FC2ブログ
~捨てる瞑想~

ご訪問ありがとうございます!
真理を探究する人はもちろんのこと健やかさ、愛、豊かさなど
現実生活での幸せを求める人にこそ実践していただきたいのが瞑想です。
ここでは金井メソッドのご紹介や精神世界にまつわる話などを綴っています。
ぜひ!一人でも多くの方に瞑想を知っていただきたいと願っています。


金井メソッド「 宇宙の現れとしての本当の自分 」を覆い隠しているものから
離れ余計なものを捨てていく瞑想です。

「本当の自分」で生きることができれば人は本来の能力を発揮でき
苦しみから解放され、現象面での幸せや心の平和を見い出すことができます。


巷では、物を捨てるための解説書や、お片づけ本が大ブームになっていますね。
物を捨てたり片付けたりで人生が変わると説いています。
これなどは、本当の自分でない自分で生きていることを漠然と感じ取り
自分の中の何か余計なものを捨てたいという気持ちの現れです。

どうせなら瞑想で 「 宇宙の現れとしての本当の自分 」 以外の
余計なものを捨ててみませんか?
きっと世界が変わっていくことを実感できるはずです。

私が瞑想をするきっかけになったのは金井系一郎先生の著書
「すべてを受け入れて自由になる」です。

すべてを受け入れて自由になる、幸せに生きるにはこの言葉に始まり
この言葉に終わるといっても過言でないとさえ思っています。
ただ、「受け入れる」ということの意味を取り違えられることが多いのが
残念ですが、本当の意味を理解し実践できればこの世は怖いものなし、
平和で自由な心で生きていくことができるはずです。

1. 瞑想で何を捨てるの?

2. 受け入れるということの本当の意味



この度の西日本大雨の被害を受けられました皆さまに
心よりお見舞い申し上げますとともに
亡くなられた方々へのご冥福を心よりお祈りいたします。

身近な方を災害で亡くされた方々の気持ちを思うと
胸が傷みます。


タイの洞窟からはようやく13人全員が救助されました。
ただ、救助隊員1人が亡くなったということがとても残念です。

引率のコーチはタイの元僧侶だったそうですね。
全員が洞窟の中で瞑想をしていたのが良かったのではないかと
マスコミで取り上げられていました。

瞑想者は、「やっぱり瞑想ってすごい」
と思ったかもしれません。

数十人が集合して瞑想をすることがありますが
私はその瞑想がとても好きです。

少年たちの恐怖心も軽減されたでしょうか。

でもなぜ、そんなところに入ってしまったの!
もう少し賢明さがあったなら、とも思わずにいられません。

そして、なんと洞窟にはお祈りのために入った
というではありませんか。

瞑想ってすごいとか、そういう話ではないな
と思って、なんとも言えませんでした。

1日も早くみんなの体力が回復することをお祈りしています。



応援ありがとうございます<(_ _)>





images (3)

今回のリトリートでは
エネルギー、チャクラ、悟りについてのお話しが
特に印象に残りました。

問題の多くがエネルギー不足、
エネルギーが強ければ少々何かあっても
どうってことないもの・・・・というところが特にというか

確かにそうだなと思えました。

リトリート中、久しぶりにお会いした方々と話しているとき
自分の自我の特徴という話題が出ました。

自我の特徴?というと難しい言い方ですが
心の平安を妨害する自分の性格
つまり「欠点」ということだすると・・・
多すぎてひとつに絞れません。

でも、ここ最近の生活の中から
思いついたこととしては
「こだわりの強さ」というものがあります。

自分が気になることには
自分なりにとことん向き合わないと気が済まないのです。
なぜ自分はこのことをここまで突き詰めたいのか?
その理由まで自分に求めて
自分なりの納得がお腹の中できてはじめて
飽きたりあきらめたりということになります。

誰に承認を求めるでもなく
自分の納得が欲しいだけなので
時間の無駄だったり遠回りになったりします。

「今はなんで幸せじゃないんだろう・・・おかしい」
漠然とした自分への疑問の答えも
探さなくては気が済まない性格のおかげで
瞑想に出会えたので
長所も短所も表裏一体です。

ただ、友人たちには「こだわりのない性格だ」
とよく言われます。

そういう人は私の日常生活面や対人関係を見て
言っているらしいのです。

もしかしたらこだわりを上手く隠しているのかもしれませんが
隠せるほどのものですから
やはりこだわりがない部分もあるのです。

人がどれほど日常生活面や対人関係で
こだわりがあるのか、
その人になってみることはできないので
自分との比較はできないと思っていますが

ある部分では〇〇だけれど
ある部分では〇〇ではない。

人の性格は単純ではないものですね。

そして、このブログの内容からでしょうか?
「ブレないですね」と言われますが
実はしょっちゅうブレています。

そんな性格ですが
「自分の内面と向き合うことに関して」
はとても好きです。

「自分の内面と向き合う」という世界へ振り向くと
劣等感も疑問も不安もありません。

どんなに切っても切っても捨てても捨てても
想念が蘇って来ようが気になりませんし

瞑想というのは良い瞑想、悪い瞑想というもはなく
成功も失敗もありませんが
瞑想を始めたころから
自分の瞑想が上手く出来ているかどうか
などということも気になりませんでした。

人がどんなに素晴らしい瞑想体験をしたと聞いても
うらやましいと思ったこともありません。

でも「ビジネスがとても好き」という人は
お金儲けが上手いのでしょうね。
それはとてもうらやましいです。

自我から離れることに努めていて
「まだまだだなあ」とは思っても
「よし!気付いた!ここからだ!」
「早く瞑想したい」
というような気持ちでいられます。
だからといてすぐにどうこうとはなるわけではないのですが。

私の強さは、「精神世界で成長したい」
という気持ちの部分だけで発揮できています。

でも最近は他の面でもかなり強くなってきたかもしれませんが。

瞑想中に劣等感も疑問も不安もなくなる、という意味ではなく

自分の内面と向き合う世界が自分にある
ということが大好きなので、
どんな瞑想かなんて気にならないのだと思いました。

エネルギー(瞑想への)が強ければ
何があってもどうってことはないもの
ということなのかもしれません。






応援ありがとうございます<(_ _)>