FC2ブログ
~捨てる瞑想~

ご訪問ありがとうございます!
真理を探究する人はもちろんのこと健やかさ、愛、豊かさなど
現実生活での幸せを求める人にこそ実践していただきたいのが瞑想です。
ここでは金井メソッドのご紹介や精神世界にまつわる話などを綴っています。
ぜひ!一人でも多くの方に瞑想を知っていただきたいと願っています。


金井メソッド「 宇宙の現れとしての本当の自分 」を覆い隠しているものから
離れ余計なものを捨てていく瞑想です。

「本当の自分」で生きることができれば人は本来の能力を発揮でき
苦しみから解放され、現象面での幸せや心の平和を見い出すことができます。


巷では、物を捨てるための解説書や、お片づけ本が大ブームになっていますね。
物を捨てたり片付けたりで人生が変わると説いています。
これなどは、本当の自分でない自分で生きていることを漠然と感じ取り
自分の中の何か余計なものを捨てたいという気持ちの現れです。

どうせなら瞑想で 「 宇宙の現れとしての本当の自分 」 以外の
余計なものを捨ててみませんか?
きっと世界が変わっていくことを実感できるはずです。

私が瞑想をするきっかけになったのは金井系一郎先生の著書
「すべてを受け入れて自由になる」です。

すべてを受け入れて自由になる、幸せに生きるにはこの言葉に始まり
この言葉に終わるといっても過言でないとさえ思っています。
ただ、「受け入れる」ということの意味を取り違えられることが多いのが
残念ですが、本当の意味を理解し実践できればこの世は怖いものなし、
平和で自由な心で生きていくことができるはずです。

1. 瞑想で何を捨てるの?

2. 受け入れるということの本当の意味



死にゆく人はかわいそう、気の毒、という思いが
若い頃の私を支配していました。
人が死ぬということだけが
私たちが認識できるこの世の中で確実で
自分に、すべての人に平等に訪れる出来事なのに。

となれば、亡くなる人の人生の長さやその亡くなり方で
気の毒かどうかを思っていたのでしょうか。

私の心の中に深く存在し続ける亡き人たちは
今、未練とか、執着とかではなく
ただ想い出されるということでもなく
また、悲しみをいやすために仕方なくでもなく

生きているのです。

その亡き人たちが与えてくれた想い出、
有形無形のさまざまなものへ感謝しています。

『 死者はほほえむ 』 の 「時間が止まる」 の中に
死後に存在する未来を獲得する意味について、
死後の時間は自分以外のまわりの生き残る人々の
心の中において継続するという考え方の記述がありました。

「より本質的には死後の世界や魂や
残る人々の心に依存しなくても、
自分の時間が止まることがないことに気づいて欲しい」

とも書かれていますが
私は、人は人の心の中に生き続けるという、
この実感止まりです。

最初読んだ時、その記述箇所がなぜか
ん?・・・なぜか忘れられないような・・・
心に引っかかっていました。

何かを読んだり、聴いたりしたとき
ん? と一呼吸置きたくなるようなときがあります。
きっとそういうことは
後々必要になると、うすうす感じてはいて
本当は理解したいけれど
今はまだ理解したくなかったり、受け入れづらい
というときのように思います。


1クリックしていただければうれしいです。


応援ありがとうございます<(_ _)>