FC2ブログ
~捨てる瞑想~

ご訪問ありがとうございます!
真理を探究する人はもちろんのこと健やかさ、愛、豊かさなど
現実生活での幸せを求める人にこそ実践していただきたいのが瞑想です。
ここでは金井メソッドのご紹介や精神世界にまつわる話などを綴っています。
ぜひ!一人でも多くの方に瞑想を知っていただきたいと願っています。


金井メソッド「 宇宙の現れとしての本当の自分 」を覆い隠しているものから
離れ余計なものを捨てていく瞑想です。

「本当の自分」で生きることができれば人は本来の能力を発揮でき
苦しみから解放され、現象面での幸せや心の平和を見い出すことができます。


巷では、物を捨てるための解説書や、お片づけ本が大ブームになっていますね。
物を捨てたり片付けたりで人生が変わると説いています。
これなどは、本当の自分でない自分で生きていることを漠然と感じ取り
自分の中の何か余計なものを捨てたいという気持ちの現れです。

どうせなら瞑想で 「 宇宙の現れとしての本当の自分 」 以外の
余計なものを捨ててみませんか?
きっと世界が変わっていくことを実感できるはずです。

私が瞑想をするきっかけになったのは金井系一郎先生の著書
「すべてを受け入れて自由になる」です。

すべてを受け入れて自由になる、幸せに生きるにはこの言葉に始まり
この言葉に終わるといっても過言でないとさえ思っています。
ただ、「受け入れる」ということの意味を取り違えられることが多いのが
残念ですが、本当の意味を理解し実践できればこの世は怖いものなし、
平和で自由な心で生きていくことができるはずです。

1. 瞑想で何を捨てるの?

2. 受け入れるということの本当の意味

ダウンロード (2)

瞑想を始めた頃、
瞑想をしていくことで何を求めるのか
という問いに対しての私の答えは
 「心の平和や平安」 でした。

その頃、悩みがなかったわけではないのですが、
今思えば時間のムダでしたね。
でも人間ってそんなもの。

たとえ幸せだと思える状況や環境が手に入ったとしても
それを失う不安があったり
良いことがあったとしても、
その良いことが続かず、
きっとまた何か不満や不安を見つけて
不幸を探してしまうはずだと思っていました。

心の平和や平安というと
のほほ~んと生きることだと勘違いされそうですが
のほほ~んとは違います。

たとえばアスリートのように、
勝ち負けが重要で
肉体の限界に挑戦する人は

「平常心」と言うことはあっても
心の平和や平安などという言葉は
絶対出てこないのだろうな
と思いながらオリンピックを見ていました。

確かに激しく強さが必要なところに
身を置くことは、心の平和が乱れることが
多くなるのは仕方がないことだと思います。

でも、生まれながらの個性として
アスリートや勝負の世界で生きる人でも

やっていることそのものが
本当にやりたいことで

そんな自分自身に葛藤や不安がなく
充足感がある状態なら
心は平和な状態と言ってもいよい
のではないでしょうか。

前回、瞑想の即効性などと言ったのですが
即効性といっても些細なことがほとんどです。

そして、それは
瞑想以外の時間、日々の生活の中で
自分にとっての幸せは何なのか
自分が求めているものは何なのか
今の問題の原因っていったい何なのか
どうすれば良くなるのだろうか
それらを手に入れるためにはどうすればいいのかなどを

一生懸命考えたり努力することの応えとして
(答えではなく)
瞑想中の即効性があるだけですね。

そういう意味からいうと、
心の平和を目標に長く長く瞑想をしてきて
今あえて思うのは

瞑想は大切だけれど
自分の心や行動がどちらを向いているのか
どういう心境で暮らすのか
ということのほうが大切なのではないかな
ということに行きつきました。

私は瞑想の力なしでは
そこに行きつけなかったということでした。



応援ありがとうございます<(_ _)>







関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://meisou1.blog.fc2.com/tb.php/366-99765bb1