FC2ブログ
~捨てる瞑想~

ご訪問ありがとうございます!
真理を探究する人はもちろんのこと健やかさ、愛、豊かさなど
現実生活での幸せを求める人にこそ実践していただきたいのが瞑想です。
ここでは金井メソッドのご紹介や精神世界にまつわる話などを綴っています。
ぜひ!一人でも多くの方に瞑想を知っていただきたいと願っています。


金井メソッド「 宇宙の現れとしての本当の自分 」を覆い隠しているものから
離れ余計なものを捨てていく瞑想です。

「本当の自分」で生きることができれば人は本来の能力を発揮でき
苦しみから解放され、現象面での幸せや心の平和を見い出すことができます。


巷では、物を捨てるための解説書や、お片づけ本が大ブームになっていますね。
物を捨てたり片付けたりで人生が変わると説いています。
これなどは、本当の自分でない自分で生きていることを漠然と感じ取り
自分の中の何か余計なものを捨てたいという気持ちの現れです。

どうせなら瞑想で 「 宇宙の現れとしての本当の自分 」 以外の
余計なものを捨ててみませんか?
きっと世界が変わっていくことを実感できるはずです。

私が瞑想をするきっかけになったのは金井系一郎先生の著書
「すべてを受け入れて自由になる」です。

すべてを受け入れて自由になる、幸せに生きるにはこの言葉に始まり
この言葉に終わるといっても過言でないとさえ思っています。
ただ、「受け入れる」ということの意味を取り違えられることが多いのが
残念ですが、本当の意味を理解し実践できればこの世は怖いものなし、
平和で自由な心で生きていくことができるはずです。

1. 瞑想で何を捨てるの?

2. 受け入れるということの本当の意味



自分の霊性というときの霊性と
いわゆる霊魂とか幽霊というものはまったく別物ですが、
説明しろと言われたらきちんと言えるだろうか?
次元が違う、別物。
とだけしか言えないかもしれない
と思っていました。

世界中の何人かの臨死体験者の言っていることで
とても興味ある共通点のひとつに
私たちが今認識している時間というのは
過去→現在→未来という順序だったものではない
というものでした。
すべてがひとつ。

肉体を持たない世界で
すべてわかってしまった、見えてしまうというより
知識そのものになり
愛するというのではなく愛そのものになる。

読みながら、これは臨死体験ではないなと思いました。
いえ、臨死体験でもいいけれど
臨死体験なのだろうけれど

霊性とはそもそもそういうもので
そういう人たちは一時的ではあっても
霊性そのものになっただけなんだなと思いました。

私たちはこの肉体をまといながら
過去現在未来という流れの中でしか生きられないけれど
それが生きているということなのねと思っています。

そんなときある日本の作家が
数十年にわたって霊障に悩まされ
さまざまな除霊を試みたという内容の本を
読むことになってしまったのです。

恨みつらみ、怒りのエネルギーそのものになった
すでに死んでしまった人たちの霊魂に
苦しめられたというその内容に嘘はない
とは感じたのですが

そのおぞましい不思議な霊障の話と
愛そのもの知恵知識そのもの
時間も何もない霊性を垣間見たという
臨死体験の話を
どう自分の中で折り合いをつければいいのでしょうか。
先生の本にも死者はどんな死に方をしようと
肉体を離れるとダンスを踊っているようだったと
書いてあったではないか。

良い行いをした人や
死ぬ瞬間に幸せな思いを持っていた人は
肉体という殻を脱ぎ捨てると
愛そのものの霊性に立ち返り
大きな意識の中へと帰って行くことができるけれど
恨みつらみを持っている人は幽霊となって
死後も苦しみ障りを与え続けるのでしょうか。

私はそうは思えません。
まったく別物の話だと思っていましたが
それを説明するとしたら?
どういう言葉を使えばいいのでしょうか?

先生に質問するしかありません。

先生 「強い恨みや つらみ の想いが残っているんです」

私 「ということは、その想念に
   波長が合わなければいいのですね?」

先生 「そうです」
    「そしてそういう場所から離れればいいのです」

私 「ということは除霊をしてもらうために、あっちの霊能者、
   こっちの霊能者と渡り歩くことって愚かな話ですね 」

先生 「そうです」


私たちは心を自由にして
本当の自分を観る(霊性にたちかえろうと)
瞑想をしています。

この手や足が私自身ではないように
切って捨てても捨てても出てくる想いも
日ごろあれやこれやと考えていること
私は何々ですと思っていることも
私自身ではないように
悪さをする霊魂たちというのも
残っている想いにすぎないんだなと思いました。

瞑想の時出てくる想いを相手にしないのと同じように、
(想いを相手にしていたら瞑想にならないのが元波動瞑想)
幽霊や霊魂と呼ばれているものを相手にしても仕方ないです。

でも先生は

「 想いは大切です
 自分を幸せにする良い想いを持つようにすることが大切。
 それが生きているということなんですから 」

ともおっしゃいました。

そんなこんなの質疑応答のなか
幽霊といえば・・・圓教寺の話になっていきました。

以前、姫路の圓教寺でのリトリートの際
大広間で何人かの人と先生が幽霊を見たという話です。

スーッと歩いて行ったらしく
足はなかったとか。怖い。

私は見えませんでしたが
夜の座談会で幽霊を見ている
先生の姿が印象的でよく憶えています。
先生は天井をじっと見つめていました。

そんなものを見たら恐ろしくて恐ろしくて・・・・

先生は
「怖がらなくていいです。何も悪さしないんだし」

私 「そうですね、怖がるということは
   それに力を与えるということですね」

リトリートの最中に同調したのだから
恨みつらみの想念であるはずないですが

でも私は怖いという感覚が反射的に出てきます。
だから見ないのかもしれません。



1クリックしていただければうれしいです。
ブログランキング・にほんブログ村へ
応援ありがとうございます<(_ _)>






楽しくて、幸せだと思えて、
自分らしく居られたと感じられた出来事
しかもそれは幼い頃から現われていたようなこと
となると
あのふたつの出来事が迷いなく出てきました。

そして満天の星を見上げながら
星座観測をしたときのことも入れようかな
と考えたように思います。

この世の、そして宇宙の不思議や美しさに
心ひかれるようなところも多分にあって
それが今、瞑想をしていることにつながっています。

それにしても、どうして自分の魂の個性をすんなりと
言語化できなかったのだろうと考えると
やはり、そういうのはイヤだと思ってしまったから。

使命発見セミナーという名前に気負ったのかも
知れません。

もっと感動的な大それたことが出てきてほしいと
思ったのかもしれません。

あの頃は自分の魂の個性のことを
好きではなかったのだと思います。

あってあたりまえの自分の個性って
なかなか自分では気がつきにくいんじゃないでしょうか。



1クリックしていただければうれしいです。
ブログランキング・にほんブログ村へ
応援ありがとうございます<(_ _)>