FC2ブログ
~捨てる瞑想~

ご訪問ありがとうございます!
真理を探究する人はもちろんのこと健やかさ、愛、豊かさなど
現実生活での幸せを求める人にこそ実践していただきたいのが瞑想です。
ここでは金井メソッドのご紹介や精神世界にまつわる話などを綴っています。
ぜひ!一人でも多くの方に瞑想を知っていただきたいと願っています。


金井メソッド「 宇宙の現れとしての本当の自分 」を覆い隠しているものから
離れ余計なものを捨てていく瞑想です。

「本当の自分」で生きることができれば人は本来の能力を発揮でき
苦しみから解放され、現象面での幸せや心の平和を見い出すことができます。


巷では、物を捨てるための解説書や、お片づけ本が大ブームになっていますね。
物を捨てたり片付けたりで人生が変わると説いています。
これなどは、本当の自分でない自分で生きていることを漠然と感じ取り
自分の中の何か余計なものを捨てたいという気持ちの現れです。

どうせなら瞑想で 「 宇宙の現れとしての本当の自分 」 以外の
余計なものを捨ててみませんか?
きっと世界が変わっていくことを実感できるはずです。

私が瞑想をするきっかけになったのは金井系一郎先生の著書
「すべてを受け入れて自由になる」です。

すべてを受け入れて自由になる、幸せに生きるにはこの言葉に始まり
この言葉に終わるといっても過言でないとさえ思っています。
ただ、「受け入れる」ということの意味を取り違えられることが多いのが
残念ですが、本当の意味を理解し実践できればこの世は怖いものなし、
平和で自由な心で生きていくことができるはずです。

1. 瞑想で何を捨てるの?

2. 受け入れるということの本当の意味




「 あるがままに観る 」 ことの大切さ
の勉強をすると言っても
観るということを言葉で説明されて
わかるのだろうか?
観るには自分が観るしかないんだし
と思ったのが最初の正直な気持ちでした。

それが、観ることの重要性、
自分の欲望 と 現実 をあるがままに観ることができれば
この二つは同等の力であることがわかり
エネルギーのぶつかり合いがなくなり
苦しみがなくなるという説明

観ること、あるがままを受け入れることが難しい
3つの原因と その3つを克服する方法
などを聴いていると

セミナー開始後、最後にみんなで瞑想をしますということだったので
早く観たい!と思いうれしくなってきました。

観ないでおこうと思っている部分があったのだと思います。
観ていいんだ、と思えたというか・・・

すべてを受け入れる、観る というように
自分がそうしているのに

自分がすべてを受け入れられている、観てもらっている
と思えるのが不思議です。

時間が長ければいいということではないですが
セミナー後はこれまでの倍以上の時間の瞑想をするようになりました。

これだけ瞑想を続けていても
セミナーでは始めてのような感動をおぼえるときがあります。
参加して本当によかったです。
いつも何らかの部分でそう思えるのですが
今回は特に今の自分にタイムリーでした。

魚を与えるより、魚の獲り方を教えるほうがいい
というたとえ話がありますが

生活面で素晴らしいハウツーを教えてもらうのもいいですが
観ることの重要性を知り、
あるがままを観ることができるようになれるということは
まさにそのたとえ話のようだなと思いました。



1クリックしていただければうれしいです。
ブログランキング・にほんブログ村へ
応援ありがとうございます<(_ _)>






親しくしていた人が引っ越すことになり
仲間内で送別会を開きました。
これからも会えないことはないのですが
自分の中の一つの流れが終わったなという
一抹の寂しさを感じました。

でも、いつまでも同じ状態でいられないねえ
ということに気づき
それじゃあもっと会えるときを大切にしようという
あらたなつながりが生まれたのです。

今年の新年会の後の恒例のカラオケで
新年だし、縁起担ぎで明るい歌を歌ったほうがいいかな
という自我が働いたのですが
私はなぜか無性に悲しい歌が歌いたい
気分になりました。

カラオケ店に入る直前

--先生! お正月なのに暗い悲しい歌を
  なんだか歌いたい気分なんですけど~

と言うと先生は

--カラオケなんて新年会の後であっても
  自分が楽しめるかどうかだけですよ

歌いたいと思ったから歌う!ということで、
ペドロ&カプリシャスの 「 別れの朝 」 を歌いました。
もうどっぷりと 別れの朝の世界に浸りながら。

お隣に座られた会員の方が、
ど演歌を歌いましょうということで
都はるみの 「 北の宿から 」 も歌いました。

ああ、お正月早々暗い歌を歌ったなあ~なんて思いましたが

なぜあんなに別れの歌を歌いたくなったのか
今ではなんとなくわかります。
今年の波動をすでに感じていたのです。

喜怒哀楽のない人生なんて。
生まれたら必ず死ぬし、会えば必ず別れが来るんだし。
自分が悲しみや怒りそのものになり
コントロールできなくなるようなことにさえならなければ
悲しみも怒りも人生の一部です。
長く続いたり 頻繁にないほうがうれしいですが。

今年は序盤から、年の波動を
強く意識せざるを得ない出来事が続いたせいか
常に新年会やセミナーでメモしたノートを
読み返していました。
その中に (例)健診を受ける 
などと書いていました。

毎年の健康診断で 
要経過観察と 要精密検査 の文字が。。。。
ショック!
要精密検査の項目は数年前にも引っかかっていて
その時の精密検査でも、そして金井先生からも大丈夫
と言われた箇所でした。

今回も事前の波動調整で健康面では特に悪いものはない
とのことだったので
さほど心配はしませんでしたが
それでも早速精密検査を受けて
結果はやはり大丈夫でしたが
検診にひっかかってよかったと思っています。

健康面ではけっこう気にする質なので
大丈夫だと言われても
意識が自分の健康面へと向かい
食事そのものや食事のしかた、睡眠など
よりいっそう見直すきっかけになりました。

マイナスの中からいかにプラスを得ようとするかという
今年の波動の生かし方を忘れずにしてあと数カ月です。
早い年では10月ごろから翌年の波動の影響が出始めるとか。


1クリックしていただければうれしいです。
ブログランキング・にほんブログ村へ
応援ありがとうございます<(_ _)>