FC2ブログ
~捨てる瞑想~

ご訪問ありがとうございます!
真理を探究する人はもちろんのこと健やかさ、愛、豊かさなど
現実生活での幸せを求める人にこそ実践していただきたいのが瞑想です。
ここでは金井メソッドのご紹介や精神世界にまつわる話などを綴っています。
ぜひ!一人でも多くの方に瞑想を知っていただきたいと願っています。


金井メソッド「 宇宙の現れとしての本当の自分 」を覆い隠しているものから
離れ余計なものを捨てていく瞑想です。

「本当の自分」で生きることができれば人は本来の能力を発揮でき
苦しみから解放され、現象面での幸せや心の平和を見い出すことができます。


巷では、物を捨てるための解説書や、お片づけ本が大ブームになっていますね。
物を捨てたり片付けたりで人生が変わると説いています。
これなどは、本当の自分でない自分で生きていることを漠然と感じ取り
自分の中の何か余計なものを捨てたいという気持ちの現れです。

どうせなら瞑想で 「 宇宙の現れとしての本当の自分 」 以外の
余計なものを捨ててみませんか?
きっと世界が変わっていくことを実感できるはずです。

私が瞑想をするきっかけになったのは金井系一郎先生の著書
「すべてを受け入れて自由になる」です。

すべてを受け入れて自由になる、幸せに生きるにはこの言葉に始まり
この言葉に終わるといっても過言でないとさえ思っています。
ただ、「受け入れる」ということの意味を取り違えられることが多いのが
残念ですが、本当の意味を理解し実践できればこの世は怖いものなし、
平和で自由な心で生きていくことができるはずです。

1. 瞑想で何を捨てるの?

2. 受け入れるということの本当の意味

images (2)

私が育った街には海があります。
その懐かしい海に行く機会がありました。
たまたま海の近くに用事があり
せっかくなので。

若い頃には自分と同じような若者でいっぱいだった海は
今では夏だというのに海水浴客は
ほとんどいません。

海岸沿いをジョギングしている人の方が多かったですね。

記録的な酷暑の中、日傘を差して砂浜を歩いてみました。

砂浜に並行して走る公道を歩くと
焼けつくような照り返しと、むせかえるような空気で
茹であがってしまうのではないかと思うほどなのに
海辺は海風が強く、とても爽やかです。

海の水を手で触り、砂浜に日傘を差したまま
しばらく座っていました。
波の音と風の音しかありません。

このまま時間が止まればいいのに・・・

こういうときには瞑想をするのかと思いきや
瞑想をしたいとは思わなかったのです。

それは、その瞬間瞬間がもう瞑想そのものだったからです。

心は開かれて
風や波の音が想いをかき消してくれます。
自分を観るというより自分そのものでした。

しばらくするとなんにも考えていませんでした。


金井メソッドは、昔々、太古の昔から
人が自然とともに生きていたときから
「瞑想」と名付けずに普通に行っていたことを
先生がすくいあげたもの
そう思いました。

そうして、うだるような暑さの中
家に舞い戻り
喉の渇きをいやそうとスイカを食べました。

清涼飲料水をいくら飲んでも
のどの渇きがなかなかとれないのに
スイカをひとかじりすると、
お腹の底からジンワリ冷やしてくれます。

体が喜ぶ、これこそが自然です!




応援ありがとうございます<(_ _)>




関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://meisou1.blog.fc2.com/tb.php/372-3c0ce0da