FC2ブログ
~捨てる瞑想~

ご訪問ありがとうございます!
真理を探究する人はもちろんのこと健やかさ、愛、豊かさなど
現実生活での幸せを求める人にこそ実践していただきたいのが瞑想です。
ここでは金井メソッドのご紹介や精神世界にまつわる話などを綴っています。
ぜひ!一人でも多くの方に瞑想を知っていただきたいと願っています。


金井メソッド「 宇宙の現れとしての本当の自分 」を覆い隠しているものから
離れ余計なものを捨てていく瞑想です。

「本当の自分」で生きることができれば人は本来の能力を発揮でき
苦しみから解放され、現象面での幸せや心の平和を見い出すことができます。


巷では、物を捨てるための解説書や、お片づけ本が大ブームになっていますね。
物を捨てたり片付けたりで人生が変わると説いています。
これなどは、本当の自分でない自分で生きていることを漠然と感じ取り
自分の中の何か余計なものを捨てたいという気持ちの現れです。

どうせなら瞑想で 「 宇宙の現れとしての本当の自分 」 以外の
余計なものを捨ててみませんか?
きっと世界が変わっていくことを実感できるはずです。

私が瞑想をするきっかけになったのは金井系一郎先生の著書
「すべてを受け入れて自由になる」です。

すべてを受け入れて自由になる、幸せに生きるにはこの言葉に始まり
この言葉に終わるといっても過言でないとさえ思っています。
ただ、「受け入れる」ということの意味を取り違えられることが多いのが
残念ですが、本当の意味を理解し実践できればこの世は怖いものなし、
平和で自由な心で生きていくことができるはずです。

1. 瞑想で何を捨てるの?

2. 受け入れるということの本当の意味




とてもシンプルな瞑想、金井メソッドですが
時に、月を見ながら、歩きながら瞑想をすることがあります。

新年のセミナーでも横浜のベイブリッジを眺めながら
「歩く瞑想」をしてきました。

長らく、私の一番の好みは一人静かに瞑想をすることでした。
数人から数十人で行う集合瞑想も
強いエネルギーを感じることがあるので好きです。

海岸沿いを波の音を聞きながらの「歩く瞑想」や
野山で草木が揺らぐ音を聞きながらの「歩く瞑想」も心地良いものですが
自然を感じている喜びだったのだと思います。

でも、あるとき気付いたことがありました。

体を動かせば心も動きやすくなります。
「歩く瞑想」は、一人静かに座ってする瞑想より
私は想いが出て来やすいのです。

瞑想は無念無想になることではない
ということを知っていながらも
想いが出て来やすい「歩く瞑想」を
自分にはあまり向いていないと思っていただけなのだと。

想いが余計に出て来るのですから
想いを切って捨てるチャンスも倍増。

自分を観続ける時間自体は短くなりますが
想いを切って捨てた直後の自分を観る瞬間は
より多く訪れます。


最近は家で瞑想をすることもほとんどなくなったというある方が
とうとう会を辞めてしまわれました。

「なんだか瞑想をする気にならなくてねぇ・・・」
「瞑想するとイライラするよね」
「瞑想していると毛孔から何か出てくる感覚があるわぁ」

と言われるのです。

「エネルギー保存の法則というのもあることだし、
瞑想中に出るイライラは瞑想をしなかったらいったいどこに行く?

「毛孔から何か出る感覚があるなんてもったいないわ!
出してあげましょうよ!瞑想してくださいよ~」

と私は言いましたが
そう言う私も、想いが出て来やすい瞑想を
向いていないなんて思っていたことはもったいないことでした。





応援ありがとうございます<(_ _)>