FC2ブログ
~捨てる瞑想~

ご訪問ありがとうございます!
真理を探究する人はもちろんのこと健やかさ、愛、豊かさなど
現実生活での幸せを求める人にこそ実践していただきたいのが瞑想です。
ここでは金井メソッドのご紹介や精神世界にまつわる話などを綴っています。
ぜひ!一人でも多くの方に瞑想を知っていただきたいと願っています。


金井メソッド「 宇宙の現れとしての本当の自分 」を覆い隠しているものから
離れ余計なものを捨てていく瞑想です。

「本当の自分」で生きることができれば人は本来の能力を発揮でき
苦しみから解放され、現象面での幸せや心の平和を見い出すことができます。


巷では、物を捨てるための解説書や、お片づけ本が大ブームになっていますね。
物を捨てたり片付けたりで人生が変わると説いています。
これなどは、本当の自分でない自分で生きていることを漠然と感じ取り
自分の中の何か余計なものを捨てたいという気持ちの現れです。

どうせなら瞑想で 「 宇宙の現れとしての本当の自分 」 以外の
余計なものを捨ててみませんか?
きっと世界が変わっていくことを実感できるはずです。

私が瞑想をするきっかけになったのは金井系一郎先生の著書
「すべてを受け入れて自由になる」です。

すべてを受け入れて自由になる、幸せに生きるにはこの言葉に始まり
この言葉に終わるといっても過言でないとさえ思っています。
ただ、「受け入れる」ということの意味を取り違えられることが多いのが
残念ですが、本当の意味を理解し実践できればこの世は怖いものなし、
平和で自由な心で生きていくことができるはずです。

1. 瞑想で何を捨てるの?

2. 受け入れるということの本当の意味



瞑想を始めたばかりの方やこれから始めようと思っている方に
瞑想のことを説明しようとするとき
私はよく、自分の体動=瞑想時に起こる肉体の動き
のことをお話しします。

瞑想の有益さはもちろんですが
倦怠期のこと、続けることの難しさ
毎日の瞑想をおすすめしたい理由など

単なる体の動きだけではないことを
お話ししやすいからです。

ストレスが高じると体に変調をきたすことがあります。
イライラや緊張で胃がキリキリ痛む人、
頭痛を起こす人
お腹に変調をきたす人

持って生まれた体質があり
変調が起こる場所は人それぞれです。

そして、少々のストレスでも平気な人
少しのストレスでもすぐに体調不良になる人もいます。

どのようなストレスが体に溜まっていたのか
瞑想を始めたころ、私の体の中の筋膜なのか筋肉なのか
もしかしたら内臓なのかもしれませんが
溜まっていたものが出てきました。

ただ、それはあまりにもj凝り固まりすぎていて
出たくて出たくて仕方がないのに
出て来れない存在を感じ
一筋縄ではいかないこともわかりました。

筋膜や筋肉が緩もうとする際、一緒に出てくるのか
出てくるからこそ緩むのか。

出したらスッキリする、というような
簡単なものではありません。

これまで自分がしっかり感じてこなかったもの、
観ることを避けてきたものが
体の動きや感覚と一緒に出てくるので
苦しみとしかとらえられません。

そこで、「出て行ってくれないかなあ」
「何とか出そう」
など思い努力をしまうと、それは瞑想ではなくなってしまいます。

自我から離れるために瞑想をしているにもかかわらず
そうしてしまうと、精神統一や療法になってしまいます。
心を自由にするのではなく体に囚われて
しまうことにもなります。

そうこうしているうちに(数か月)
苦しみはおさまりましたが
それはただ単に自分の深みに下りていくことを
休止していただけだったのだと思います。

体が自然に動くというような体動ではなく
もっと深いところからえぐられるような体動を感じそうになると、
スッと逃げるようにしている期間が
結構長く(数年)続きました。
もったいない話ですが
その頃はそうするしかなかったのです。

瞑想は人生そのものですね。
受け入れることを拒んでいる姿です。

そして瞑想はその人そのものだと思うのです。
どのような瞑想が素晴らしいかなんて無く
その人にとって必要だというだけではないでしょうか?

瞑想を続けていて思うのは、
日常の困りごとや悩みが契機になり
そういうときの瞑想が、より自分の深いところを
体ごとえぐって改善してくれるようです。

後になってからだからこそ言えることなのでしょうが、
困りごとに感謝の念さえ湧いてきます。

10年で悪くなったものは治すのに10年かかる
20年で悪くなったものは20年かかると言われていますが

不自由な心で10年生きてきたのなら
自由な心になるもの10年かかるところですが
毎日の瞑想でほんの少しはその期間が短くなることを
祈ります。





応援ありがとうございます<(_ _)>







リュックサックがひとつあってもいいなと思っていました。

若いころはビジュアル重視だったのが
最近は、持ち物や着る物など
重さや肌触りなどが
とても気になるようになってきました。

軽くて、柔らかな素材で
程よい収納ポケットがあり、
ビジュアル的にも好みに合うリュック。

もちろん予算内であれば
買ってもいいかなと思っていましたが
なかなか出会えませんでした。

ところが、数日前
「これ、けっこういいんじゃないの?予算内だし!」
と思えるリュックを発見。

じっと手に取り眺めたり肩にかけてみたり・・・

でも、やめました。
自分の弱点・欠点・癖を直していこうという
ルール作りのセミナーで
私は、「欲しいと思ってもその時すぐに買わない」
というルールを作ったからです。

セミナーで1人、1つずつ自分のルールを発表というとき
私はそのルールを発表してしまったのです。
声に出して宣言したことで
破りづらくなってくれたかもしれません。

買うのをやめたとは言え
同じフロアをひと回りして、またそのお店の前を通り
じっと眺めました。
往生際はかなり悪かったのですが。

自分で作ったルールを守ると
かなり気持ち好いということに気づいています。
ささやかな成功体験です。

どうしても守れないとしたら、
そのルールは自分にとって間違っているのだとか。

こんなにすぐに表面化してくれて
守れたルールはやっぱり必要だったのだ!
と思っています。

人から見ると小さなつまらない成功体験かもしれませんが
けっこう嬉しいものです。

今は、あのとき買わなくて本当に良かったと思っています。
流行っているから欲しかったのです。

いつもはその逆、つまり
これ必要なかったな、と自己嫌悪が襲ってくるので
そのルールを作りました。

そのときすぐに買わない、ということは
一度家に帰って、どうしても欲しい、必要と強く思えば買う。
という緩さを自分に許します。

必要な物を積極的に探し、見つかった時も買います。

今回はリュックはもう欲しくなくなりました。
成功体験のちょっとした嬉しさで
不必要な物欲が消滅です。

今持っている、荷物がたくさん入るバッグが
ダメになったときに考えることにしましょう。

成功体験の嬉しさを無駄にしたくない
という気持ちが生まれて
正のスパイラルが続くといいですが。


応援ありがとうございます<(_ _)>