FC2ブログ
~捨てる瞑想~

ご訪問ありがとうございます!
真理を探究する人はもちろんのこと健やかさ、愛、豊かさなど
現実生活での幸せを求める人にこそ実践していただきたいのが瞑想です。
ここでは金井メソッドのご紹介や精神世界にまつわる話などを綴っています。
ぜひ!一人でも多くの方に瞑想を知っていただきたいと願っています。


金井メソッド「 宇宙の現れとしての本当の自分 」を覆い隠しているものから
離れ余計なものを捨てていく瞑想です。

「本当の自分」で生きることができれば人は本来の能力を発揮でき
苦しみから解放され、現象面での幸せや心の平和を見い出すことができます。


巷では、物を捨てるための解説書や、お片づけ本が大ブームになっていますね。
物を捨てたり片付けたりで人生が変わると説いています。
これなどは、本当の自分でない自分で生きていることを漠然と感じ取り
自分の中の何か余計なものを捨てたいという気持ちの現れです。

どうせなら瞑想で 「 宇宙の現れとしての本当の自分 」 以外の
余計なものを捨ててみませんか?
きっと世界が変わっていくことを実感できるはずです。

私が瞑想をするきっかけになったのは金井系一郎先生の著書
「すべてを受け入れて自由になる」です。

すべてを受け入れて自由になる、幸せに生きるにはこの言葉に始まり
この言葉に終わるといっても過言でないとさえ思っています。
ただ、「受け入れる」ということの意味を取り違えられることが多いのが
残念ですが、本当の意味を理解し実践できればこの世は怖いものなし、
平和で自由な心で生きていくことができるはずです。

1. 瞑想で何を捨てるの?

2. 受け入れるということの本当の意味



瞑想をしていると身体のある部分を動かしたくなったり
筋肉や皮膚の一部分が動いている感覚や
違和感、または反対に心地よさを感じることがよくあります。

そういう現象は瞑想によって
肉体が活性化されているのだとずっと思っていました。
まるで瞑想によって与えられた恵みであるかのように。

先日、美容と健康を兼ねて体操をした日の
夜の瞑想でのこと

日中、体操で動かした部分や
自分の肉体の中で気にしている部分にのみ
強く違和感や動いているような感覚を感じている
ということに気づきました。

無意識下にあった肉体の問題が瞑想によって
表面化するということもあるでしょうが

瞑想中に出てくる、感じられる
さまざまな肉体的感覚も
瞑想中に出てくる想いと同じ類のものにすぎない
この憎き二の腕のお肉め!!と思っていたりする
とらわれを教えてくれたり。

瞑想というすばらしいものが
肉体を何とかしてくれているということではない
あの肉体の感覚も動きもただ出てるだけ~~
と思うと、がっかりしてもよさそうなのに
少しうれしくなりました。
与えられているのではなく
自分の意思でできる捨てるということを
やっているということがわかったからでしょうか。

出てきたものが瞑想の恩寵のようなものではないと思うと
肉体と自我を使わないと生きることができない
この 「私」 という存在の
肉体や心を日常生活でどう扱うか、在るか
意識して整えるということもとても大切なのだと思えるのです。


1クリックしていただければうれしいです。

応援ありがとうございます<(_ _)>





熊本地震ではまだまだ余震がおさまらず
被災された皆様は大変な日々をおおくりのことと思います。
改めて亡くなられた方々にお悔やみ申し上げますとともに
被災された皆様にお見舞い申し上げます。
そして九州の一日も早い復興をお祈りしています。

自然の前で人間というのは本当に非力だなあと
思わずにはいられません。

年の波動の想定外の出来事というのは?の問いの
答えのひとつである天災について

それは地震でしょうか?という私の問いには
先生は何も答えられませんでした。

そしてなんとか回避はできないものなのでしょうか?
という問いには

自然災害は回避不可能でしょう
準備しておくだけです。
と先生は言われました。

そのとき回避不可能というのが
自然災害というものが起こることは
いつなんどきでも人智では回避不可能という意味だったのか・・・?
今年回避不可能なのか(たぶんこちら)

阪神淡路の震災の日、
私は、親戚のところに
コンサートのチケットを届ける予定にしていました。
久しぶりに従姉妹たちとゆっくり話ができるはずでした。

震災前夜、お布団に入り眠りにつこうとしているとき
早く行かなくては、早く行かなくては!!
という焦燥感が込み上げてきたのです。

後になってから、ああいうのを胸騒ぎというのだろうか
と思いました。

結局届けられず、当時東京に住んでいた友人が
同じものを取り寄せてくれて
親戚のところに直接郵便で、送ってくれました。

自然災害に対しての準備というのは
どういうものがあるのでしょうか。

いつ何が起こるかわからないという考えを持っていれば
住む場所や家を建てる際のさまざまな選択が
危機管理がないときのものとは違ってくるということ、

日ごろから避難場所の確認や
もしもの時の行動のとり方や連絡のとり方を
家族や地域で決めておいたり
自分の中でシミュレーションしておくこととか。
防災グッズの準備などが思いつきます。

そして私にとってはああいう意味不明の感覚が出てきたときは
何か分からないけれど一呼吸置くことができたり
できればちょっと気をつけようと思えたいです。
それも準備のひとつに数えられるように思います。
ただ何が起こるかわかるという予知めいた意味ではありません。

瞑想で心を開いて想いから離れ自分を観ることができる訓練
(ここではあえて訓練と言わせていただきます)
をし続けることですね。

非力だけれど人一人が生まれてきて
生かされているということの神秘を感じずにはいられません。


1クリックしていただければうれしいです。

応援ありがとうございます<(_ _)>