FC2ブログ
~捨てる瞑想~

ご訪問ありがとうございます!
真理を探究する人はもちろんのこと健やかさ、愛、豊かさなど
現実生活での幸せを求める人にこそ実践していただきたいのが瞑想です。
ここでは金井メソッドのご紹介や精神世界にまつわる話などを綴っています。
ぜひ!一人でも多くの方に瞑想を知っていただきたいと願っています。


金井メソッド「 宇宙の現れとしての本当の自分 」を覆い隠しているものから
離れ余計なものを捨てていく瞑想です。

「本当の自分」で生きることができれば人は本来の能力を発揮でき
苦しみから解放され、現象面での幸せや心の平和を見い出すことができます。


巷では、物を捨てるための解説書や、お片づけ本が大ブームになっていますね。
物を捨てたり片付けたりで人生が変わると説いています。
これなどは、本当の自分でない自分で生きていることを漠然と感じ取り
自分の中の何か余計なものを捨てたいという気持ちの現れです。

どうせなら瞑想で 「 宇宙の現れとしての本当の自分 」 以外の
余計なものを捨ててみませんか?
きっと世界が変わっていくことを実感できるはずです。

私が瞑想をするきっかけになったのは金井系一郎先生の著書
「すべてを受け入れて自由になる」です。

すべてを受け入れて自由になる、幸せに生きるにはこの言葉に始まり
この言葉に終わるといっても過言でないとさえ思っています。
ただ、「受け入れる」ということの意味を取り違えられることが多いのが
残念ですが、本当の意味を理解し実践できればこの世は怖いものなし、
平和で自由な心で生きていくことができるはずです。

1. 瞑想で何を捨てるの?

2. 受け入れるということの本当の意味



瞑想をし始めてしばらくたったころ
リトリートでの夜の座談会のときでした。

年配のある方が、戦争の悲惨さと
今の若者がいかに恵まれているかということを
話しはじめました。

部屋に戻ってから、相部屋の人たちと
座談会での話の続きをしました。
そのときは相部屋の人たちも私も参加者の中では若いほうに
属していたので
「 言われていることは正しいけれど、そう言われてもねぇ~」
というようなことを話していたと思います。

私は悩みに貴賎はないと思っていました。
それは今も変わりありません。

たとえばひどいニキビで困っている思春期の若者の悩みは
悲惨な戦争体験とは比べものにならない、
苦しみとはとても言えないものですが
それでも当の本人にとっては心を閉ざすほどのものかもしれません。

私がもし食べるものもない、悲惨な戦争体験をしていたら
戦争というものを憎み
現象面での豊かさや平和を求めることに傾倒して
精神世界に目覚めることができなかったかもしれません。


そして月日が流れ、年を重ね・・・

幸せは他との比較ではないとか
輪廻転生などという考えはひとまず横に置いておいて。

この豊かで安全な日本に
この時期に生まれて身の危険を感じないでこうしていられる。

教育をあたりまえに受けることができた。

今こうしてパソコンの前で書きたいことを書き
読める自由を与えられてもいる。


飢餓人口は世界中の人口の7人に1人とも
8人に1人ともいわれています。
満足な教育も受けられない人がどれほどいることでしょう。
今でも世界中で戦争が多発しています。

本当に恵まれているということを今では実感することができます。


1クリックしていただければうれしいです。
ブログランキング・にほんブログ村へ
応援ありがとうございます<(_ _)>



忘年会を兼ねたあるお食事会での出来事です。
私は一番奥の端のテーブルに仲のいい数名と座っていました。
隣に座った知り合いが、
長年飼っている猫が可愛くて仕方ないという話をしてくれました。
その猫のおかしな癖や、かつて飼っていた猫が死んだときの
悲しみなどを話し始め
私のテーブルはペットの話で盛り上がりました。

そのペットの話がひとまず終わり、食事やお酒を楽しんでいると
一番入口近くに座っていたある人が
私たちのテーブルにやってきました。

少し前に飼っていた犬が死んでしまってとてもショックで
しばらくはもう動物などは飼うまいと思っていたけれど
友人から子犬の里親になってくれないかと言われて
これからその子犬を引き取りに行くので
今日は少し早めに失礼しますということでした。

私が座っていたテーブルでは
ペットの話で始まりペットの話で終わったようなお食事会でした。

その人には私たちが猫の話をしていたなんてわからなかったはずです。
かなり席が離れていましたし
あちらはあちらで大盛り上がりのようでした。

類は友を呼びますね。
ただの偶然ですけれど
案外こういうものだと思います。


1クリックしていただければうれしいです。
ブログランキング・にほんブログ村へ
応援ありがとうございます<(_ _)>

2014.01.12 心のベクトル


お正月はいかがお過ごしでしたでしょうか?
今年もどうぞよろしくお願いいたします<(_ _)>

何事においても最初は大事だと思っているので
お正月に万全の体調で、そして心穏やかに過ごせるように、
そのためにできることを昨年の12月中は意識していました。

私はそういった小さな目標を自分の中で立てて
そのために小さな努力や工夫をするのが好きです。
幸い穏やかな気持ちでお正月を迎えることができ
4日の新年会にも参加できて楽しかったです。

昨年の目標も忘れず、そして
今年の目標は「努力の継続」と「行動」です。

数か月もすると忘れてしまいかねないので
紙に書いて壁にでも貼っておけばいいのでしょうが
そうしたとしても、まるで壁に掛けられている絵や
飾られたオブジェのようになってしまって
書かれていることが目には入ってきても頭には入ってこない
ということになるかもしれません。

それでも年初に強く強く持った目標というものは
少なからず自分の心の中のベクトル(大きさと向きを有する量)に作用して、
いろいろなことが始まっていくようです。


1クリックしていただければうれしいです。

ブログランキング・にほんブログ村へ
応援ありがとうございます<(_ _)>