FC2ブログ
~捨てる瞑想~

ご訪問ありがとうございます!
真理を探究する人はもちろんのこと健やかさ、愛、豊かさなど
現実生活での幸せを求める人にこそ実践していただきたいのが瞑想です。
ここでは金井メソッドのご紹介や精神世界にまつわる話などを綴っています。
ぜひ!一人でも多くの方に瞑想を知っていただきたいと願っています。


金井メソッド「 宇宙の現れとしての本当の自分 」を覆い隠しているものから
離れ余計なものを捨てていく瞑想です。

「本当の自分」で生きることができれば人は本来の能力を発揮でき
苦しみから解放され、現象面での幸せや心の平和を見い出すことができます。


巷では、物を捨てるための解説書や、お片づけ本が大ブームになっていますね。
物を捨てたり片付けたりで人生が変わると説いています。
これなどは、本当の自分でない自分で生きていることを漠然と感じ取り
自分の中の何か余計なものを捨てたいという気持ちの現れです。

どうせなら瞑想で 「 宇宙の現れとしての本当の自分 」 以外の
余計なものを捨ててみませんか?
きっと世界が変わっていくことを実感できるはずです。

私が瞑想をするきっかけになったのは金井系一郎先生の著書
「すべてを受け入れて自由になる」です。

すべてを受け入れて自由になる、幸せに生きるにはこの言葉に始まり
この言葉に終わるといっても過言でないとさえ思っています。
ただ、「受け入れる」ということの意味を取り違えられることが多いのが
残念ですが、本当の意味を理解し実践できればこの世は怖いものなし、
平和で自由な心で生きていくことができるはずです。

1. 瞑想で何を捨てるの?

2. 受け入れるということの本当の意味



「すべてを受け入れて自由になる」に
会の活動として合宿などを行っていると書かれていました。
(今は合宿と言わずリトリートと呼ばれています)

合宿?

学生のときの部活の合宿は楽しい想い出しか残っていません。
なので、合宿と聞いて
参加してみたいと思ったかというとまったく反対です。

大の大人が合宿なんて、、、、
私の脳裏には、白いトレパンや体操服のようなものを着た参加者が
板の間に座っているイメージが浮かびました。

そのイメージにさえぎられて参加してみようとは
まったく思えませんでした。
救われたいという思いがまだ飽和点に達していなかったのです。

そんな私が瞑想の会に入会する2年くらい前に1度だけ
1泊2日で、あるセミナーに参加したことがあります。
そういったものに参加するのが初めてだったので
ワクワクしながら、そして少し緊張しながら出かけて行きました。

電車やバスの乗り継ぎがあまり上手くいかず
遅刻はしなかったものの、開始時間ぎりぎりにセミナー会場へ入ると
主催者の先生に挨拶をして空いている席に着きました。
かなりの参加者でした。

私はこのとき、セミナー会場に入るや否や
その先生に嫌われたなと思ってしまったのです。

セミナーの中でどういう講義があったのかよく覚えていないのですが
先生は参加者ひとりひとりに
どのチャクラが活性化しているか見てくれました。

その時、同じ部屋になった人と、
帰りの電車が同じだった人たちとはしばらく連絡をとり合いました。
その人たちはセミナーを楽しめたようですが
私は、雰囲気に馴染めず
こういうセミナーにはもう2度と参加したくないと思ってしまいました。
精神世界オタクにならずにすみました。

今考えれば、ただ単に
愛想を振りまくタイプの方でなかっただけなのを
私は嫌われたと受け取っただけなのかもしれないし
自分の心の投影だったのかもしれないと思っています。



1クリックしていただければうれしいです。
ブログランキング・にほんブログ村へ
応援ありがとうございます<(_ _)>



なでしこジャパンの佐々木監督の好きな言葉のひとつが
論語の知好楽(ちこうらく) だそうです。

『 知好楽 』 とは
『子曰く、これを知る者は、これを好む者に如かず。
これを好む者は、これを楽しむ者に如かず』

「これを知っているだけの者は、これを好きな者におよばない。
これを好きな者は、これを真に楽しむ者にはおよばない」


瞑想の師、金井先生 がよく
瞑想を楽しんで、とおっしゃいます。

もし瞑想は楽しいですか?と聞かれたら・・・・・・・
もちろん、YES、ですが
瞑想中に楽しさが出てくるという意味ではないので
こういうことに興味のない人に答えるとしたら
返事に困るかもしれません。

就寝前に、身の回りの片づけなどをしていると
あともう少しで瞑想ができると思い
なんだかほっとしてうれしくなってきます。
(なのにだいたい、たった十数分の瞑想時間でちゃんと止めたくなのが不思議です)

あるがままの今の自分の中心、
宇宙や神性、霊性へ帰依できるようなうれしさ

だと言えば聞こえはいいですが
瞑想を頭で連想するだけで、私の中では絶対の幸せと結びついて
パブロフの犬のごとく反応しているのかもしれません。

自分は幸せに生きてあたりまえだと思っているので
そのあたりまえを追求していること
絶対幸福への旅=精神世界の旅そのものが楽しいです。

あたりまえのものが手に入っていないという
あせりや苦しみもありません。

本当の自分の入れ物である肉体のケアも好きだし
心の在り方や生活改善の工夫のあれこれもも好きです。

健康オタクを皮肉って
健康のためなら命を落としてもいいようだ
なんて言われ方をされることがあります。

この道を歩いていることが楽しいって
精神世界オタクなのでしょうか?
いえいえ!
本当の瞑想を続けていると精神世界オタクにならないものです。

瞑想をするようになった今のほうが
自分の人生の喜びを追求しています。

自分の幸せというものを勘違いすることはあっても
自分が幸せになることを望んでいない人間なんて
普通に考えればいないのではないでしょうか。
そう考えれば瞑想は誰にでも楽しめるものです。



