FC2ブログ
~捨てる瞑想~

ご訪問ありがとうございます!
真理を探究する人はもちろんのこと健やかさ、愛、豊かさなど
現実生活での幸せを求める人にこそ実践していただきたいのが瞑想です。
ここでは金井メソッドのご紹介や精神世界にまつわる話などを綴っています。
ぜひ!一人でも多くの方に瞑想を知っていただきたいと願っています。


金井メソッド「 宇宙の現れとしての本当の自分 」を覆い隠しているものから
離れ余計なものを捨てていく瞑想です。

「本当の自分」で生きることができれば人は本来の能力を発揮でき
苦しみから解放され、現象面での幸せや心の平和を見い出すことができます。


巷では、物を捨てるための解説書や、お片づけ本が大ブームになっていますね。
物を捨てたり片付けたりで人生が変わると説いています。
これなどは、本当の自分でない自分で生きていることを漠然と感じ取り
自分の中の何か余計なものを捨てたいという気持ちの現れです。

どうせなら瞑想で 「 宇宙の現れとしての本当の自分 」 以外の
余計なものを捨ててみませんか?
きっと世界が変わっていくことを実感できるはずです。

私が瞑想をするきっかけになったのは金井系一郎先生の著書
「すべてを受け入れて自由になる」です。

すべてを受け入れて自由になる、幸せに生きるにはこの言葉に始まり
この言葉に終わるといっても過言でないとさえ思っています。
ただ、「受け入れる」ということの意味を取り違えられることが多いのが
残念ですが、本当の意味を理解し実践できればこの世は怖いものなし、
平和で自由な心で生きていくことができるはずです。

1. 瞑想で何を捨てるの?

2. 受け入れるということの本当の意味



少し前の皆既月食は赤く幻想的でした~~

先生指導の月の瞑想は
月を見て、その月を目に焼き付け
目を閉じ
目で見ていた月を瞼の内側で
観(見)るということをするのですが

私は見えるような見えないような・・・
ん~~やっぱり見えません。
目を閉じると、目を開けていたときに受けた光の
残光の白さが気になるだけです。

前々回に書いた、感情と肉体が動いたことは覚えられる
ということにつながっている話ですが
私は見たときに「ああ、なんて綺麗な月なんだろう」など
心が動くと再現できるのでしょうが。

その後テレビで皆既月食の赤い月の映像が
映し出されていたのを見ました。
すごくきれい、と感動した映像は
その後しばらくは
心の中にありありと再現できました。
瞼にではなく心で。

再現も、瞼を閉じず、目を開けたままのほうが
はっきりしているかもしれません。
目を閉じるとやはり白い残光だけが気になります。

先生の指導通りの月の瞑想は上手くできないですが
月の輝きが心に染み入り癒されるだけで十分です。



1クリックしていただければうれしいです。
ブログランキング・にほんブログ村へ
応援ありがとうございます<(_ _)>

関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://meisou1.blog.fc2.com/tb.php/260-4785b872