FC2ブログ
~捨てる瞑想~

ご訪問ありがとうございます!
真理を探究する人はもちろんのこと健やかさ、愛、豊かさなど
現実生活での幸せを求める人にこそ実践していただきたいのが瞑想です。
ここでは金井メソッドのご紹介や精神世界にまつわる話などを綴っています。
ぜひ!一人でも多くの方に瞑想を知っていただきたいと願っています。


金井メソッド「 宇宙の現れとしての本当の自分 」を覆い隠しているものから
離れ余計なものを捨てていく瞑想です。

「本当の自分」で生きることができれば人は本来の能力を発揮でき
苦しみから解放され、現象面での幸せや心の平和を見い出すことができます。


巷では、物を捨てるための解説書や、お片づけ本が大ブームになっていますね。
物を捨てたり片付けたりで人生が変わると説いています。
これなどは、本当の自分でない自分で生きていることを漠然と感じ取り
自分の中の何か余計なものを捨てたいという気持ちの現れです。

どうせなら瞑想で 「 宇宙の現れとしての本当の自分 」 以外の
余計なものを捨ててみませんか?
きっと世界が変わっていくことを実感できるはずです。

私が瞑想をするきっかけになったのは金井系一郎先生の著書
「すべてを受け入れて自由になる」です。

すべてを受け入れて自由になる、幸せに生きるにはこの言葉に始まり
この言葉に終わるといっても過言でないとさえ思っています。
ただ、「受け入れる」ということの意味を取り違えられることが多いのが
残念ですが、本当の意味を理解し実践できればこの世は怖いものなし、
平和で自由な心で生きていくことができるはずです。

1. 瞑想で何を捨てるの?

2. 受け入れるということの本当の意味



ここのところ瞑想中に起こる身体の動き、体動に関することをあれやこれや書くことが多くなっています。

今回も一見違うように見えて、体動に繋がります。

瞑想に出会う少し前の話です。

自分が理想とする未来に向けて歩むとき、自分が何を望んでいるのか、何をしたいのかしたくないのか、ということがわかっていないと遠回りをしてしまい難しいですよね。

ある日、湯船に浸かりながら自分自身に聞いてみようと思いました。
そして望みをしっかり感じ切ろうと。

でも、できないのです。

頭で、こういうことをして、あれを手に入れて・・・
ということは考えられるのですが。

ちょうど胸のあたりがくすぐったくて、自分の望みを感じることができません。

くすぐったいという感覚は決して比喩ではなく、はっきり、くすぐったさという肉体の感覚、苦痛としてです。

なんかおかしいな・・・

湯船の中で、今日はできないけれど明日になればできるだろう、と思ったことを覚えています。
でもどうしてもできないので諦めました。

後になって思ったのは、原因は2つ。

そのとき頭で希望していることと、本当の自分が望んでいることにズレがあるから。

そしてもうひとつは、自分が何を望んでいるのかということを感じることそのものができなくなっていたから。

後者のほうが大きかったと思っています。

このことがなぜ体動と関係があるのかというと、
身体の苦痛として感じたこということ、そして、瞑想中の体動を通して少しずつ改善されていったからです。


瞑想の師、金井先生が以前

ビジネスマンとして成功をして欲しいものを手に入れても満足というものがなく
なんかおかしいな、
と思われたというお話をされていたことがありました。

私は欲しいものを欲しいと感じることができないという、満足以前の問題でした。

たとえば、筋トレなら筋力アップ
ダイエットなら体のシェイプ
英語の勉強なら英語力など
効果を想像できますが瞑想は違います。

瞑想は長く続けているうちに
こういうところがすごく変わったなと気づくことがあります。
どんなに素晴らしい変化でも気づかないかもしれません。

効果は絶大ですが、そこに瞑想の継続の難しさがありますね。

瞑想のご紹介のところに
「瞑想はその人にとって本当に必要なものを与えてくれます」
という先生の言葉を書いています。

私がこの言葉をチョイスした理由は
こういうところから来ているのだと思います。




応援ありがとうございます<(_ _)>





関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://meisou1.blog.fc2.com/tb.php/394-616a9f60