FC2ブログ
~捨てる瞑想~

ご訪問ありがとうございます!
真理を探究する人はもちろんのこと健やかさ、愛、豊かさなど
現実生活での幸せを求める人にこそ実践していただきたいのが瞑想です。
ここでは金井メソッドのご紹介や精神世界にまつわる話などを綴っています。
ぜひ!一人でも多くの方に瞑想を知っていただきたいと願っています。


金井メソッド「 宇宙の現れとしての本当の自分 」を覆い隠しているものから
離れ余計なものを捨てていく瞑想です。

「本当の自分」で生きることができれば人は本来の能力を発揮でき
苦しみから解放され、現象面での幸せや心の平和を見い出すことができます。


巷では、物を捨てるための解説書や、お片づけ本が大ブームになっていますね。
物を捨てたり片付けたりで人生が変わると説いています。
これなどは、本当の自分でない自分で生きていることを漠然と感じ取り
自分の中の何か余計なものを捨てたいという気持ちの現れです。

どうせなら瞑想で 「 宇宙の現れとしての本当の自分 」 以外の
余計なものを捨ててみませんか?
きっと世界が変わっていくことを実感できるはずです。

私が瞑想をするきっかけになったのは金井系一郎先生の著書
「すべてを受け入れて自由になる」です。

すべてを受け入れて自由になる、幸せに生きるにはこの言葉に始まり
この言葉に終わるといっても過言でないとさえ思っています。
ただ、「受け入れる」ということの意味を取り違えられることが多いのが
残念ですが、本当の意味を理解し実践できればこの世は怖いものなし、
平和で自由な心で生きていくことができるはずです。

1. 瞑想で何を捨てるの?

2. 受け入れるということの本当の意味



生きるということは息をすること
という納得だけでは修まらなくなりました。

E君が突然の死を迎え無念に旅立ったのではないだろうか
という想いから始まり

死んだ直後は人は苦しんでも悲しんでもいないと納得できても
それじゃあその後どうなるのでしょうか?

死というものは、生まれるということは、
生きるということはいったいどういうことなのか
知りたくてたまらなくなりました。

考えてもわからないことは考えない?
今を生きることが大切?

突き詰めて考え、納得したい
という欲望をつきつめているのが今の私なのです。
今年の波動は外側での大きなマイナスも
突き詰めて考えるということをすることによって
自分にとっての何らかのプラスがあるもの、
と先生もおっしゃいましたので。
という先生への言い訳もちゃんと用意し、

死ぬ時、死後、臨死体験に関する事が書かれている本を
何冊も読みました。

こういったものは自分の中にあるものに近いものを
表現してくれていると感じたときに
それが正しいって思ってしまうのでしょうが

臨死体験というのは結局、今生きている人が言っていること
にすぎないとはわかっていながら
そこから何か手掛かりをつかみたかったのです。

物理学、医学、宗教、など様々な分野に従事していた人たちによって
書かれたものを読むと共通点は多いのですが
確かに、生きているその人の個性に沿って
それぞれの分野からの書かれ方をしていました。

その中で面白いなと思ったのは
臨死体験によって過去、現在、未来を旅して
宇宙の始まり、生命や地球の始まりを見てきた
というものでした。

膨大な意識だけがあるところから始まったとされる宇宙の、
そのエネルギーの流れが
私が意識できるようになった3歳くらいから今現在までの
なんて言ったらいいのか、言葉ではうまく表現できない
3次元で生きる私としての
個のエネルギーの流れと合致したのです。

よく、宇宙は自分の中にという言われ方をしますが
まさにその通りです。

死者はほほえむ に
瞑想で個の意識がなくなり全体意識だけとなった
死の体験が書かれていました。

先生に、死の恐怖を克服するのは瞑想を深めること、
なぜなら深い瞑想は死と同じだと言われたことを
改めて思いだします。


1クリックしていただければうれしいです。
ブログランキング・にほんブログ村へ
応援ありがとうございます<(_ _)>



関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://meisou1.blog.fc2.com/tb.php/282-15df72cc