1クリックしていただければうれしいです。
ブログランキング・にほんブログ村へ
応援ありがとうございます<(_ _)>




天皇陛下の心臓手術を担当した天野篤教授は年間執刀数が400件以上
日本の心臓外科医の平均が50件だということですので信じられない数です。

メディアによると月曜から金曜までは病院に泊まり込み24時間体制の生活を
30年近く続けているそうです。
生き伸びるためではなく患者さんの生きる喜びを取り戻すための手術を行うという
姿勢に感動しました。

ある時期の私なら、
「患者さんを助けるという使命感や人の命を救うことがすばらしい!!」
ある時期の私なら、「もっと自分を大切にしてもいいのに」
そう思ったかもしれません。

10000万人の命を救うことができる人もいるし
ほのぼの生きてその笑顔が周りの人に喜びを与える存在の人もいる。

今は・・・・
魂の個性というのは立派だとかそうでないとかはまったく関係ない。
魂の個性って人間の数だけあって素晴らしい。
人からどんなに過酷そうに見えてもそこに魂の喜びを感じるなら、
そう思えます。

手術では圧倒的な経験値だからこそ危機的な場面で
次の一手を導き出すことができるそうです。
どんな分野でもそうですが。。。

圧倒的な経験値といえば!!
私は母が作ってくれたたまご焼きを見ただけで
その味がわかります

毎日のお弁当に、遠足のお弁当に、
そして家で食べるたまご焼きも
少々アバウトな母は作るたびに味が違います。

お弁当に入っているたまご焼きやだし巻きを見て
今日はダシなし、今日は塩だけ、今日はダシと塩と砂糖入り、
今日は残念 
今日はイケる 

言葉に表せない微妙な味わいの違いも見ただけで想像できました。
食べる前の目で見た想像どおりの味を楽しんだものです。

このことは母の作ったものに限ったのですが
もの心ついた幼いころから膨大な数の
母のたまご焼きを食べたからこそです。

なんだかとっても低次元の経験値です。



1クリックしていただければうれしいです。
ブログランキング・にほんブログ村へ
応援ありがとうございます<(_ _)>




ゴルフのアマチュア勝みなみ選手が15歳で最年少優勝しましたね。
その直後も若手選手の活躍が相次ぎました。

時代背景なども影響しているそうですが
私もできるんだという気持ちを引き出す効果があったかもしれない
ということです。

オリンピックで金メダル!と子どものころから公言していたのは
羽生選手と真央ちゃんだけと書きましたが

先月の仙台での9万人以上動員の羽生選手の祝賀パレードを見て
やはり仙台で7万人以上動員の荒川静香選手の
金メダル祝賀パレードを想い出しました。

かつては自分と同じリンクで練習していた選手の
あのようなパレードを間近で見ていた幼い選手は
自分の明るい未来をワクワク想い描いたことでしょう。

真央ちゃんも幼い時から練習していた名古屋のリンクの先輩に
オリンピックで銀メダルをとった伊藤みどり選手がいます。

誰もが出来ないトリプルアクセルも名古屋の選手は
練習してマスターしようという伝統というか流れがあるそうです。

間近で見た少年少女がみんなオリンピックに出られるわけではないし
「間近で見た」 と 「オリンピックで金メダルを取れた」
の間にはイコール記号 ( = ) は存在しません。

でも夢の実現へ心躍らせるきっかけや
モチベーションの維持になった少年少女が確かに存在したのですね。


いきなりここで瞑想の話で恐縮ですが
あれほど苦しかったけれど瞑想をして楽になったんです、
という瞑想体験もやりすぎるとくどいかもしれませんが、

それでも瞑想って続けるといいかも、とか
続ける励みにしていただけることもあると思っています。

瞑想に出会う前の数年間、まだ花の20代、私の暗黒の時代です。
理性で考えれば何も問題はない生活でしたが苦しい毎日。

それまでの抑圧された感情が苦しみの原因だとはわかっていましたが
何が苦しいのかわからなくなっていました。
生きにくい。

おそらくこの頃、心療内科に行っていれば
何か病名をつけられていたのではないだろうかと思います。

何事もないように生活していましたが
どうしてこんな自分になってしまったのだろうと
そんな自分が嫌でした。

幸せになる方法を強く求めていて
その求めるものが得られないということそのことも
苦しみの原因になっていたように思います。

初めてやってみた瞑想でこれだ!とわかったのはよかったのですが
その後の瞑想体験でのひどい吐き気や陰鬱感にも苦しみました。

でもこの苦しい瞑想体験は
自分の奥底からの変化が生まれている証しだという思いがあり
どんどんいらないものを捨てていって
これから自分はどんどん幸せになっていけるという
かすかな喜びを感じられる苦しみでした。


そんな私でも瞑想で今はこんなに楽になりました。
今でも生きていく上で自信のない事柄もあるけれど
自分だけの魂の個性が何か知ることができて
それを発揮して生きているという自信はとてもあります。


1クリックしていただければうれしいです。
ブログランキング・にほんブログ村へ
応援ありがとうございます<(_ _)>