FC2ブログ
~捨てる瞑想~

ご訪問ありがとうございます!
真理を探究する人はもちろんのこと健やかさ、愛、豊かさなど
現実生活での幸せを求める人にこそ実践していただきたいのが瞑想です。
ここでは金井メソッドのご紹介や精神世界にまつわる話などを綴っています。
ぜひ!一人でも多くの方に瞑想を知っていただきたいと願っています。


金井メソッド「 宇宙の現れとしての本当の自分 」を覆い隠しているものから
離れ余計なものを捨てていく瞑想です。

「本当の自分」で生きることができれば人は本来の能力を発揮でき
苦しみから解放され、現象面での幸せや心の平和を見い出すことができます。


巷では、物を捨てるための解説書や、お片づけ本が大ブームになっていますね。
物を捨てたり片付けたりで人生が変わると説いています。
これなどは、本当の自分でない自分で生きていることを漠然と感じ取り
自分の中の何か余計なものを捨てたいという気持ちの現れです。

どうせなら瞑想で 「 宇宙の現れとしての本当の自分 」 以外の
余計なものを捨ててみませんか?
きっと世界が変わっていくことを実感できるはずです。

私が瞑想をするきっかけになったのは金井系一郎先生の著書
「すべてを受け入れて自由になる」です。

すべてを受け入れて自由になる、幸せに生きるにはこの言葉に始まり
この言葉に終わるといっても過言でないとさえ思っています。
ただ、「受け入れる」ということの意味を取り違えられることが多いのが
残念ですが、本当の意味を理解し実践できればこの世は怖いものなし、
平和で自由な心で生きていくことができるはずです。

1. 瞑想で何を捨てるの?

2. 受け入れるということの本当の意味

images (1)

先月亡くなられた小林麻央さんが
亡くなられる直前までの約9ヶ月間、
ブログをされていましたね。

始めるきっかけのひとつが主治医の
「がんの陰に隠れないで」 
という言葉だったそうです。

当初、ブログの中に

『 私が今死んだら、人はどう思うでしょうか。
「まだ34歳の若さで、可哀想に」
「小さな子供を残して、可哀想に」
でしょうか?
私は、そんなふうには思われたくありません。』

という言葉がありました。

病に倒れたときには、人からどう思われようが
そんなことどうでもいいのに・・・・
そう思ったものです。

美しいだけでなく聡明で真面目で自我のしっかりした
女性だと思いました。

でも闘病しながらブログを続ける中で、
人からどう思われるかということを超えて
見事にがんばリ抜かれたのだと思います。

麻央さんのご冥福を心からお祈りします。

人からどう思われようとそんなことどうでもいい?
自分も人のことは言えない・・・
と思うとともに

麻央さんと数年前にがんで亡くなった私の友人が
重なってしまいます。
友人も幼い息子を残して旅立ちました。

幼馴染ですが道でばったり会ったとき、
話す程度になっていました。

がんでしたが発病してから亡くなる直前までの5年間、
寝込むことはなかったようです。

亡くなるすこし前にひょこっとわが家を訪ねてきてくれたのが
最期の会話になりました。

私は彼女が亡くなったとき
とてもかわいそうだと思ったのです。

シングルマザーで、
病気になってからは生活保護を受けていたこと、
まだ幼い息子を残して
さぞかし無念だったのではないだろうか。

同居している年老いた母親よりも
先に逝かなくてはいけないこと、
すべてがなんてかわいそうなんだろう。

でも亡くなってしばらくした頃、
理由もなく、彼女は幸せだったんだ、
と思えてきたのです。

いつもあっけらかんとしていた彼女は
一粒種の息子をとても可愛がり、
幸せだったんだ。

シングルマザーになることも彼女の選択
生活保護を受けていたからといって
何がかわいそうなのか?
かわいそうだなんて違う違う。

麻央さんの言葉とその時の自分の想いを
重ね合わせました。

そして今思います。私だってあと50年も生きられない、
少し長いか短いかの差です。



応援ありがとうございます<(_ _)>





「初めての人のための瞑想講座」 を受講してきました。

初めての人へ瞑想を伝えるための勉強になる、
と思っての参加でしたが
そんな動機はどこへやら。
テクニックを学ぶような気持ちはなくなっていました。

みんなでする瞑想の実践もあり
初めての方々が瞑想をし、
それについて質問するのを見ていると
とても嬉しかったのです。

いやだいやだといいながら・・・
自問自答です。

人との比較ではなく以前の自分と比較して
瞑想を続けてどう変わったか?
というお話がありました。

私は
 「 深いところとつながっている感覚 」 ですね。




応援ありがとうございます<(_ _)>