FC2ブログ
~捨てる瞑想~

ご訪問ありがとうございます!
真理を探究する人はもちろんのこと健やかさ、愛、豊かさなど
現実生活での幸せを求める人にこそ実践していただきたいのが瞑想です。
ここでは金井メソッドのご紹介や精神世界にまつわる話などを綴っています。
ぜひ!一人でも多くの方に瞑想を知っていただきたいと願っています。


金井メソッド「 宇宙の現れとしての本当の自分 」を覆い隠しているものから
離れ余計なものを捨てていく瞑想です。

「本当の自分」で生きることができれば人は本来の能力を発揮でき
苦しみから解放され、現象面での幸せや心の平和を見い出すことができます。


巷では、物を捨てるための解説書や、お片づけ本が大ブームになっていますね。
物を捨てたり片付けたりで人生が変わると説いています。
これなどは、本当の自分でない自分で生きていることを漠然と感じ取り
自分の中の何か余計なものを捨てたいという気持ちの現れです。

どうせなら瞑想で 「 宇宙の現れとしての本当の自分 」 以外の
余計なものを捨ててみませんか?
きっと世界が変わっていくことを実感できるはずです。

私が瞑想をするきっかけになったのは金井系一郎先生の著書
「すべてを受け入れて自由になる」です。

すべてを受け入れて自由になる、幸せに生きるにはこの言葉に始まり
この言葉に終わるといっても過言でないとさえ思っています。
ただ、「受け入れる」ということの意味を取り違えられることが多いのが
残念ですが、本当の意味を理解し実践できればこの世は怖いものなし、
平和で自由な心で生きていくことができるはずです。

1. 瞑想で何を捨てるの?

2. 受け入れるということの本当の意味





先ごろ、昭和史を彩った
永六輔 、ザ・ピーナツ、大橋巨泉が相次いで亡くなりましたが
時代が平成へと変わろうとする頃
昭和天皇はもちろんのこと、
昭和を象徴するかのような
石原裕次郎、美空ひばり、松下幸之助 が
2年くらいの間に相次いで亡くなった時
使命というものを持って生まれてくる人がいるのだろうな
と思ったものです。

それは、その頃の私にとっての「 使命 」というのは
選ばれし、ある特定の人々のみが持つものという
認識だからこその思いでした。

その頃ならそういった使命を持った人の人生に
価値があるかのように思ったかもしれません。

その後瞑想を始め、
使命発見セミナーなるものに出席したとき
魂の個性を生きるという
使命というものの本当の意味を知りました。

自身の魂の個性を生きることで
時代や他の大勢の人生にリンクし影響を与える場合も
あるのでしょう。

なぜ命は大切なのか。

伊豆高原や琵琶湖でのセミナーのときでしょうか
光源である根本性(感)=命
すべての命には
自分が存続し続けよう、減らしたくない、生き続けたい
という欲求、エネルギーがそもそも内在していて
それは大切なもの。

という命の本質の説明を聴きながら
命のエネルギーを言葉で表現すると、
そうなのか・・・
とうれしく思いながらメモをとり続けました。

私は、なぜか以前から
神様に与えられた命だからだという考えは
あまり好きではありませんでした。
もちろん両親に与えられた命だからという考えも。

その理由は、命というのは
はそういった考えに及ばないものだと
感じていたのかもしれないと思いました。

そして今も日々の瞑想で
頭で知るということから、
この命を感じるということを細々続けています。


1クリックしていただければうれしいです。


応援ありがとうございます<(_ _)>




関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://meisou1.blog.fc2.com/tb.php/328-6f32441b