FC2ブログ
~捨てる瞑想~

ご訪問ありがとうございます!
真理を探究する人はもちろんのこと健やかさ、愛、豊かさなど
現実生活での幸せを求める人にこそ実践していただきたいのが瞑想です。
ここでは金井メソッドのご紹介や精神世界にまつわる話などを綴っています。
ぜひ!一人でも多くの方に瞑想を知っていただきたいと願っています。


金井メソッド「 宇宙の現れとしての本当の自分 」を覆い隠しているものから
離れ余計なものを捨てていく瞑想です。

「本当の自分」で生きることができれば人は本来の能力を発揮でき
苦しみから解放され、現象面での幸せや心の平和を見い出すことができます。


巷では、物を捨てるための解説書や、お片づけ本が大ブームになっていますね。
物を捨てたり片付けたりで人生が変わると説いています。
これなどは、本当の自分でない自分で生きていることを漠然と感じ取り
自分の中の何か余計なものを捨てたいという気持ちの現れです。

どうせなら瞑想で 「 宇宙の現れとしての本当の自分 」 以外の
余計なものを捨ててみませんか?
きっと世界が変わっていくことを実感できるはずです。

私が瞑想をするきっかけになったのは金井系一郎先生の著書
「すべてを受け入れて自由になる」です。

すべてを受け入れて自由になる、幸せに生きるにはこの言葉に始まり
この言葉に終わるといっても過言でないとさえ思っています。
ただ、「受け入れる」ということの意味を取り違えられることが多いのが
残念ですが、本当の意味を理解し実践できればこの世は怖いものなし、
平和で自由な心で生きていくことができるはずです。

1. 瞑想で何を捨てるの?

2. 受け入れるということの本当の意味





腕や目を酷使した後などは
疲れを感じることはもちろんありますが
私は普段は頭痛や肩コリをほとんど感じません。

でも集中瞑想会中、
自室での瞑想は・・・
私の無意識化してしまった過去の想いが
波動が粗くなり身体の中で物質化して
頭や首や肩の凝りとなって溜まっていて
それが瞑想時にいっしょうけんめい外へ
出ようとしているのになかなか出られなくて

少し痛みもともなってそれでもなんとか
出てこようとしていました。
とにかく瞑想時に肉体の感覚に意識が向きました。


ところが琵琶湖畔での波の音を聞きながらの瞑想のとき
そこには肉体もなにもありませんでした。

「もしこの肉体が無くなったとしても、この意識は無くなることはない」
 
うれしくなりました。

でも帰ってきてしばらくするとおかしな疑問が
ふつふつと湧いてきたのです。

あの瞑想の時たしかに、肉体もなにもない
意識だけになったけれど

もしそのとき頭をバーンと殴られたら気絶しただろうし
そう考えると、全身麻酔をしたときの意識の無い状態での意識は
どう考えればいいのだろうか・・・

先生に質問をしました。

『 意識には3種類あります。
普通の覚醒時の意識
本来の自分としての意識
そして睡眠や麻酔のときの意識です。
意識と肉体が違うというのは
別々の独立した存在だという意味ではありません。』

琵琶湖畔での瞑想時に、
私の中に込み上げてきた言葉は 
「 この意識は無くならない 」 でした。

その自分の中からでてきた言葉に
生活の中で頭で考えているとおかしな勘違いを
しそうになってしまいました。

そうそう、意識にはいろいろあるけれど
無くならないのは 「本来の自分」 でした。


1クリックしていただければうれしいです。
ブログランキング・にほんブログ村へ
応援ありがとうございます<(_ _)>



関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://meisou1.blog.fc2.com/tb.php/285-6d053f94