FC2ブログ
~捨てる瞑想~

ご訪問ありがとうございます!
真理を探究する人はもちろんのこと健やかさ、愛、豊かさなど
現実生活での幸せを求める人にこそ実践していただきたいのが瞑想です。
ここでは金井メソッドのご紹介や精神世界にまつわる話などを綴っています。
ぜひ!一人でも多くの方に瞑想を知っていただきたいと願っています。


金井メソッド「 宇宙の現れとしての本当の自分 」を覆い隠しているものから
離れ余計なものを捨てていく瞑想です。

「本当の自分」で生きることができれば人は本来の能力を発揮でき
苦しみから解放され、現象面での幸せや心の平和を見い出すことができます。


巷では、物を捨てるための解説書や、お片づけ本が大ブームになっていますね。
物を捨てたり片付けたりで人生が変わると説いています。
これなどは、本当の自分でない自分で生きていることを漠然と感じ取り
自分の中の何か余計なものを捨てたいという気持ちの現れです。

どうせなら瞑想で 「 宇宙の現れとしての本当の自分 」 以外の
余計なものを捨ててみませんか?
きっと世界が変わっていくことを実感できるはずです。

私が瞑想をするきっかけになったのは金井系一郎先生の著書
「すべてを受け入れて自由になる」です。

すべてを受け入れて自由になる、幸せに生きるにはこの言葉に始まり
この言葉に終わるといっても過言でないとさえ思っています。
ただ、「受け入れる」ということの意味を取り違えられることが多いのが
残念ですが、本当の意味を理解し実践できればこの世は怖いものなし、
平和で自由な心で生きていくことができるはずです。

1. 瞑想で何を捨てるの?

2. 受け入れるということの本当の意味



おさななじみのEくんの死を知ってから
3か月以上たちました。
たった7年の縁、
といっても0才から7才なので
親同士が仲がよかったからともいえ、
親の縁が希薄になったら
子ども同士も離れてしまったにすぎないような縁でした。

ただ子どもといえども、好き嫌いや、
虫が好く好かないということはあったはずで
実際、虫の好かない子もいました。

大人になってから母からEくんやそのお母さんの話が出るたびに
Eくんと私はそれはそれはよく遊んでいたという話になりました。

私はEくんとはただの一度も喧嘩をしたことがなく、
いっしょに遊んでいてイヤ~な感じを持った記憶もなく
よほど気が合ったのか、
Eくんが穏やかで楽しい子どもだったのだろうな
という想いを持っていました。

世のため人のために何かをするとか
何かを成し遂げるといった使命ではなく
自分の魂の個性、自分にとっての幸せを見つけるための
使命発見セミナーを受講するにあたって

あらかじめ、
自分のこれまでの人生でわりと幼い頃から
自分が自分らしくいられて喜びや楽しさ、
幸福感を感じた事や出来事、好きなこと
などを自分のこれまでの人生の中から
選び取るという作業をしていきました。

私が選び取ったのは
8才~12才までの間の出来事でした。

ひとつは小学校5年生か6年生の、
ある昼下がりの授業中
真ん中よりやや後ろのほうの席に座っていた私は
そこにいるクラスメイトすべての人が完璧だ
という感覚を覚えたのです。
まわりに、いじめ問題など存在していませんでしたが
それでも、眉の形が変だ!といって男子生徒にからかわれて
少しはいやな思いをすることもある女の子も
勉強のできないあの子も・・・

受け入れるという言葉など知らないときですが
その場を人をそしてそこにいる自分自身を受け入れていると
始めて感じたのかもしれません。
とても平和であたたかな感情が
胸に広がったのが印象的で選びました。

もうひとつは、8才~12才くらいまでの間
親戚一同が夏になると集まり
野山や海を駆けまわっていたときの
解放感や喜びを選びました。

それらの出来事から自分の魂の個性を
言葉で表現しようという試みでしたが
そのときは抽象的な表現でしか表せなかったのです。

今年に入ってEくんの死を知ってからというもの
幼い頃のEくんの笑顔、声まで想い出しました。
そして魂の個性を見つけ出す作業のときに
自分で選び取ったあの二つの出来事と
Eくんと遊んだ日々は同じだなと思ったのです。

そんなことを考えていると
Eくんに対して、そしてなにに対してかわからないのですが
感謝の念が込み上げてきました。

私の魂の個性のキーワードは、
身近な縁のある人々、
平和であたたかで楽しい空間
そして日常の生活、自分が居る場所でしょうか。

常にとても気の合う身近な人、つながりに
恵まれ生きてきたようです。
自分が恵まれているだけではなく
私もなにかできることがあるかもしれません。

先生には

自分の子供時代のように昔のことを思い出すのは、
それを知る必要があるときに起きることです。
そういうことを知ることは人生にとって大事であり、
いつも忘れないようにすることで、
自分らしく生きることがしやすくなります。

とアドバイスいただきました。

琵琶湖での瞑想会、早朝の屋上でアサナをやりました。
身体を左右にブランブランとさせるものがあるのですが
肩と腕だけをブランブランとさせるときより
腰から上をブランブランさせるときのほうが
動作がゆっくりになります。
そうしないとブランブランさせられません。

そして足首から上をすべて左右にブランブランさせるときは
よりゆっくりになることについて
先生が、何事もこのことと同じで
根本から動かそうとするときはこういうふうに
ゆっくり時間がかかるもの
というお話をされました。

私は使命発見セミナーを受けてから
20年以上たちました。
これまでにも少しずつ
具体性を帯びてきていた魂の個性ですが
より具体的に表現できました。



1クリックしていただければうれしいです。
ブログランキング・にほんブログ村へ
応援ありがとうございます<(_ _)>




関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://meisou1.blog.fc2.com/tb.php/287-74c37539