FC2ブログ
~捨てる瞑想~

ご訪問ありがとうございます!
真理を探究する人はもちろんのこと健やかさ、愛、豊かさなど
現実生活での幸せを求める人にこそ実践していただきたいのが瞑想です。
ここでは金井メソッドのご紹介や精神世界にまつわる話などを綴っています。
ぜひ!一人でも多くの方に瞑想を知っていただきたいと願っています。


金井メソッド「 宇宙の現れとしての本当の自分 」を覆い隠しているものから
離れ余計なものを捨てていく瞑想です。

「本当の自分」で生きることができれば人は本来の能力を発揮でき
苦しみから解放され、現象面での幸せや心の平和を見い出すことができます。


巷では、物を捨てるための解説書や、お片づけ本が大ブームになっていますね。
物を捨てたり片付けたりで人生が変わると説いています。
これなどは、本当の自分でない自分で生きていることを漠然と感じ取り
自分の中の何か余計なものを捨てたいという気持ちの現れです。

どうせなら瞑想で 「 宇宙の現れとしての本当の自分 」 以外の
余計なものを捨ててみませんか?
きっと世界が変わっていくことを実感できるはずです。

私が瞑想をするきっかけになったのは金井系一郎先生の著書
「すべてを受け入れて自由になる」です。

すべてを受け入れて自由になる、幸せに生きるにはこの言葉に始まり
この言葉に終わるといっても過言でないとさえ思っています。
ただ、「受け入れる」ということの意味を取り違えられることが多いのが
残念ですが、本当の意味を理解し実践できればこの世は怖いものなし、
平和で自由な心で生きていくことができるはずです。

1. 瞑想で何を捨てるの?

2. 受け入れるということの本当の意味



蝶にまつわる不思議な出来事は
8年くらい前、義理の叔父のお通夜のあとのことでした。

親世代はみんな、葬儀会場内にある宿泊部屋で休み、
私たち世代、つまり義理の叔父の娘や甥や姪が
棺に眠る叔父を、一晩中見守ることになりました。

すると、従弟が 「 宴会しよう! 」 と言い出し
お酒や食べるものを、近くのコンビニで調達してきたのです。

広い部屋の片隅に小さなテーブルを何脚か合わせ
買ってきた食材を並べました。

そのテーブルを囲んで6人が座り
若いころ、叔父や叔母のところで住み込みで
仕事をさせてもらい、修行させてもらっていた従弟の

「おじさんは、ああいう人だったから僕は本当に救われた、感謝してるんだ~」
という言葉で、故人がいる部屋での
不謹慎な宴会が始まったのです。

義理の叔父は、気難しいところがなく、穏やかな人でした。
私は、仲のいい従妹もいるので
しょっちゅう遊びに行かせてもらいました。

叔母も、「お父さんは、賑やかになると嬉しそうやから、遊びに来てよ~」
といって、私たちが遊びに行くと、とても喜んでくれたので
なんの気兼ねもなく、その言葉に甘えていました。

そんなおじさんを偲んで、お通夜とは思えないほど
和やかな時間を過ごしているとき
白い蝶がひらひらと、私たちのところに飛んできたのです。

入口の扉が開いた隙に
人と一緒に入ってきたのかもしれませんね。
祭壇の花や、食べ物の匂いにつられて寄ってきたのかもしれません。

でも、真夜中、閉め切った会館の一室に
なぜ蝶が?

白い蝶は、私たち1人1人をなぞるように
飛んでいるように見えました。

「この蝶はおじさん!?」
「これ、ぜったいおじさんよ!」
と最初に言ったのは、きっと私だと思います。

おじさん(蝶)は、自分の娘の髪にとまりました。
そして、私のところに来てくれた時には、
膝のあたりで、ひらひらしてくれました。

みんなも蝶に声をかけたり
「すごい、すごい」 (何がすごいのかわかりませんが)
なんて言いながら
白い蝶を眺めていました。



応援ありがとうございます<(_ _)>




関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://meisou1.blog.fc2.com/tb.php/360-b7c244b0