

すべてを受け入れて自由になる、幸せに生きるにはこの言葉に始まり
この言葉に終わるといっても過言でないとさえ思っています。
ただ、「受け入れる」ということの意味を取り違えられることが多いのが
残念ですが、本当の意味を理解し実践できればこの世は怖いものなし、
平和で自由な心で生きていくことができるはずです。

1. 瞑想で何を捨てるの?

2. 受け入れるということの本当の意味



自我にふりまわされて納得のいかない選択や生活になったり
途中で気づいたとしても軌道修正する際のもったいなさと

もうひとつ

自分の心の平安が消えうせることが、もったいなく悔しいです。

原因が出来事であれ人であれ、
それはそれ。

大切な自分の心を汚すのは嫌なので
悪しき想いが続いてしまうと
あぁ~~もったいなかった!!と思ってしまいます。

なので、イライラや、イヤな気分が続きそうになったら
先手を打って、あぁ~もったいない、もったいないと言って、
顔をブルブル横に振って追い払います。

なかなか頑固な時もありますけど、
「もったいない」は、イヤな気分を追い払う私のマントラです。


先日ブラウスをホームクリーニングした際、
ボタンが濡れて、そのサビが袖口のところに付いてしまいました。
コットン素材で高価なものではないですが
とても気に入っていたのでショックでした。
クリーニング屋さんにきれいにとってもらえましたが
最初は何の汚れかわからずどうしてもとれず、とても残念でした。

洋服一枚であんなに惜しかったけれど
自分の心が汚れることこそもったいなく悔しいことだったと
気づかなかったのがまた悔しいのですが、
それもヨシとしています。

瞑想では想いが出てきたら、「もう考えるのはやめにしよう」
というような言葉を心の中で一瞬つぶやいて想いから離れていきますが

実生活で自分にとっていらない想いを捨てるときには
ヤワな言葉より、「もったいない」が私には一番効き目があります。


ブログランキング・にほんブログ村へ
ブログランキングに参加しています。1クリックしていただければ幸いです。





瞑想で自我から自由になると
なぜ「もったいない」が少なくなるのでしょうか?

スピリチュアルな言い方をすれば
本当の自分は全知全能な存在だから良い選択ができる・・・

でも、私はなんだかそんな表現をするのは
気恥かしいというかなんというか。

結局のところ、成功しようが失敗しようが、何があっても
「 納得がいくから 」ということがピッタリきます。


湯船につかっているときに
セミナーに行きたいなと思って一転参加を決めるような決断の仕方は
私にとってはあまり珍しくありませんでした。

種類は少し違いますが
ぼーっとしているときに出てきた想いによって
180度の変化とまではいかないまでも、かなり違う選択をしたり

ほとんどあきらめていたことが
最後の一瞬、出てきた想いがきっかけで救われたり。

それまでわからなかったことがわかったりすることもそんなときです。

自分自身の中からの声というのは絶対そうせずにはいられない
という感覚があるのでそれに従わざるを得ず
正しいか間違いかという判断を超えています。

私は考えて考えて何かを決めると失敗しやすい
と先生に言われたとおりですが
直感や勘というのは自我が強く働くと狂いが生じるそうですし
考えなくてもいいということではないということで
難しい部分もありますが。

声ともいえない声に導かれてラッキーのように
聞こえるかもしれませんが
たしかにとてもラッキーだったなと思うことも多いのですが

あえてネガティブな見方をしてみると
普段は自我が主導権を握っていて
土壇場にならないと良い選択ができなかったのではないかとも思えます。

自分にとっての本当の望みや喜びというものから
違ったところへ向かいかけてそこから戻るための
時間や、戻ってからの後始末など
余分の労力を使わなければいけません。
自我に振り回されているときはもったいない
と思えることが多かったです。

人に振り回されるのも困りものですが
まさか自分(自我)に振り回されているとは
誰も思わないんじゃないでしょうか。


ブログランキング・にほんブログ村へ
ブログランキングに参加しています。1クリックしていただければ幸いです。





瞑想教室セミナーに参加してきました。

瞑想をする人間として幸せになるために何をすればよいのか、

光源(命)をフィルム(精神)を通してスクリーン(肉体や行動) 
に望むもの、良いもの、幸せを映し出すために
どう考えれば良いのか、何をすれば良いのか

という内容でした。

ICレコーダーも持ってはいるのですが、それは持って行かず
もう、速記者にでもなれるんじゃないかと思うほどに
一言一句たりとも逃さず書きとめようと夢中になれました。

そして今は、何が何でも学んだことを実行してみせると思ってはいますが・・・

実は私はセミナーの日は予定が入ってしまいました。
そちらをお断りするのは義理を欠くという思いがありましたので
今回のセミナーへの参加は考えに入れていませんでした。

でもある日、湯船につかって「極楽、極楽」とうっとりしていたとき
急に、やっぱりセミナーに行きたいなという想いが出てきました。

決めたらもう迷いはありませんでした。

前回の記事で、インビテーション(招待)という詩 をご紹介したのは

ちょうどトップページの「 瞑想で何を捨てるの? 」という部分の改訂で
自我のことについて書いたとき
この詩が、自我と本当の私を素敵に表現してくれていると思ったからですが、
そもそもはセミナー参加を決めたとき、この詩を思い出したからでした。

インビテーションは日本語で招待、招待状という意味です。

お気づきでしょうか?

招待(しょうたい)

そう、 しょうたいは「 正体 」、
そのものの本当の姿のことです。

この詩で「知りたいです」と言われている部分こそ、
その人の正体からのもので
私はあなたの正体こそが知りたいです、という詩ではないでしょうか。

セミナーへは私の正体が私を招待してくれたと思っています。
そして最後の集団瞑想は、いつもながらに素晴らしく

何一つ欠けても私は今ここにいなかったな、と思えて
ちょっとだけ涙が出ました。

集団瞑想がなぜすばらしいのか、についてはこちらをご覧ください。
http://meisou1.blog.fc2.com/blog-entry-23.html


ブログランキング・にほんブログ村へ
ブログランキングに参加しています。1クリックしていただければ幸いです。