FC2ブログ
~捨てる瞑想~

ご訪問ありがとうございます!
真理を探究する人はもちろんのこと健やかさ、愛、豊かさなど
現実生活での幸せを求める人にこそ実践していただきたいのが瞑想です。
ここでは金井メソッドのご紹介や精神世界にまつわる話などを綴っています。
ぜひ!一人でも多くの方に瞑想を知っていただきたいと願っています。


金井メソッド「 宇宙の現れとしての本当の自分 」を覆い隠しているものから
離れ余計なものを捨てていく瞑想です。

「本当の自分」で生きることができれば人は本来の能力を発揮でき
苦しみから解放され、現象面での幸せや心の平和を見い出すことができます。


巷では、物を捨てるための解説書や、お片づけ本が大ブームになっていますね。
物を捨てたり片付けたりで人生が変わると説いています。
これなどは、本当の自分でない自分で生きていることを漠然と感じ取り
自分の中の何か余計なものを捨てたいという気持ちの現れです。

どうせなら瞑想で 「 宇宙の現れとしての本当の自分 」 以外の
余計なものを捨ててみませんか?
きっと世界が変わっていくことを実感できるはずです。

私が瞑想をするきっかけになったのは金井系一郎先生の著書
「すべてを受け入れて自由になる」です。

すべてを受け入れて自由になる、幸せに生きるにはこの言葉に始まり
この言葉に終わるといっても過言でないとさえ思っています。
ただ、「受け入れる」ということの意味を取り違えられることが多いのが
残念ですが、本当の意味を理解し実践できればこの世は怖いものなし、
平和で自由な心で生きていくことができるはずです。

1. 瞑想で何を捨てるの?

2. 受け入れるということの本当の意味



私の心の傾向のひとつに 「 原因を知りたい 」というものがあります。

とらわれから解放されるためのルール作りに関しても
まず出てきたとらわれに関してのルールを守ることをしていけば
いいのですが

表面に出てきているとらわれの奥の本当のとらわれを考えたり
どうして出てきたのか、どうしてそうなったのか。
心の癖です。

幸せに生きていたあの頃と何も変わっていないはずなのに
なぜ今は幸せを感じないのか。
なんかおかしい。きっと幸せになる方法があるはず。
と思った根本には、
その原因のようなものが何かあるはずという
漠然とした思いがありました。
ねばならない とはならないのでとらわれではないと思いますが

その心の癖が瞑想に出会うお手伝いをしてくれた
ともいえるなと思っています。

そして、考えてもわからないことは考えない
ということを学ぶことになりました。



1クリックしていただければうれしいです。
ブログランキング・にほんブログ村へ
応援ありがとうございます<(_ _)>



私のとらわれとしてドロボーが出てきたことに
自分でも少し不思議な気持ちがしました。

なぜドロボーが出てきたかなど考えることなく
ルールを守ることをしていくことが必要だと言われても
ついつい考えてしましました。

そういえば、

私が初めて波動調整を受けた日のことです。
現実的な問題を先生に相談はしませんでした。
その時点では何も形に表れた問題を抱えているわけでは
なかったので。
でも私のとらわれをお見通し?

「 人は、何やったっていいんですよ 」
「 まあ いいや  って思っちゃう ことです 」

という先生からのアドバイスでした。

まあいいやって思っちゃうことというのは
済んだことにとらわれそうなとき
ねばならないととらわれそうなときは
そう思えという意味だと理解しました。

そんなこと言われてすぐにできるわけありませんでしたが
瞑想を続けて少しは心が自由になったでしょうか。


1クリックしていただければうれしいです。
ブログランキング・にほんブログ村へ
応援ありがとうございます<(_ _)>


もみじ

セミナーでやった
とらわれから解放されるための行動ルール作り、
私の場合です。

私は 何々 しなければならない
私は 何々 できない
私は生きていくために 何々 しなければならない
私がいつもあるべき状態は 何々 だ
私は 何々 してはならない

先生が読み上げた上記の文章を聞いて
とらわれである自分にとっての何々の部分を
書きとめました。
こういったことはだいたい最初にパッと出てきたことが正しい
ということで
あまり深く考えず本当に最初に自分の中からでてきた
言葉を書きました。

そして書きとめた言葉に関係する、最近あった出来事を想い出し、
そのとらわれから解放されるための
行動ルールを作るという作業です。

その中の一つ
私の5番目、 何々をしてはならないはドロボーでした。

それに関しての最近の出来事は
私が過去にバッグを4回も拾ったことがあるという話を
セミナーでの夕食のときにしたということでした。

一番最近バッグを拾ったのは今年の春頃だったでしょうか。
一番高価なのはおそらく100万円以上、
もっとするかもしれないと思う高級ブランドバッグ。
見つける場所はホテルのトイレ、電車の中、駅のホームなど。

