FC2ブログ
~捨てる瞑想~

ご訪問ありがとうございます!
真理を探究する人はもちろんのこと健やかさ、愛、豊かさなど
現実生活での幸せを求める人にこそ実践していただきたいのが瞑想です。
ここでは金井メソッドのご紹介や精神世界にまつわる話などを綴っています。
ぜひ!一人でも多くの方に瞑想を知っていただきたいと願っています。


金井メソッド「 宇宙の現れとしての本当の自分 」を覆い隠しているものから
離れ余計なものを捨てていく瞑想です。

「本当の自分」で生きることができれば人は本来の能力を発揮でき
苦しみから解放され、現象面での幸せや心の平和を見い出すことができます。


巷では、物を捨てるための解説書や、お片づけ本が大ブームになっていますね。
物を捨てたり片付けたりで人生が変わると説いています。
これなどは、本当の自分でない自分で生きていることを漠然と感じ取り
自分の中の何か余計なものを捨てたいという気持ちの現れです。

どうせなら瞑想で 「 宇宙の現れとしての本当の自分 」 以外の
余計なものを捨ててみませんか?
きっと世界が変わっていくことを実感できるはずです。

私が瞑想をするきっかけになったのは金井系一郎先生の著書
「すべてを受け入れて自由になる」です。

すべてを受け入れて自由になる、幸せに生きるにはこの言葉に始まり
この言葉に終わるといっても過言でないとさえ思っています。
ただ、「受け入れる」ということの意味を取り違えられることが多いのが
残念ですが、本当の意味を理解し実践できればこの世は怖いものなし、
平和で自由な心で生きていくことができるはずです。

1. 瞑想で何を捨てるの?

2. 受け入れるということの本当の意味



先日、あるテレビ番組でフランス生まれの
認知症ケアのことをやっていました。

認知症の人は視野がとても狭いそうですね。

認知症の人の視野をテレビ画面に映し出していましたが、
目線の先は丸く見えているのですが
その上下左右は真っ暗でした。

「えっ!こんなに見えてないの?」
驚きでした。

視野が広いと横から話しかけられても
そして、横から急に手が出てきても
事前に察知できるものですが

視野が目の前のほんの少しになっている
認知症の人にとっては
驚きと恐怖になってしまうのは当然ですね。
それでなくても認知機能が落ちているのですから。

そのため、真正面からアイコンタクトをとり
コミュニケーションをとることで
認知機能が回復したわけではくても
周囲の人への困った対応の改善がみられることがある
というケアでした。

その他にも、触れたり支えたりする手の強さや向きひとつで
相手が支配と感じてしまうなど、
見ていて、ちょっとした「目からうろこ」状態でした。

老いても、認知機能が衰えても
人としての尊厳性に変わりはないということが根底にあり
見る 話す 触れる ケアのようです。

経験や体験、よく調べもしないで
メディアが報道していることが正しい情報、
すべて素晴らしい
ということはしないようにしたいとは思いますが

人としての尊厳性を認めていれば
「ケア」としてではなく、「そういう接し方になるよね!」
そして、認知症の人がどう見えているのか、どう感じているのか
たとえそれが認知症というものでなくても
「知る」ということの大切さを想いながら見ていました。

高齢になると若いころより視野が狭くなる
ということは知っていましたが
私は、周囲のお年寄りに話しかけても
気づいてくれず、肩をたたいて知らせることがありました。
それも結構強くたたいていたかも・・・

悪気はなく、そして自分では十分優しくしている
と思ってはいましたが。

私自身は、認知症の介護はしていないので
実際その立場になったときは辛いだろうなと思っています。

ただ、老いても認知症になっても
人間としての尊厳は何ら変わらないと
いうことを、
認識しているのといないのとでは
気持ちや態度が少しは違うのではないでしょうか。



応援ありがとうございます<(_ _)>



関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://meisou1.blog.fc2.com/tb.php/378-9ec956a8