FC2ブログ
~捨てる瞑想~

ご訪問ありがとうございます!
真理を探究する人はもちろんのこと健やかさ、愛、豊かさなど
現実生活での幸せを求める人にこそ実践していただきたいのが瞑想です。
ここでは金井メソッドのご紹介や精神世界にまつわる話などを綴っています。
ぜひ!一人でも多くの方に瞑想を知っていただきたいと願っています。


金井メソッド「 宇宙の現れとしての本当の自分 」を覆い隠しているものから
離れ余計なものを捨てていく瞑想です。

「本当の自分」で生きることができれば人は本来の能力を発揮でき
苦しみから解放され、現象面での幸せや心の平和を見い出すことができます。


巷では、物を捨てるための解説書や、お片づけ本が大ブームになっていますね。
物を捨てたり片付けたりで人生が変わると説いています。
これなどは、本当の自分でない自分で生きていることを漠然と感じ取り
自分の中の何か余計なものを捨てたいという気持ちの現れです。

どうせなら瞑想で 「 宇宙の現れとしての本当の自分 」 以外の
余計なものを捨ててみませんか?
きっと世界が変わっていくことを実感できるはずです。

私が瞑想をするきっかけになったのは金井系一郎先生の著書
「すべてを受け入れて自由になる」です。

すべてを受け入れて自由になる、幸せに生きるにはこの言葉に始まり
この言葉に終わるといっても過言でないとさえ思っています。
ただ、「受け入れる」ということの意味を取り違えられることが多いのが
残念ですが、本当の意味を理解し実践できればこの世は怖いものなし、
平和で自由な心で生きていくことができるはずです。

1. 瞑想で何を捨てるの?

2. 受け入れるということの本当の意味



臨死体験の話やその研究について書かれたものを読むと
体験者の個性がとても強く表れていました。

もちろん共通点はとても多かったのですが。

極悪非道の人生を送っていた人は
肉体を離れたら自分の人生をすべて回顧させられ
しかも自分が行った行為を相手の立場で感じさせられたと言い、
その人格の矯正や愛がテーマであったり

宇宙に興味のあった人は
臨死体験で宇宙を見たり
自由に生きることがテーマであったり

死を迎える前の苦痛に関してと
死を迎えつつある人へ寄り添う愛の大切さ
そして死というものは忌むべきものでないということを
説く医学者。

臨死体験後、恐れを手放し愛を学ぶことを説く人。

どんな臨死体験でも、それは生きている人が言っていること、
という金井先生の言葉に納得ですが

決して臨死体験やその研究を否定しているのではなく
正しいか正しくないかなどわからないけれど
好きか嫌いかということから言えば
好きです。おもしろいです。

死に関して考えることは私にとって
どう生きるかということとイコールでした。
でも考えたことはとてもよかったけれど
考え続けすぎることは一理あるけど百害もありそうです。

臨死体験についていろいろなところでいろいろな人が
いろいろ表現していることについて・・・・

何か原因があって一度死んだけれど
たまたま甦り(臨死体験)
その結果悟ったのではなく

そういう体験をするという縁や使命や運命のようなものも
関係しているけれど
あまりに自分の本来の霊性、元波動からズレた
ことを知った魂が一度死ぬほどのところを経験するため
自分の生命活動を本当に一度止めてまで
本来の自分に還りたかったのだと思えてなりません。

臨死体験をした → 気づいた → 在り方が変わった

のではなく、その逆

本当の自分、霊性に基づいた在り方への魂の希求があり、
その霊性への旅 (のはじまり) が臨死体験として現わされた
のではないでしょうか。

瞑想を続けるということ、
その瞑想を深めるということは
かなり地味でインパクトはないのですが
ただひたすら自分自身へ還る旅、
臨死体験をしているということのように思えてきます。
おかげで死ぬほどのところを通らずにすんでいます。



1クリックしていただければうれしいです。
ブログランキング・にほんブログ村へ
応援ありがとうございます<(_ _)>




関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://meisou1.blog.fc2.com/tb.php/284-3f3b86c0