いつも中身を片目をつぶるようにしてチラッと見て
ホテルのフロントや駅員さんに、
「 はい、こんなの ありました 」
というように持って行きました。

私自身も定期券を何回か落としたことがありますが
いつも戻ってきました。
電車の中に忘れた傘も戻ってきました。
そんな時はいつも自分がちゃんと届けるから
こうして戻ってくるんだと思うのです。

セミナーのとき、そんなことを思い出していると
ドロボーしてはならない、の奥にあるのは
バチが当る、という想いだと思ったのです。

私のとらわれはドロボーしてはならない、ではなく
バチが当るということではないのだろうか。
とらわれは幼い頃からの親の影響によることが多いということなので
バチが当るということなら、ふに落ちます。

このドロボーということに関して、セミナー中に先生は
自分が与える対価が少ないということもドロボーの一つでもあり
そういう意味では人はドロボーしながら生きているようなもの。
基本的に人間は何をやってもいいし自由です。
人を傷つけても泥棒しても。
でも人を傷つけることのほうが大変で
人を傷つけないほうが好いことのほうが多いです。

人を傷つけてはいけないというようなとらわれから自由になることが大事
ということを言われていました。

セミナー中に私が出した、自分のとらわれから自由になるルールは

もしまた何か拾った場合、
屋外で財布やバッグに入っていない現金なら3万円以下であれば
(ありがたく) もらう
です。
そこには、ありがたくもらってもラッキー!と思えて
バチが当るという恐怖から自由になろうという思いがあります。

家に帰ってから
自分のとらわれはバチが当るということなのか?
バチが当るということに関しては
自分が出したものを受け取るという宇宙の法則を
信じているという側面があるので
自分が受け取りたくないと思わないことはしないという考えなのですが
それはとらわれとは言わないのではないか
もしそれがとらわれなら私の精神世界への関心そのものが
とらわれということになってしまうぅぅと
あれやこれや考えてしまい先生に質問もしてみました。

~先生からは~
自分が受け取りたくないと思うことはしないという考えは
とらわれでなく知恵です。
とらわれとは望むものが得られなかった時に苦しみを生じさせるものです。
あなたは精神世界に興味があることで得たいと思っているものを得ないから
といって苦しみを生じさせていないですよね?
と考えれば、結局は最初のドロボーをしてなはらない
という一次的に出てきたものを、先ずはとらわれと考えてよいです。
つまりバチが当るというものがその根底にあったとしても
またはその裏側に何があったとしても、です。
なぜなら何々をしてはならない、というときに
たとえば、人を不幸にしてはいけないではなく
ドロボーをしてはいけない、が出てきた原因があるはずでしょう。

ドロボーをしてはいけないというとらわれに対処するためには、
ドロボーをするしかないです。
小さなドロボーをすればよいです。

(やっぱり)

たとえば拾った金額が1000円以下なら届けないとか。

(えっ 3万円以下にしようと思ってたんですけど)

バチが当ると思うこともしてください。
当っても大したことがない範囲で。

(それってちょっと恐怖)

とらわれについてワークするときだけでなく
何故ドロボーをしてはいけない、と出たのかを考える必要はありません。
そのとらわれから解放されることだけ考えて実行すればいいのです。

ルールを作り守ることで欠点がありながらそれによって生じる問題を避ける
ことができますが、
最終目的は、ルールを作りそれを守ることを繰り返すことで、
その欠点を克服するということです。
小さな金銭のドロボーをすることでドロボーをしてはいけない、
というとらわれを克服すれば
時間や対価などのドロボーについてもとらわれなくなります。
ルールは便利に生きるためのテクニック以上のものです。
大事なのは、とらわれから自由になるための手段としてのルールです。



1クリックしていただければうれしいです。
ブログランキング・にほんブログ村へ
応援ありがとうございます<(_ _)>




近所のある小さな一軒家が一時期空家になっていたとき
その家の庭の花壇跡に
一匹の猫がまあるくなって寝ているのを何回か見ました。

どこかの飼い猫なのか、野良猫なのか。
かなり年老いた感じのその猫が
お天気のよい昼下がり、
我が家の前をのっしのっしと歩きながら
その空家へ向かって行くのも何回か見ました。

毎日のように昼下がり、そこで寝ていたそうです。

安全で心地よい場所を見つけて
寝ているんだろうなと思っていました。

日牟禮八幡宮のお社の後ろの岩肌のような
ああいった場のエネルギーを動物は敏感に感じとることが
できるのでしょうね。


1クリックしていただければうれしいです。
ブログランキング・にほんブログ村へ
応援ありがとうございます<(_ _)>