FC2ブログ
~捨てる瞑想~

ご訪問ありがとうございます!
真理を探究する人はもちろんのこと健やかさ、愛、豊かさなど
現実生活での幸せを求める人にこそ実践していただきたいのが瞑想です。
ここでは金井メソッドのご紹介や精神世界にまつわる話などを綴っています。
ぜひ!一人でも多くの方に瞑想を知っていただきたいと願っています。


金井メソッド「 宇宙の現れとしての本当の自分 」を覆い隠しているものから
離れ余計なものを捨てていく瞑想です。

「本当の自分」で生きることができれば人は本来の能力を発揮でき
苦しみから解放され、現象面での幸せや心の平和を見い出すことができます。


巷では、物を捨てるための解説書や、お片づけ本が大ブームになっていますね。
物を捨てたり片付けたりで人生が変わると説いています。
これなどは、本当の自分でない自分で生きていることを漠然と感じ取り
自分の中の何か余計なものを捨てたいという気持ちの現れです。

どうせなら瞑想で 「 宇宙の現れとしての本当の自分 」 以外の
余計なものを捨ててみませんか?
きっと世界が変わっていくことを実感できるはずです。

私が瞑想をするきっかけになったのは金井系一郎先生の著書
「すべてを受け入れて自由になる」です。

すべてを受け入れて自由になる、幸せに生きるにはこの言葉に始まり
この言葉に終わるといっても過言でないとさえ思っています。
ただ、「受け入れる」ということの意味を取り違えられることが多いのが
残念ですが、本当の意味を理解し実践できればこの世は怖いものなし、
平和で自由な心で生きていくことができるはずです。

1. 瞑想で何を捨てるの?

2. 受け入れるということの本当の意味



得意なことというのは、
あってあたりまえの能力だから気付きにくい。

それに加えて、得意なこととして分類し、
認識しにくい種類だから気付かない
という側面もあるのではないでしょうか?

数字に強くて経理の才能がある、
手先がものすごく器用で物作りの職人をしているなど

仕事として活かしやすい得意なことを持っている人は、
とてもわかりやすいですね。

ところが、金井先生が例えられていた
ユーモアがあり冗談が上手いということは

お笑い芸人や漫才の台本を書く脚本家にならないなら
仕事に結びつくわけでもないし、

したがって社会から評価を得られる、
ということに直接つなげられないと思ってしまいそうです。

冗談が上手いということは自分で知っていても
そんなことを得意なこととしてもいいの?
とも思ってしまいそうです。

でも、シビアなビジネス社会に生きている人が
ユーモアがある、冗談が上手いことを抑圧することなく
人を傷つけず職場で表現できれば、
人を楽しませ場を和ませることができます。

自分も個性を抑圧しないのでイキイキできる、
イキイキして、人から好かれたり面白がられたりすれば
仕事に好影響をもたらさないはずがありません。

要領が悪いけれど実直でコツコツ努力できる
要領が良く抜け目がない
というようなことも得意なことに数えてみてはいかがでしょうか?

仕事としては、こういう得意なことがある
コミュニケーションの場で発揮できるのはこういうキャラクター
全人格的には、こういう傾向がある
どれにも分類できないけれど、なんだか得意。

そう考えたら、一人の人がいくつもの得意なことを
持っていると言えるのではないでしょうか?


私が仕事としてできる得意なことというのは
決して好きなことではなく
しかも若い頃はそういうことが得意だなんて
思ってもいませんでした。

でも仕事に関わらず、確かに感じられることや感覚
「共感」をキーワードに活かすようにすると
上手く行きやすいようです。

できればこういうことを仕事にしてみたいな
ということはあるのですが
それは残念ながら、どうも向いていないようです。





応援ありがとうございます<(_ _)>




関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://meisou1.blog.fc2.com/tb.php/386-8175f7ac