FC2ブログ
~捨てる瞑想~

ご訪問ありがとうございます!
真理を探究する人はもちろんのこと健やかさ、愛、豊かさなど
現実生活での幸せを求める人にこそ実践していただきたいのが瞑想です。
ここでは金井メソッドのご紹介や精神世界にまつわる話などを綴っています。
ぜひ!一人でも多くの方に瞑想を知っていただきたいと願っています。


金井メソッド「 宇宙の現れとしての本当の自分 」を覆い隠しているものから
離れ余計なものを捨てていく瞑想です。

「本当の自分」で生きることができれば人は本来の能力を発揮でき
苦しみから解放され、現象面での幸せや心の平和を見い出すことができます。


巷では、物を捨てるための解説書や、お片づけ本が大ブームになっていますね。
物を捨てたり片付けたりで人生が変わると説いています。
これなどは、本当の自分でない自分で生きていることを漠然と感じ取り
自分の中の何か余計なものを捨てたいという気持ちの現れです。

どうせなら瞑想で 「 宇宙の現れとしての本当の自分 」 以外の
余計なものを捨ててみませんか?
きっと世界が変わっていくことを実感できるはずです。

私が瞑想をするきっかけになったのは金井系一郎先生の著書
「すべてを受け入れて自由になる」です。

すべてを受け入れて自由になる、幸せに生きるにはこの言葉に始まり
この言葉に終わるといっても過言でないとさえ思っています。
ただ、「受け入れる」ということの意味を取り違えられることが多いのが
残念ですが、本当の意味を理解し実践できればこの世は怖いものなし、
平和で自由な心で生きていくことができるはずです。

1. 瞑想で何を捨てるの?

2. 受け入れるということの本当の意味

ダウンロード

瞑想教室は自分には向いていない・・・
そんな気持ちが少しずつ軟化してきているのか、いないのか
よくわからないのですが

瞑想教室の紹介ページに載せるモットーを考えました。

私のモットーは金太郎飴のように自分のどこを切っても
同じものが出て来るものではないということがわかりました。

すぐに浮かんだのが 「自由」 ということばでした。
これから瞑想を始めようという人から
なぜ瞑想をするのかと聞かれたら、
「幸せになるため、そして瞑想で心が自由になりますよ」
という説明をします。

自分の中の 「瞑想を伝えたい」 というところだけを切り取ったとしたら
「自由」 という言葉を使ったかもしれません。

でもすぐには決められず考えていました。

私は感謝の念が出てくるとき、とても幸せだなと思っていました。
モットーの中に「感謝」という言葉を入れる?
そういう思いもチラッと出て来ました。
ただ、私にとって感謝の念は、どこからか与えられたご褒美のようなもの、
得ると幸せになるものかもしれない、
そんな思いがあります。

先生の著書に書かれていて、とても好きな言葉、文章のひとつに
「瞑想のために使う時間はそれがたとえ10分であっても人生を決定するほどの
重要性を持っている。1日の内で何もすることの無い暇な時間があるから瞑想に当てる
というのではなく、1日24時間のうち最高の10分を取ってくるという気持ちが大事」
というのがあります。

初めて読んだときからとても印象的で、ことあるごとに想い出している箇所です。
私の 「瞑想への想い、価値」 の部分を切り取ったなら
これかなと思いますが

モットーというのではないし~~
机に向かってあれやこれや考えていましたが
とにかく瞑想をすることにしました。
それはほんの5分ほどの短い瞑想でした。

瞑想で良い案がひらめいたらいいのにという気持ちではなく
頭の中でぐちゃぐちゃ考えて疲れ、嫌になったから瞑想したかった
だけでした。

すぐに決められなくても締め切りまでまだ日にちはあるから、と
思ってあせってはいませんでしたし。

それでも瞑想中ピンとひらめきました!
と言うことができればカッコいいのですが、
やっぱり瞑想を終えるととてもすっきりしていたというだけでした。

ただ、嬉しいことにそれからわりとすぐに、
30分もかからなかったでしょうか
決めることができたのです。

ふと瞑想の会、元祐波動会に入会するときの
申込書に記入したときの言葉が蘇ってきました。

平和だったか平安な心で楽に生きられるように
というような気持ちを書いたように思います。

その頃は人や物、出来事や環境に依らず
自分の心ひとつだけで幸せになれるように、
そうなりたいと強く思っていました。
でも今は、それもひとつのこだわりだったと思っています。

そしてその時の私が理解している平和や平安は文字通り
凪いでいる状態、静かな状態だったのですが、

今の私の平安は、生きている中で平安であるときもそうでないときも
どんなときでもそんな自分を嫌わず抵抗せず、
平安へと戻せる強さも持ちたいと思っています。

そんなこんなで、そう在りたいという
一番自分らしい望みの部分を切り取り
「瞑想で心の平安と自分らしさを」
に決定しました。

これを書きながら少し気になったのは、
ここに書いた私が選ばなかった言葉をモットーに
挙げられる方もいるに違いない、
それを否定していることになりはしないだろいうかという
ことでしたが

でもどんな人もその人らしくあるだけなのだと思い
書くことにしました。



応援ありがとうございます<(_ _)>






関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://meisou1.blog.fc2.com/tb.php/355-38e52e09