FC2ブログ
~捨てる瞑想~

ご訪問ありがとうございます!
真理を探究する人はもちろんのこと健やかさ、愛、豊かさなど
現実生活での幸せを求める人にこそ実践していただきたいのが瞑想です。
ここでは金井メソッドのご紹介や精神世界にまつわる話などを綴っています。
ぜひ!一人でも多くの方に瞑想を知っていただきたいと願っています。


金井メソッド「 宇宙の現れとしての本当の自分 」を覆い隠しているものから
離れ余計なものを捨てていく瞑想です。

「本当の自分」で生きることができれば人は本来の能力を発揮でき
苦しみから解放され、現象面での幸せや心の平和を見い出すことができます。


巷では、物を捨てるための解説書や、お片づけ本が大ブームになっていますね。
物を捨てたり片付けたりで人生が変わると説いています。
これなどは、本当の自分でない自分で生きていることを漠然と感じ取り
自分の中の何か余計なものを捨てたいという気持ちの現れです。

どうせなら瞑想で 「 宇宙の現れとしての本当の自分 」 以外の
余計なものを捨ててみませんか?
きっと世界が変わっていくことを実感できるはずです。

私が瞑想をするきっかけになったのは金井系一郎先生の著書
「すべてを受け入れて自由になる」です。

すべてを受け入れて自由になる、幸せに生きるにはこの言葉に始まり
この言葉に終わるといっても過言でないとさえ思っています。
ただ、「受け入れる」ということの意味を取り違えられることが多いのが
残念ですが、本当の意味を理解し実践できればこの世は怖いものなし、
平和で自由な心で生きていくことができるはずです。

1. 瞑想で何を捨てるの?

2. 受け入れるということの本当の意味



「 先生はなぜババジを師と決めたのですか? 」

『 ババジの言葉や書いたものに、
  超能力とか何か特殊な能力についてのことがなかったからですね、
  もちろん最初にババジのことをなんかいいなあと思ったのですが 』

私はなぜだろう・・・・と考えるまでもなく、

ためしにやってみた瞑想が与えてくれた
恐怖もなにもない世界とひとつになった
幸福感のおかげ、
私はこの瞑想で幸せになれると思ったからでした。

今でこそ
幸せと超能力は関係ないけれど
その能力を求めることと不幸には
大いに関係があると思っていますが
最初は超能力にただ興味がなかっただけでした。

誤解や批判をあえて承知で・・・

悟った人は
私たちから見たら特殊能力とか超能力
と呼ばれるようなものを持っていないわけがない
と思っています。

どこからどこまでが超能力で特殊能力なのか
線引きも難しく
ある人にとっては超がつくようなものでも
ある人にとってはあってあたりまえ
そういうものだとも思っています。


1クリックしていただければうれしいです。
ブログランキング・にほんブログ村へ
応援ありがとうございます<(_ _)>




結核を患った過去の痛みの恐怖から
母の私の咳への反応の意味が
少しわかった気がしたときからしばらくして

金井先生の講演が大阪の会員の方主催で開かれ
出席したときでした。

先生のお母様がお亡くなりになられて
数カ月後のことだったと思います。
講話だったか、出席者の方の質問への答えの中で

お亡くなりになる半年くらい前に
お母様はインドに行きたいとおっしゃられたが、
先生はインドなんてとんでもない、
それでなくても肝臓を悪くしているのだからと答えた。
それ以上お母様は何もおっしゃられなかったそうですが、

先生は、あれは自分の恐怖心から、
行くことを反対してしまったのだと思う
と、少し涙で声を詰まらせてお話されました。

スピリチュアルな意味での恐怖心とは違う
何かを判断するときに基準とする
必要な恐怖心。

この恐怖心があるからこそ、
高いところは怖いとかウイルスに近づかないように
と思えるのでしょうが

それでも、講演中の先生の心情が
多くの言葉より伝わってきました。

先日、先生が師であるババジに会いに行かれたときのことを
伺いました。

ババジは1日に2、3時間しか起きていないとのことですが
2時間も一緒にいられてとても幸せでした。
師の本質は、何かを言葉で教えることにあるのではなく、
その存在にあるのだと実感できる、
素晴らしい時間を共にできて幸せでした。



1クリックしていただければうれしいです。
ブログランキング・にほんブログ村へ
応援ありがとうございます<(_ _)>




私は身体の弱い子どもでした。
大病をしたわけではないのですが
毎年健康診断で要再検査となり
その結果は、あまり激しい運動などはしないように
と注意されるのです。
幼稚園児のときは、欠席率No1でした。

なのに不思議と活発でした。
身体が弱い活発な子というのもおかしな話ですが
普段の活発さに身体がついていかず
すぐ熱を出してしまうという感じでした。

両親は健康診断が近付くと
また検査にひっかかるのではないかと心配はしていましたが

通常は神経質ではなく、
元気に走り回っている私の様子を見て
大丈夫だと思っていたのか
お医者さんの忠告など全く気にしていないようでした。

スポーツでもなんでもやりたいものはやらせてくれ
細かいことを言われることもほとんどありませんでした。

それが年のせいか、自身の恐怖心のせいか
うるさくなってきています。
特にある二つのことについて。

二つのことの一つ。
母は私が咳をすると妙に嫌そうな顔をするのです。
子どもの頃は意識していませんでしたが
大人になる頃にははっきり気づいていました。

そんな薄着をするからだとか、お医者さんに行けだとか
言われること以上に、嫌そうな顔をされるのが嫌で
家で咳をすることに気をつかってしまうこともしばしばです。
私としては食中毒になったときのほうがよっぽど辛かったのですが。

その理由が少しわかったのは10年ほど前。
母のレントゲン写真を見ながら
お医者さんに、「お母さんは結核を患った跡がありますね」
と言われたときでした。
母に聞いてみると、10代後半のことだということでした。

母の妹である叔母の娘、従妹のF子も
家で咳をし続けると、母親が嫌がると
同じことを言っていて
従姉妹同士、お互いの母親の愚痴を
ときどきこぼしあっています。

もうひとつは子どものころには何も言わなかったのに
今、私が自転車に乗ることを妙に嫌がるのです。
何だかんだ言いながら、歩けと言います。

その理由は最近知りました。
母自身が自転車に乗っていて坂道で転び
怖くなってそれ以来自転車に乗ることをやめたというのです。
20年くらいその事実を知りませんでした。

理由というのはあくまで私から見て
「ああそうだったのか」。

でもこの 「ああそうだったのか」 があると
優しい気持ちになってくるのです。



1クリックしていただければうれしいです。
ブログランキング・にほんブログ村へ
応援ありがとうございます<(_ _)>